ボクシング速報 | BOXING情報ナビ!

元プロボクサーの管理人が綴る、ボクシングの情報ナビ!ボクシングニュースを詳しくいち早く速報でお届け!

RENA | RIZIN・シュートボクシング界の最強のチャンピオン 亀田三兄弟 未分類

亀田興毅と那須川天心がボクシング対決!? | 3階級チャンピオンVSキックの神童!!

更新日:



亀田興毅と那須川天心がボクシング対決!? | 3階級チャンピオンVSキックの神童!!
ボクシング界で世界タイトル3階級を制した亀田興毅氏とキック界の神童・史上最高の才能と呼ばれるスーパー高校生、那須川天心がボクシング対決!?
キックボクシングやRIZINにも参加し、注目されてる那須川と、亀田興毅のボクシング対決!!
地上波で流したとしても高視聴率間違いなしの黄金カードです!

この試合はプロボクサー、プロの格闘技選手は参加負荷というルール改正になり中止となりました
しかし亀田興毅にボクシング勝負で勝てば1000万円という企画は残り、亀田興毅に挑む4人の挑戦者が決まりました。

亀田興毅にボクシング勝ったら1000万円!? | Abema TVの仰天企画!!

スポンサーリンク



今回、ことの発端はインターネットテレビ局のAbemaTVが設立1周年企画でスペシャル番組、「亀田興毅に勝ったら1000万円」の放送するということから始まりました。

内容はタイトル通り、ボクシングでライトフライ級・フライ級・バンタムしか級の3階級を制した亀田興毅氏とボクシング対決をし、亀田興毅氏に勝つことができれば1000万円を手にすることができるという内容です。

挑戦者を現在募集中で、挑戦の条件として身長175cm以下であること。体重70kg以下の成人男性となっています。

亀田は身長166cm、体重は現在は引退して時間もたっているので60kgくらいと仮定すると、条件としてはちょうどいいのではないでしょうか。

普通に素人が応募しても間違いなく勝てないでしょう。
疑惑の判定とか色々話題に上がった亀田興毅ですが、一般人がどうにかなる相手ではありません。

亀田興毅はこの企画に対して

何故この企画を受けたかと言うと、『ボクシング』というものの素晴らしさを世間の皆さんに伝えるため。これをきっかけにボクシングに興味を持ってくれる人が居たら、今回の企画をやって大成功となる

というコメントを残しています。

しかし、この企画に思わぬ大物格闘家が名乗りを上げたことで一気に話題に上がりました。

「キックボクシング史上最高の天才」「キック界の神童」の異名を持つスーパー高校生、那須川天心です。

もちろんこの試合はボクシングルールで行われ、那須川の最大の持ち味であるキックは封印するという亀田有利のルールではありますが、那須川はパンチにも定評があります。

2月には元ボクシングフライ級チャンピオンであり、あの井岡一翔に唯一の黒星をつけたアムナット・ルエンロンとキックボクシングで試合をしました。

那須川はボクシングで勝負をしたいと公言し、パンチをメインに試合を進め、最後はボディへのパンチで試合を決めました。

でもパンチでKOしたといっても、これはキックのフェイントがあるから生きたパンチではあります。

純粋なパンチ勝負をしたらどうなっていたか・・・、でも試合内容を見た限りではパンチ勝負をしても勝っていた可能性は十分にありますね。。

2014年に練習で通ったプロボクシングの名門帝拳ジムでは、その素質を見込まれ、中学時代巨額の契約金を提示されボクシング転向の勧められたそうです。

しかし日本ボクシングコミッションのルールで他のプロ格闘技との掛け持ちは禁止となっているため、キックボクシングとの掛け持ちはできないことになっています。

僕はキックに憧れてキックを始めた。
ボクシングをに誘われてもそっちに行ったら逃げだと思った。
だからキック以外をやりたいとは思わなかった。

と語っています。

現在は総合格闘技ルールでRIZINにも参加していますが、その参戦の理由も、

キックボクシングをアピールするため

と語っています。

スポンサードリンク


亀田興毅VS那須川天心 | 試合予想

弱い相手としか戦わないとか、疑惑の判定とか言われ続けてきた亀田興毅氏ですが、プロボクシング3階級制覇の元チャンピオンです。

しかも最後のバンタム級は2010年からおよそ3年の期間にわたって8回の防衛に成功しています。

8度の防衛、つまり8回世界ランカーと試合をして勝利をおさめているということです。

キックボクシングでいくら結果を残している選手とはいえ、普通なら亀田興毅には勝てないでしょう。

しかし、、僕自身ボクシング経験者として亀田興毅氏の敗北は予想したくないのですが、、、この那須川天心は別格です。

この選手は強いです!!
初めて見たとき鳥肌立ちました。
パンチもキックもスピード・パワーともに素晴らしく、また、強さがわかりやすくて一般受けもしやすく、将来のスター性を感じました。

一般受けのしにくいタイプとは、テクニック重視のタイプですね。
そこまでスピードやパンチ力がなくても、相手のやりにくい立ち位置やタイミングを持っていて上手にパンチが当て、勝つ選手もいます。

そういった選手はやはりスピードも破壊力もないので試合には勝つけど人気はなかなか出にくいと思います。

しかしこの那須川はパワーとスピードがあり正統派です。見てて迫力があり面白いです。

その那須川天心が亀田興毅とボクシング対決。。

亀田の最後の試合は2015年10月16日に行われた河野公平との試合です。

引退して1年半も経っています。

現役時代ならまだしも、引退した亀田に勝ち目があるとは僕には思えません。。

元ボクサーとしてしたくない予想ではありますが、大差判定勝ちか、もしくはKOも十分にあり得ると思います。

だからこそあまり放送してほしくないとは思いますが、とても興味深い一戦ですね。

この試合について新しい情報が入りましたら更新していきたいと思います。

スポンサードリンク


スポンサードリンク



-RENA | RIZIN・シュートボクシング界の最強のチャンピオン, 亀田三兄弟, 未分類

Copyright© ボクシング速報 | BOXING情報ナビ! , 2017 AllRights Reserved.