20年間のボクシングファンであり元プロボクサーによる現在のボクシング界の話です。

ボクシング ~最強のチャンピオン~

RENA | RIZIN・シュートボクシング界の最強のチャンピオン 女子ボクシング

RENA 年末にハンナ・タイソンと対戦 | 大晦日のRIZIN・MMA

投稿日:



RENA 年末にハンナ・タイソンと対戦 | 大晦日のRIZIN・MMA
シュートボクシング世界女子フライ級チャンピオンのRENAのMMA(総合格闘技)3戦目は、ポーランドのハンナ・タイソン(ポーランド)とMMAルールで対戦することが決まりました。

RENAの年末の試合が決まりましたね。

スポンサーリンク



普段はボクシングを作っているんですけど、RENAの試合だけは記事にしてます。

炎の体育会TVをみたときからRENAのファンなので(笑)

あの映像をみたときは衝撃でした。
自分よりも20キロ以上大きな、格闘技経験のある男性芸人を3人立て続けにKOしました。

20キロといえばフライ級とミドル級の体格差
それだけではなく、男と女の性別的な差があります。

これはかなり大きいと思います。

それだけのハンデを抱えたうえでの圧倒的なKOでした。

RENA VS ハンナ・タイソン

対戦相手のハンナ・タイソンは、1992年生まれで身長153cm、体重49kgだそうです。

ポーランド女子キックボクシング界の新鋭で、2011年の中国武術ポーランド選手権で優勝後、ムエタイやK-1の大会で数多くの大会で入賞しています。

昨年MMAに参戦し、初戦を見事KO勝ちをしています。

榊原信行RIZIN実行委員長は「RENAがこれまで闘った中で最強の相手。タイソンのニックネームが示す通り強い打撃がある」

僕はボクシングでプロ・アマ含めて選手生活10年以上しましたが、RENAのパンチの技術は本物だと思います。

正直、女子選手であんなに鋭い動きをする選手がいるなんて思いませんでした。。

それにRENAがボクシングの元チャンピオン達とパンチングマシーンをやる企画をテレビでみたことありますけど、男子選手と大差ない数字を出していました。

いや、確かに数字では劣っていたけど,それは体重差があったから。

体重をあわせて勝負したらそんなに変わらない数字だったのではないでしょうか。

テクニック・スピード・パンチ力、どれをとってもあのRENAは超一流だと思うので、相手が打撃を得意とする選手ならばRENAが敗けるはずがないと思っています。

もし負けるとするならば専門分野でない寝技からの関節や締めかと思っていました。

なので、前回の山本美憂戦はもしかしたら危ないんじゃないかと思いました。

なぜなら、リング上で戦う場合、徹底的に寝技を拒むことは難しいんです。

アントニオ猪木VSモハメドアリの試合の猪木のように、倒れこんだまましつこく攻撃をしかけたり、タイミングの良いタックルを駆使して寝技に持ち込もうとされたらこれを拒み、立ち技のパンチや蹴りのみの試合に持ち込むのは困難です。

実際RENAも山本美憂戦では立ち技での勝負には持ち込めず、寝技での勝負となり、そのまま締め上げてKO勝ちをしました。

ただ、今回のハンナ・タイソンは立ち技の選手とのことなので、もし立ち技で勝負するならばRENAに勝てる選手がいるとは考えられないなと思います。

いや、僕がこの世界のことを詳しくないだけかもしれないけど、、そう思わせるほど僕が数戦みたRENAの立ち技の完成度は高かったです。

まぁ、結果は試合を見ればわかりますね。

試合後また更新します。

スポンサーリンク




-RENA | RIZIN・シュートボクシング界の最強のチャンピオン, 女子ボクシング

Copyright© ボクシング ~最強のチャンピオン~ , 2017 AllRights Reserved.