ボクシング速報 | BOXING情報ナビ!

元プロボクサーの管理人が綴る、ボクシングの情報ナビ!ボクシングニュースを詳しくいち早く速報でお届け!

井上尚弥 | ボクシング界最強のチャンピオン

ボクシング 井上尚弥の次戦・最新情報 | 7度目の防衛戦は通常の防衛戦濃厚!

更新日:




ボクシング 井上尚弥の次戦・最新情報 | 7度目の防衛戦は通常の防衛戦濃厚!
井上尚弥の年末に行われる次戦、7度目の防衛戦は統一戦が消滅し通常の防衛戦となることが濃厚!
IBFスーパーフライ級チャンピオンのアンカハス戦は消滅!
井上尚弥 戦績:14戦14勝(12KO)

常にビックマッチを求める日本の怪物井上尚弥。
年末に予定されている7度目の防衛戦の相手にIBFスーパーフライ級チャンピオン、ジェルウィン・アンカハスとの統一戦を目指して陣営は交渉していましたが、交渉は決裂したようです。

アンカハス陣営から断りの連絡が入ったらしく、アンカハスは11月18日にイギリスの北アイルランドで同級5位のジェイミー・コンランと防衛戦を行うことが決まったそうです。

井上尚弥の年末に予定している次戦については今後継続して対戦相手を探しいくとの事です。

ボクシング界には現在世界チャンピオンが同時に4人存在して、誰が一番強いのかわからない状態。

井上尚弥はスーパーフライ級で誰が一番強いのかをはっきりさせてから1つ上のバンタム級に転向したいという意向を示しています。

現在のスーパーフライ級にはロマゴン、エストラーダ、クアドラス、そしてシーサケットと世界的な実力者が揃っており、その中でもパウンドフォーパウンド最強と呼ばれていたロマゴンとの対戦を騒がれていましたが、シーサケットに2連敗という結果に戦う意味がなくなってしまいました。

シーサケットと井上というのは現在のスーパーフライ級での考えられる最高のカードですが、シーサケットにはエストラーダとの試合を優先させなければならないし、減量苦でバンダム級への転向を考えている井上にとっては厳しいのではないでしょうか。

ただ、今は来年に予定しているアメリカでの2戦目をモチベーションにするとのことなので、次戦アメリカでシーサケットと井上というスーパーフライ級最強対決が決定というニュースが入事を期待したいと思います。


> 続きを読む 

-井上尚弥 | ボクシング界最強のチャンピオン

Copyright© ボクシング速報 | BOXING情報ナビ! , 2017 AllRights Reserved.