20年間のボクシングファンであり元プロボクサーによる現在のボクシング界の話です。

ボクシング ~最強のチャンピオン~

高山勝成

ボクシング 加納陸VS高山勝成│ 加納陸無念・高山勝成4度目の王座返り咲き

更新日:



ボクシング 加納陸VS高山勝成│ 加納陸無念・高山勝成4度目の王座返り咲き 国内最年少記録ならず。
2016年8月20日、ボクシング・WBOミニマム級王座決定戦、WBOミニマム級1位加納陸VS同級2位高山勝成はベテラン高山勝成が目の上をカットし、負傷判定で6ラウンド58秒負傷判定で高山勝成の勝利!! 高山勝成は世界タイトル出場回数日本記録を15戦から16戦に塗り替え、4度目の世界王座返り咲きを達成!
加納陸は18歳と9ヶ月と4日という国内最年少世界タイトル奪取という記録の更新は失敗します。

加納陸vs高山勝成 6ラウンド負傷判定。判定は0-3です。3人のジャッジが 56-59,56-58,55,59 です。

プロボクシングの採点に関する記事を載せておきます。

ボクシングの採点方法,ジャッジについて | 疑惑の判定

ミニマム級で15度も世界戦を経験し、4団体全てを手中におさめたレジェンド・高山勝成が4度目の王座返り咲きを果たします。

スポンサーリンク



初回は様子見でスタートが遅い高山に対し、加納陸がノーモーションの左ストレートが決まり高山の顔を跳ね上げます。

2ラウンド目に入ると高山はプレッシャーを強め、18歳の挑戦者をロープへ詰め、ポイントを奪い返します。

3ラウンド目に試合前から懸念されていた高山の左まぶたがカットされます。
原因は頭と頭がぶつかってのバッティング。。

サウスポーとオーソドックスの構えは左右逆になるため、両者の頭の位置が関係でとてもぶつかりやすくなります。

もしボクシングを全くされたことない方も試してみるとすごく良く分かると思います。
左足を前に出して構えた時とそれを逆に右足を前に出して構えた時、頭の位置がとても近く成りますよね?

オーソドックスとサウスポーの対戦はどうしてもこうしたリスクが高くなってしまうのですが、その懸念が3ラウンド目に早くも的中します。

スポンサーリンク



左まぶたのカット。。

ボクシングのルールでは偶然のバッティングが原因で試合続行不可能になった場合はそれが4ラウンド以内ならば引き分け。 4ラウンド以降であればそのラウンドまでの採点で試合を決します。

つまりこの時点で試合続行不可能だったならばこの試合は引き分けになりました。 しかし試合は続行されます。

ドクターチェック後高山は勝負が長くない可能性も考えたのか連打で襲い掛かりますが、加納も負けじと入り際に右のフックや左ストレートをあわせて応戦します。

4ラウンドも高山勝成が機敏な動きで出入りを激しくして加納に襲い掛かります。打たれてもペースを落とさず自分のペースで試合を進めます。

徐々に高山のペースに引き込まれていく加納。さらにペースを上げる高山。6ラウンド目に傷が悪化し試合はストップされます。 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



ルールどおり、この時点での判定が読み上げられ、結果は 56-59,56-58,55,59 で三人のジャッジが全員高山を支持する ユナニマスデシジョン で高山勝成の勝利と言う形でこの勝負の幕は閉じました。


-高山勝成

Copyright© ボクシング ~最強のチャンピオン~ , 2017 AllRights Reserved.