ボクシング速報 | BOXING情報ナビ!

元プロボクサーの管理人が綴る、ボクシングの情報ナビ!ボクシングニュースを詳しくいち早く速報でお届け!

6大世界タイトルマッチ | 井上尚弥・村田諒太・八重樫東・田中恒成・比嘉大吾・拳四郎 清水聡 | ロンドンオリンピック銅メダリスト

ボクシング 清水聡VS山本拓哉 | 5月21日 初の日本人ランカーとの対決!

更新日:



ボクシング 清水聡VS山本拓哉 | 5月21日 初の日本人ランカーとの対決!
2017年5月21日の井上&八重樫のダブル世界タイトルマッチの前座で清水聡が東洋ランカーとの対決!
次戦はプロ入り3戦目にして初の日本人との対決で実力が明かされる一戦!!

5月21日に行われる井上尚弥・八重樫東のダブルタイトルマッチの前座でロンドンオリンピック銅メダリスト・清水聡が登場します。

スポンサーリンク



この試合は清水がプロデビューして初の日本人対決となり、外国人相手ではなかなかわかりづらかった清水の実力がハッキリとわかる試合。

対戦相手は山本拓哉。戦績は14戦9勝(4KO)5敗。 東洋太平洋フェザー級ランキングの15位にランクされています。

山本サイドでみると確かに知名度は上がりますが厳しいマッチメイクですね。。

清水は確かにオリンピックの銅メダリストで知名度はあります。
しかし、プロボクサーとしてはまだ外国人選手と2戦しただけの選手で、まだランキングにも入っておらず、勝っても旨みがありません。

しかし、実力は間違いなくある選手です。

ボクシングの世界でオリンピックの銅メダリストなんて、世界タイトルマッチの防衛戦の相手を探す時でも敬遠したくなりそうな素晴らしい戦績です。

しかし、プロボクサーとしてのステータスはありませんからね。。

大橋会長のマッチメイクの力が優れていたということですね。

ボクシング 清水聡VS山本拓哉 | 山本拓哉の戦績・実力

山本拓哉はこれまで14戦9勝(4KO)5敗の戦績を残しています。

アマチュアでは40戦以上の試合をこなしており、豊富なアマチュアキャリアがあります・・・と書きたいところですが、アマチュアの戦績を書き出したら数々の国内タイトルを総なめして国際大会でも活躍し、180戦以上のキャリアがある清水の前にしたら比較になりませんね。。

デビューは2013年5月19日にクラトキジムの平野 匠に3ラウンドKO勝ちをしています。

ただ、注目するところはこの試合が4回戦で行われている所と、2戦目・3戦目が4ラウンド判定負けして連敗している所ですかね。

実力のあるアマチュア選手がデビューするときは大抵6回戦ができるB級のプロテストを受けます。

しかし、この山本は40戦ものアマチュアキャリアがあるにもかかわらず、4回戦を4勝するまでしている所からC級のプロテストを受けているようですね。

しかもその4回戦でも3敗している。。

しかし、プロで14戦もしている選手です。 強い選手とは思うけれど、清水の相手になるとは思えませんね。。

この試合を了承した山本は勇気のある決断だったと思います。 n
清水にとっては勝って当たり前と言われる試合。 
しかし、山本にとっては失うものがない試合ということで、ガムシャラになれる試合ですね。

5月21日のダブル世界戦の前座に組まれたこの試合に注目したいと思います。

ボクシング 清水聡VS山本拓哉 | 試合内容

序盤から落ち着いて相手の様子を見る清水。
開始早々に強烈な左ストレートを打ち込みダウンを奪います。

山本は立ち上がり試合は続行。 しかしカウンターで右フックを打ち込むと山本はぐらつきそこでレフェリーが試合を止めTKOを宣告しました。

東洋太平洋15位。。 確かに凄い実績だけどオリンピックの銅メダリストの相手としてはちょっと。。

完全にミスマッチだと思います。

試合後同じロンドンオリンピックに出場した村田が判定で敗れたことに関し、

かなりショックでした。 村田の勝利を確信した。 
僕もオリンピックのメダリストとして村田と世界チャンピオンになりたい。

ダブルメダリスト・ダブル世界王者を目指して次も勝つ!

と村田にエールを送ると同時に自身のもチャンピオンになることを誓います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-6大世界タイトルマッチ | 井上尚弥・村田諒太・八重樫東・田中恒成・比嘉大吾・拳四郎, 清水聡 | ロンドンオリンピック銅メダリスト

Copyright© ボクシング速報 | BOXING情報ナビ! , 2017 AllRights Reserved.