ボクシング速報 | BOXING情報ナビ!

元プロボクサーの管理人が綴る、ボクシングの情報ナビ!ボクシングニュースを詳しくいち早く速報でお届け!

比嘉大吾 ボクシング 10月22日 3大世界タイトルマッチ | 村田諒太・比嘉大吾・拳四郎

ボクシング 比嘉大吾VSトマ・マソン | 全勝全KO男の初防衛戦

更新日:



ボクシング 比嘉大吾VSトマ・マソン | 全勝全KO男の初防衛戦
日本ボクシング史上初の全勝全KOで世界チャンピオンとなった比嘉大吾の初防衛戦!
挑戦者はWBC世界フライ級6位のトマ・マソン。
10月22日に両国国技館で村田諒太との共演。 フジテレビ系列で全国中継!
比嘉大吾 戦績:13戦13勝(13KO)
トマ・マソン 戦績21戦17勝(5KO)3敗1分

5月20日のトリプル世界タイトルマッチで見事前WBCフライ級チャンピオン、ファン・エルナンデスを6ラウンドKOで破った比嘉大吾の初防衛戦が決まりました。




10月22日、場所は両国国技館。
メインは世界ミドル級タイトルマッチ、村田諒太VSアッサンエンダムの再戦です。

ボクシング 村田諒太VSアッサン・エンダム再戦決定! | 疑惑の判定の決着戦!

前回と同じく村田と比嘉の共演となります。

この試合の注目はやはり比嘉大吾のKO記録の更新でしょう!

全勝全KOで世界タイトルを獲得したのは比嘉大吾が初めてです。
しかし、日本の連続KO記録は1985年に比嘉大吾と同じ沖縄の、浜田剛史が1985年に作り上げた15連続KOという記録があります。

比嘉大吾はこの試合をKOで仕留め、35年ぶりの記録更新を成し遂げることはできるのでしょうか。


ボクシング 比嘉大吾VSトマ・マソン | 挑戦者 トマ・マソンの実力

トマ・マソンは現在WBC6位・WBA12位・IBF11位にランキングされており、現在のEBU(ヨーロッパボクシング連合)フライ級チャンピオンです。

戦績は21戦17勝(5KO)3敗1分。
身長170cmで長身のオーソドックススタイルの選手です。

50,8kgが上限のフライ級という階級を考えるとこの170cmがいかに長身が想像しやすいのではないでしょうか。

チャンピオン比嘉の身長は161cm、、9cmも身長差があり距離が遠く、攻防に非常にメリハリのついた選手です。

具志堅会長は

かなりリズム感があって動きの良い選手。相手のリズムに乗ったら勝てない

と警戒します。

比嘉は

身長にだいぶ差はあるが、苦手なタイプではない。懐に入ってよいパンチを当てる

とすでに戦うイメージを作っています。




ボクシング 比嘉大吾VSトマ・マソン | 試合予想

比嘉大吾は強い突進力とパンチ力、強い体を生かして攻めるタイプです。

そして挑戦者はデータが少ないのでハッキリとはわかりませんが戦績から目立ったパンチ力も想像できません。。

比嘉大吾は得意なタイプではないでしょうか。

比嘉は決して器用なタイプではないので、挑戦者の体力が残っている序盤は挑戦の軽いパンチを浴びながら攻めあぐねるのではないでしょうか。

しかし、時間が経つにつれトマ・マソンの体力も奪われ、さらに比嘉大吾のパンチ力で精神的にも弱ってきます。

序盤は当たらなくても体力がなくなってくる序盤から後半には比嘉のパンチを浴び始めKOというのが順当な予想となるのではないでしょうか。

もしかしたらいきなり比嘉のパンチが決まり、早い段階で試合が終わってしまうかもしれませんけど(笑)

比嘉大吾は強いです。
ボクシングはランキングや戦績ではないけれど、でもこの程度の相手に負けることはないのではないでしょうか。

ボクシング 比嘉大吾VSトマ・マソン | 具志堅会長からの3つの禁止事項

具志堅会長も比嘉大吾のことを「若さと豊富な練習量。誰が相手でも倒す力がある」と絶賛します。

ただ注意点として勝つためには

おいしいものを食べない

ネオン街に行かない

女性と手をつながない
と"3禁"を言いつけます。

しかし比嘉は「おいしいものは食べてますが体重にかわりはないです!」と反論!

クイズ番組でもリング外でも楽しく周囲を笑わせているコンビですが、試合では獣のように相手に襲い掛かる比嘉。

見事なKOで試合を決め14連続KO勝利を飾り日本記録タイにリーチをかけ、是非念願のWBAチャンピオンの井岡一翔との統一戦に駒を進めてもらいたいと思います。





ボクシング 比嘉大吾VSトマ・マソン | 公開練習

10月22日に控えた初防衛戦に向けて比嘉大吾が公開練習を行います。

現在比嘉大吾の戦績は13戦13勝(13KO)。
現在歴代日本人の連続KO記録は1985年に浜田剛史によって達成された15連続KOとなっております。

世界タイトルの初防衛と連続KO記録の更新。
今回の比嘉大吾の試合には2つの期待がかかっています。

公開練習では同じ白井具志堅ジムの江藤光喜を相手に2ラウンド行われ、1980年代のヘビー級のスーパースターであるマイク・タイソンを彷彿とさせる回転力で江藤を圧倒しコンディションの良さをアピールします。

ジムの会長である具志堅用高は

チャンピオンになってからの練習は違う。 楽しんでやっているよ。 初防衛戦を乗り越えて本物の強いチャンピオンになってほしい。

と愛弟子の成長に目を細めます。

今回はKOをより意識すると比嘉。

改めて宣言し、初防衛のリングに向け調整を続けます。


ボクシング 比嘉大吾VSトマ・マソン | 挑戦者来日

10月22日に東京両国国技館にてWBCフライ級タイトルの初防衛戦を行う比嘉大吾の対戦相手、トマ・マソンが来日し、都内のジムで公開練習を行いました。

体重はリミットまであと500gということ。 
世界タイトルに挑戦するということで十分に仕上げてきているようです。

比嘉大吾の映像を見たというトマ・マソンは

チャンピオンは攻撃力と持久力がある。
13連続KO勝利というのは凄いが、僕との試合ではいつも通りにいくとは限らない。 相手をリスペクトして全力で挑む

と比嘉の印象を語ります。

公開練習ということでしたが実際にはロープを3ラウンド飛びシャドーボクシングを1ラウンドだけ披露しただけで一切の手の内を見せずに公開練習は終わりました。

この選手は今までダウンの経験は一度もなくタフネスさにも自信を持っている選手。比嘉は自慢の強打を爆発させ、はじめてのダウン・初めてのKO負けを経験させることはできるのでしょうか。

この試合に関して新しい情報が入りましたらこちらに追記していきます。








-比嘉大吾, ボクシング 10月22日 3大世界タイトルマッチ | 村田諒太・比嘉大吾・拳四郎

Copyright© ボクシング速報 | BOXING情報ナビ! , 2017 AllRights Reserved.