20年間のボクシングファンであり元プロボクサーによる現在のボクシング界の話です。

ボクシング ~最強のチャンピオン~

ボクシングの階級

ボクシングの階級 ヘビー級 | 世界最強のボクサー!!

更新日:



ボクシングの階級 ヘビー級 | 世界最強のボクサー!! ウェイト(体重)や平均身長など
プロボクシングのヘビー級の契約ウェート(体重)は、200ポンド (90.719kg) 以上。 つまり90.719kg超級の階級!
平均身長は187cm以上!
こプロボクシングの階級・全17階級中最重量の階級!
アマチュアボクシングのヘビー級は91kg!
初代世界チャンピオンはジョン・L・サリバンで、この階級ではジョー・ルイスやモハメド・アリ、ジョージ・フォアマン、マイク・タイソンら伝説的チャンピオンを輩出した、伝統的な階級。

2017年1月14日に日本人初の東洋太平洋ヘビー級チャンピオンに藤本京太郎が輝きます

スポンサーリンク



この階級での世界タイトルの防衛記録はジョー・ルイス(アメリカ合衆国)の25回です。この回数はヘビー級のみならず、ボクシング全17階級通して最多防衛記録となります。

またこのヘビー級という階級でチャンピオンになるということは世界最強のボクサーを意味することになるため、チャンピオンは一人に限られることが好まれます。

そのため、チャンピオンが沢山いることが嫌われ、各団体が一致し、統一戦及び統一防衛戦が行われることが多く、そのためファイトマネーも他の階級からと比較して桁違いに高く、数十億というファイトマネーが時には数秒で終わる試合に支払われたりすることも珍しくありません。

この階級で活躍する日本人はほぼ皆無です。日本のジム所属選手では輸入選手で緑ジムのオケロ・ピーターがOPBF東洋太平洋ヘビー級チャンピオンに輝き、世界タイトルにも挑戦しています。

追記:2017年1月15日
2017年1月14日に日本人初のヘビー級チャンピオンが現れます。

k-1出身の藤本京太郎が日本人初の東洋太平洋ヘビー級チャンピオンに輝きました。

ちなみに日本人では高橋良輔が、そのピーターが持っていたOPBF王座に挑戦したことがあります。しかし、この階級の選手は日本にはおらず、当然スパーリングパートナーにも恵まれないため、その活動拠点を海外に移す選手も少なくありません。

・・・昔、僕がプロで試合をしていたとき、オケロピーターと同じリングで試合をしたことがあります。

試合直前、メチャクチャ大きな黒人が会場の外を歩いており、みんなで「あの黒人でけー!!」という話をしながら会場に向かっていたら、会場について、しばらくしたらそのデカイ黒人がリングに上がってきて、「あれがオケロ・ピーターだったのか!!」と驚いたころのことを思い出しました(笑)

とにかくヘビー級選手はでかいです。

ただスピードがない選手が多いですね。。

オケロピーターもとにかくスピードがありませんでした。 そのため僕はあまりヘビー級の試合は好きではありません。

しかしスピードがない選手が「多い」だけです。全員ではありません。

例えばあの80年代・90年代に大活躍したあの伝説的チャンピオンのマイク・タイソン。

スポンサーリンク



彼のスピードは軽量級の選手でもかなわないくらい機敏な動きをしていました。

ヘビー級にしては小柄(180cm程度)ではあったものの、あの素早い動きに、小柄でも大男を一発で殴り倒すパンチ力であの小さなタイソンがあのデカイヘビー級ボクサー達をバタバタと殴り倒していく姿は爽快でした!

日本人でのヘビー級の活躍としては、1990年代、西島洋介山が「日本国内唯一のヘビー級選手」として売り出しましたが、実際試合をしていたのは、日本以外の試合を含めてクルーザー級で試合をしていました。

ボクシングの階級 ヘビー級 | 日本国内のヘビー級という階級について

2009年9月度からスーパーミドル級からクルーザー級までの3階級が日本でも新設され、その時にヘビー級のランキングも空位ではありますが設置されました。

2009年の12月にはヘビー級のプロテストも開催され、3人が合格した。

2011年には西日本ボクシング協会がヘビー級新人王トーナメントを初開催しました。

その時は樋高リオが初代ヘビー級新人王に輝きました。また、加えて同年にはK-1でヘビー級タイトルを獲得した藤本京太郎がボクシングに転向してきたこともあり、国内ヘビー級が注目されました。

日本プロボクシング協会は2012年に全日本新人王戦を行い、初代全日本新人王に大相撲力士出身の大和藤中が輝いきます。

大和藤中は兄弟ボクサーとしてもしられ、弟の藤中周作ウェルター級で2011年全日本新人王を獲得しています。

2012年に名古屋の緑ボクシングジムに竹原真敬も移籍して国内復帰を果たすことになり、同年6月には藤本京太郎が日本ヘビー級1位にランクインし、55年ぶりのランキング復活となっています。

こういった形で日本ではこれまでなじみのなかったヘビー級も少しずつ日本に浸透してきています。

体格に恵まれていて、能力があっても環境が整わなかったらボクシングで大成することはできません。

こういった形で重量級の制度が整い、日本でも海外に通用する世界最強のボクサー、ヘビー級の世界チャンピオンが現れるようになったらいいなと思います。








-ボクシングの階級

Copyright© ボクシング ~最強のチャンピオン~ , 2017 AllRights Reserved.