20年間のボクシングファンであり元プロボクサーによる現在のボクシング界の話です。

ボクシング ~最強のチャンピオン~

井上尚弥 | ボクシング界最強のチャンピオン

ボクシング 井上尚弥VSオマール・ナルバエス | 日本ボクシング史上最も偉大な勝利!!

更新日:



ボクシング 井上尚弥VSオマール・ナルバエス | 日本ボクシング史上最も偉大な勝利!!
スーパーフライ級に階級を上げた井上尚弥の対戦相手はオマールナルバエス!!
世界タイトル通算27回も防衛している世界的な実力者であり、9年間に渡り16度の連続防衛を果たし、2階級制覇も成し遂げている最強のチャンピオン!!

井上尚弥VSオマールナルバエス!8戦目世界最速2階級制覇達成!

2014年12月30日、東京体育館でWBO世界スーパーフライ級チャンピオンオマール・ナルバエス(アルゼンチン)と対戦します。

この試合が世界中に井上尚弥の名前をしらしめた一戦となります

スポンサーリンク



井上尚弥VSオマール・ナルバエス | オマール・ナルバエスの実績

オマール・ナルバエスはボクシング界の世界的な強豪です。

アマチュア時代には世界選手権でフライ級準優勝・パンアメリカン大会フライ級優勝・アトランタ・シドニーのオリンピック出場の経歴も持っております。

2000年アルゼンチンでプロデビューし、11戦全勝を記録。

12戦目で全勝のまま世界チャンピオンになっています。

それから2009年まで9年間にわたりなんと無敗のまま16回の王座防衛を果たし、その後2階級制覇のためにタイトルを返上しています。

日本人歴代最高防衛記録は具志堅用高の13回です。
いかにこの数字がとんでもない数字かわかると思います。

スーパーフライ級に移った後も2010年5月5日ブエノスアイレスでWBO世界フライ級王座決定戦に出場し、エバース・ブリセノと対戦し3-0の判定勝ちを収め2階級制覇を達成。3度の防衛に成功

2011年10月22日、後の5階級制覇王者・WBC・WBO世界バンタム級王者ノニト・ドネアに挑戦するが、プロ初黒星となる0-3の判定負けを喫し三階級制覇に失敗した。

その後も防衛を2014年9月19日まで計11度重ねて2014年12月30日にこの井上尚弥との試合になります。

スポンサーリンク



ボクシング 井上尚弥VSオマール・ナルバエス | 試合内容

この試合は全身鳥肌立ちます。開始直後30秒ほどでダウン奪い追撃、すぐに追加で初回に計2度のダウンを奪います.

2ラウンド目も井上の攻勢は続き、この試合4度目のダウンでナルバエスが立ち上がることが出来ず、わずか2ラウンド3分01秒KO勝ちを収め世界最速となる8戦目での2階級制覇を達成します。

最後の悶絶させたボディをスローでみると右の肝臓の一番効く所にモロに入ってますね( ;∀;)

井上尚弥 オマールナルバエス ダウンシーン


井上尚弥選手はこの試合でそれまで世界最速だったポール・ウェアーの12戦目での2階級制覇という記録を20年ぶりに塗り替えました。

ボクシング 井上尚弥 2階級制覇達成

つまり世界新記録です!!

これは程報道されたことですが、試合直後のリング上では井上のあまりのパンチ力に、ナルバエス陣営がグローブに鉛を仕込んでいるのではないか?とクレームをつけたらしいですね。

スポンサーリンク



大橋秀行会長が井上尚弥のグローブをその場で外して相手に確認させるとナルバエスのトレーナーは、苦笑いを浮かべて

グレートなニューチャンプだ

と一言を返したとのこと。

2015年1月6日、2014年の年間表彰選手選考会において、井上選手は2014年度最優秀選手賞とKO賞に選出され、ナルバエス戦が年間最高試合に選出されるなど3冠を達成しました。

2015年1月10日、上述のナルバエス戦の勝利が評価され、井上はWBOの2015年1月度の月間MVPに選出されました。

実は日本人の世界チャンピオンは日本でしか試合をしないので世界的な評価はほとんど高くありません。

井上もこれまで日本でしか試合をしたことがなく、メキシコやアメリカといった海外の試合経験はありませんが、実はこの試合をきっかけに井上尚弥は海外でも高い評価を受けています

この世界的に有名なチャンピオンを、しかもこれまでプロ・アマ通じて1度もダウン経験のないナルバエスを4度もダウンを奪いKOしています。

この試合の結果を受けて、アメリカの有名なボクシングサイトであるファイトニュースでは2014年の年間MVPに井上尚弥選手を選ばれました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-井上尚弥 | ボクシング界最強のチャンピオン

Copyright© ボクシング ~最強のチャンピオン~ , 2017 AllRights Reserved.