20年間のボクシングファンであり元プロボクサーによる現在のボクシング界の話です。

ボクシング ~最強のチャンピオン~

福原辰弥

ボクシング 福原辰弥vs山中竜也 | 8月27日に地元熊本で初防衛!

投稿日:



ボクシング 福原辰弥vs山中竜也 | 8月27日に地元熊本で初防衛!
福原辰弥の初防衛戦! 挑戦者はランキング1位の山中竜也。
日本人対決となった注目の試合は8月27日、熊本県芦北町民総合センターしろやまスカイドームで開催!
福原辰弥 戦績:29戦19勝(7KO)4敗6分。  
山中竜也 戦績:16戦14勝(4KO)2敗。

福原辰弥の初防衛戦が決まりました!

チャンピオン福原は2017年2月26日にモイセス・カジェロスと空位の暫定王座決定戦を制しWBOミニマム級暫定チャンピオンに輝きました。

その後、正規チャンピオンである高山勝成がタイトルを返上したため、暫定チャンピオンから正規チャンピオンに格上げされました。

初防衛戦はいきなり日本人対決! 
山中竜也を地元熊本に呼び寄せての防衛戦となります。

スポンサーリンク



ボクシング 福原辰弥vs山中竜也 | 挑戦者山中竜也の実績

山中は1995年4月1日生まれ。
3男1女の4人兄弟で全員がボクシングをやっていることから「山中4兄弟」と呼称されることもあります。

まだ22歳という若い選手です。

しかしプロでの戦績はすでに16戦おこなっており、14勝(4KO)2敗という素晴らしい戦績を残しています。

あの名チャンピオン長谷川穂積を輩出した真正ジム所属の選手で、この16戦というキャリアの中で東洋太平洋ミニマム級タイトルを獲得しており、前戦の2017年3月12日には、タイのカノンメック・シットクルコンを相手に1ラウンド1分39秒でKO勝ちを飾っております。

2014年8月22日にフィリピンのロケ・ラウロに負けて以来現在までに6連勝という好調を続けており今回のチャンスをつかみました。

ボクシング 福原辰弥vs山中竜也 | 勝敗予想

山中竜弥は世界ランキング現在1位で、東洋太平洋のタイトルを獲得した実績もある油断はできない相手です。

しかし、現在の福原辰弥は勢いに乗っています。

日本タイトルを獲得し、初防衛戦では格上ともいえる全勝の世界1位の選手を下し、その後2度KO防衛を果たし、前戦でも世界ランキング1位のモイセス・カジェロスとフルラウンド戦い抜き判定勝ちし、WBOミニマム級暫定タイトルを獲得しました。

福原辰弥の勝利・しかも中盤以降にKO勝ちもあり得るのではないでしょうか。

今回の試合の発表会見では

暫定王座決定戦(上天草町)でも地元の応援に支えられた。今度は芦北町や熊本のみなさんに元気を届けたい。いい内容の試合を見せて勝って防衛したい

と抱負を述べております。

是非素晴らしい内容で勝利し、震災で落ち込んでいる熊本に元気なニュースを届けてもらいたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-福原辰弥

Copyright© ボクシング ~最強のチャンピオン~ , 2017 AllRights Reserved.