20年間のボクシングファンであり元プロボクサーによる現在のボクシング界の話です。

ボクシング ~最強のチャンピオン~

6大世界タイトルマッチ | 井上尚弥・村田諒太・八重樫東・田中恒成・比嘉大吾・拳四郎 井上尚弥 | ボクシング界最強のチャンピオン

ボクシング 井上尚弥VSリカルド・ロドリゲス | アメリカ進出前の5度目の防衛戦!

更新日:



ボクシング 井上尚弥VSリカルド・ロドリゲス | アメリカ進出前の5度目の防衛戦!
2017年5月21日、東京有明コロシアムで、井上尚弥5度目の防衛戦!
挑戦者はWBO世界スーパーフライ級2位のリカルド・ロドリゲス!!
平均視聴率は9.7%をマーク!

速報! 最新情報‼
井上尚弥のアメリカでの試合が決まりました!

井上尚弥 ボクシングの本場アメリカデビュー決定 | 最強ボクサー井上伝説の始まり

5月20日・5月21日に行われる6大タイトルマッチのオオトリともいえるポジションで、WBO世界スーパーフライ級チャンピオン・井上尚弥の5度目の防衛戦が行われます。

井上尚弥が3ラウンド1分8秒で見事KO勝ちで5度目の防衛に成功しました!

スポンサーリンク


日本ボクシング界の"モンスター"井上尚弥の5度目の防衛戦が決まりました!

井上陣営は当初、IBF世界スーパーフライ級チャンピオンであるジャーウィン・アンカレスとの統一戦を計画していたそうですが、契約の際に断りが入り流れ、さらにその後、ライトフライ・スーパーフライに続く3階級目であるバンタム級のタイトルを獲得すべく、WBA世界バンタム級チャンピオンであるザナト・ザキヤノフへの挑戦も計画していたがこちらも直前に立ち消えたという経緯があります。

しこの試合の発表会見で大橋会長は、9月上旬にアメリカ進出するプランがあることを発表します。

これはかなりのビックイベント内に組み込まれるということで、日本のモンスターが世界的に認知される絶好のチャンスとなりそうですね!

大橋会長によると、9月に予定されているミドル級の3団体統一チャンピオンのゲンナジー・ゴロフスキンVSサウル・アルバレス戦、もしくは前回のローマンゴンザレスVSシーサケットの再戦の前座として井上の出場のオファーがアメリカのテレビ局から来ているとのことです。

是非これを機会に日本のモンスターから世界のモンスターへと羽ばたいてほしいですね。

井上は

まずは次の試合でしっかりとパフォーマンスを発揮し、海外進出に向けて頑張りたい

世界初挑戦となるロドリゲスはインファイトを得意とするファイターだが、ここまでモチベーションをあげて下半身強化を続けてきた。いままで以上に力強い試合ができるはず

と自信を語ります。

ライバル視していた4階級制覇チャンピオンであり、パウンドフォーパウンド最強と言われていたローマンゴンザレスが破れ、井上VSロマゴンという大イベントもなくなり、ショックを隠し切れなかった井上ですが、今回の指名試合からアメリカ進出・バンタム級への挑戦といったプランでモチベーションを戻し、頑張ってもらいたいと思います。

リカルド・ロドリゲスの戦力分析

リカルド・ロドリゲスは米国の27歳で19戦16勝3敗という戦績です。
ランキングはWBO世界スーパーフライ級2位です。

過去3敗していますが、このうちの2敗は井上の2度目の防衛戦の相手であるデビッド・カルモナによってつけられた黒星です。

このカルモナ戦は井上の戦績で田口を除いて唯一の判定試合ではありますが、井上は試合中に両拳を痛めるというアクシデントに見舞われ、それでもなおKO勝ちへのこだわりを見せ最終ラウンドにはラッシュをかけダウンも奪い、ジャッジ2者が9ポイント差をつけるという圧勝をした相手です。

