ボクシング速報 | BOXING情報ナビ!

元プロボクサーの管理人が綴る、ボクシングの情報ナビ!ボクシングニュースを詳しくいち早く速報でお届け!

世界の強豪ボクサー

セルゲイ・コバレフVSアンドレ・ウォード | 実力伯仲のビックマッチ!

更新日:



セルゲイ・コバレフVSアンドレ・ウォード | 実力伯仲のビックマッチ!
ボクシング界待望のビックマッチ!ライトヘビー級3団体統一チャンピオンである、セルゲイ・コバレフと元スーパーミドル級統一チャンピオンのアンドレ・ウォードの一戦!!
重量級のパウンドフォーパウンド最強を決める今年度NO1の頂上決戦!

2016年11月19日、ボクシングファン待望の一戦がついに実現します。
WBAのスーパーチャンピオン・IBF・WBOの世界ライトヘビー級タイトルマッチ。

ライトヘビー級3団体統一チャンピオンセルゲイ・コバレフに挑戦者としてスーパーミドル級統一チャンピオンのアンドレ・ウォードが挑みます。

スポンサーリンク



ここで両選手を比較をしていきたいと思います。

セルゲイ・コバレフとアンドレ・ウォード比較

セルゲイ・コバレフ     VS     アンドレウォード
183cm 身長     183cm
184cm           リーチ    180cm
193勝22敗       アマチュア戦績  114勝5敗
31戦30勝(26KO)1分    プロ戦績    30戦30勝(15KO)
9戦9勝(7KO)       世界戦戦績   7戦7勝(1KO)

となります。

アンドレ・ウォードは2004年のアテネオリンピックでの優勝経験もあります。

お互いライトヘビー級・スーパーミドル級では世界タイトルを統一してその階級での最強を証明してからの激突となり、とても実力伯仲の勝者が読みづらい一戦であり、この試合が重量級のパウンドフォーパウンド最強を決める一戦だということに異論をはさむ人はいないでしょう。

両者のパウンドフォーパウンドへのこだわり

この無敗の統一チャンピオン同士の対決にはパウンドフォーパウンド最強のポスト・メイウェザーの決定戦ともいわれています。

それでは最後に両者のコメントをご紹介します。

スポンサーリンク



コバレフのコメント

ついにウォードと対戦できることになりエキサイトしている。パウンドフォーパウンド最強のボクサーになりたいんだ。ファンのサポートに感謝しているし、この最高の試合を見に来てほしい。

ウォードのコメント

セルゲイはもっと評価されるべきで、彼をリスペクトしなければならない。この試合の勝者こそ、パウンドフォーパウンドでもナンバーワンとみなされるはずだ

両者の強いパウンドフォーパウンドへのこだわりを感じるコメントです。
当然、この試合の勝者が現役最強ボクサー候補として挙げられることは間違いなさそうです。

先日、現在の現役最強と言われているローマンゴンザレスロマゴンはクアドラス戦で苦戦し、僅差判定勝ちとなりました。 

この試合の内容次第でパウンドフォーパウンドの順位が入れ替わることもあるかもしれませんね。

日本のボクシングファンとしては現役最強と言われているうちのロマゴンを井上尚弥が破り、ボクシング界のスターになってほしいとの思いが強いのですね

スターというのはいつの時代も強力なライバル対決を制して与えられる称号ですからね。

このライトヘビー級頂上決戦に注目したいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-世界の強豪ボクサー

Copyright© ボクシング速報 | BOXING情報ナビ! , 2017 AllRights Reserved.