そういった背景を考えても井上がやられることはないでしょうね。。

注目は何ラウンドに仕留めるかということになるのではないでしょうか。


5月13日更新・試合まで残り10日を切りましたが、今回の試合に向けて井上は走り込みを特に強化した練習をし、パンチ力を生む下半身強化を重点的に行ってきたそうです。

その結果父であり、トレーナーでもある慎吾トレーナーがミットを受ける手が破壊されたという情報もあります。

重量級の選手ならともかくスーパーフライ級の選手ではなかなかないことですよね。

試合まであと10日を切り、事前予想では圧倒的有利とされています。

しかし井上は

勝って当たり前と思われる試合ほど怖いものはない

と気持ちを引き締め、油断は一切ありません。

井上尚弥VSリカルド・ロドリゲス | 予備検診

5月21日の決戦の3日前となる5月18日、予備検診が行われます。

両者とも異常なしの検診結果が出ており、井上は

いつも通り順調。 並んだ時に良い表情をしていたので調子がよさそう

と挑戦者の様子を語ります。

検診結果をみた大橋会長はロドリゲスの脈拍が高いので気になったようですが、ロドリゲスは

試合会場まで歩いてきたからだろう

と気にしていない様子。

予備検診結果
チャンピオン 井上尚弥

身長:163.5cm
頸周:35.0cm
胸囲:90.0cm
リーチ171.0cm
血圧112/80mmHg
脈拍:76/min
体温:36.7℃

挑戦者 リカルドロドリゲス

身長:160.5cm
頸周:35.0cm
胸囲:92.0cm
リーチ:166.0cm
血圧:123/72mm/Hg
脈拍:102/min

スポンサーリンク


井上尚弥VSリカルド・ロドリゲス | 前日計量

比嘉大吾拳四郎が世界タイトル奪取、そして村田諒太の疑惑の判定で沸いた5月20日、井上尚弥は翌日の試合のための前日計量を試合会場である有明コロシアムで行いました。

今回で5度目の防衛戦となる井上尚弥はスーパーフライ級のリミット一杯の52.1kg。
そして挑戦者リカルド・ロドリゲスは200gアンダーの51.9kgでクリアします。

比嘉大吾の対戦相手のファン・エルナンデスは計量で失格し、王座を剥奪されるというハプニングがありましたが、大橋ジムの井上・八重樫の2王者がそんなことをするわけないですね♪

井上は

5度目なのでスーパーフライ級の作り方も慣れてきた。全然問題ない

と好調をアピール。

すぐに食事をとり、横浜に戻ってからは雑炊、夜は焼き肉を食べる予定で、当日は5キロ弱体重を増量してリングに上がるという計画だそうです。

試合については

前半は触れさせない。前半、中盤、後半と(作戦を)分けて、倒すときは一気にいきたい

と今回も前回・前々回に引き続きKOでの防衛にこだわります!!

ボクシング 井上尚弥VSリカルド・ロドリゲス | 試合内容

1ラウンド目
開始と同時にチャンピオン井上の力のあるパンチ。
そして抜群の距離感が素晴らしい。
強いジャブに相手が前に出てくるとその分下がり、相手が下がるとその分自分も前に出るというまさに井上の距離にもっていきその距離を譲りません。

ロドリゲスは接近戦に持ち込みたくても井上のリードが早くて強いいため入れない。
相手のパンチは全て防御

2ラウンド目
このラウンドも同じ展開。井上のは自分の距離から強烈な左ジャブを上下に打ち分けんル  さらラスト1分にはサウスポースタイルに変わりそのまま試合を進める。

それも生粋のサウスポーかと思えるようなハマりまぶり。 強い右ジャブから左ストレートを伸ばします。

3ラウンド目
同じように左の差し合い。同じ左でもジャブと左フック、左のパンチを多彩に打ち分け相手のガードの間を狙う  30秒でダウンで左フックのカウンター。 さらに数秒後もう一度左フックのカウンターでダウンを奪う。 挑戦者も立ち上がったがダメージの色は濃厚。 数秒後にはダウンを追加してレフェリーをが試合を止めます。

完全にワンサイドゲームでした。

KOタイムは 3ラウンド1分8秒

まさにモンスターというニックネーム通りの力を見せつけた井上

インタビューでは

勝って当たり前の試合は怖いものはない 勝てて良かった

サウスポーは練習していた ここからさらに精度を挙げていく

この次は会長からビックな試合があると聞いているのでそれに向けて良い倒し方ができてよかった

今回3ラウンドKO勝ちという結果でアピールできた 次戦のアメリカでの試合は9月でほぼ決まっている

もっとバンタム級・スーパーバンタム級と階級をあげて強豪に挑んでいきたい 

今回2夜連続で盛り上がったと思いますけどこれからももっとボクシング界をげていきたいと思います よろしくお願いします

防衛を重ねるごとにすごみが増していくモンスター井上尚弥。 
次戦は9月にアメリカで試合するとのこと。

両者ともにパウンドフォーパウンドランキングに名前を連ねる、ゲンナディ・ゴロフキンVSサウル・アルバレスという2017年のボクシング界最大のビックマッチの前座で話が来ているという噂もあります。

その大舞台で井上が今日のようなパフォーマンスができれば、、

井上尚弥はまさに今まで日本人が踏み込んだことのない領域へと足を踏み入れようとしています。

日本ボクシング界の最高傑作と呼ばれるモンスター井上尚弥の今後に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



-6大世界タイトルマッチ | 井上尚弥・村田諒太・八重樫東・田中恒成・比嘉大吾・拳四郎, 井上尚弥 | ボクシング界最強のチャンピオン

Copyright© ボクシング ~最強のチャンピオン~ , 2017 AllRights Reserved.