村田諒太VS柴田昭雄 | デビュー戦で東洋太平洋チャンピオンとの衝撃的なマッチメイク!


ボクシング 村田諒太VS柴田昭雄 | デビュー戦で東洋太平洋チャンピオンとの衝撃的なマッチメイク

ロンドンオリンピックボクシング競技、金メダリスト・村田諒太の注目のデビュー戦!
対戦相手はなんと現役の東洋太平洋ミドル級チャンピオンの柴田明雄❕

オリンピックの金メダリストとプロボクシングの東洋太平洋チャンピオンがプロのルールで試合をする。。

村田諒太有利だとは思っていたけど、ここまで差があるとはさすがに思いませんでした。

村田諒太は2013年8月25日、東京・有明コロシアムにて、東洋太平洋ミドル級チャンピオンで日本スーパーウェルター級チャンピオンでもある柴田明雄を相手に73kg契約・6回戦でデビュー戦を行います。

スポンサーリンク



この契約とは契約ウェイトのことです。

ボクシングはお互いの了承があれば、〇〇級という階級の枠組みじゃなくても、試合をすることができます。

つまり73キロ以下で試合をすることを事前に約束していたということですね。

それにしてもデビュー戦で東洋チャンピオンです。さすがにビックリしました(笑)

日本人ボクサーは誰もやりたがらないで、タイとかインドネシアの選手を呼んできての試合になると思ってました。

村田諒太VS柴田昭雄 | 試合内容

テレビ中継もされましたので試合を見られたかたもいらっしゃると思います。
1ラウンド目から圧倒的な内容でしたね。

圧倒的にプロキャリアでは上回る、柴田明雄に対し、1ラウンド目から村田諒太はガードを固めて距離を詰め、強烈なパンチを上下に打ち分ける展開で始まります。
村田諒太が立ち上がりからガンガン攻めていきます。

そして1ラウンド目の終了間際に右ストレートで強烈なダウンを奪います。

試合が再開されると、村田は仕留めにかかり、強烈なパンチを上下に連打します。
そのまま村田の一方的な攻撃が続き、1ラウンド終了のゴングが鳴ります。

あまりの一方的な内容で、この時点で勝敗よりも村田がどのような試合の終わらせ方をするのかのみに観客の興味は向いたていたのではないでしょうか。

2ラウンド目も同じ展開で、村田がガードを固めて距離を詰め、柴田にプレッシャーをかけながら、力強い右ストレートと左ボディブローを連打します。

2ラウンド残り45秒。村田諒太が柴田をロープに詰めて、強烈な右ストレートのカウンターを打ち込みます。効いたなと思った次の瞬間、柴田の状態を確認したレフェリーが試合をストップし、終わりました。

村田諒太が東洋チャンピオンの柴田に2ラウンドTKO勝ちをという圧倒的な内容でプロデビュー戦で金星を手にしました。。

スポンサーリンク



アマチュアのトップ選手がプロ入りすると大抵は弱いタイ人とか連れてきてキャリア積ませたりして大事に育てるものなんですけどね。

村田諒太はデビューから東洋チャンピオンという最強の相手に最高の勝ち方をしました。

この勝利で東洋太平洋ミドル級1位、日本ミドル級1位世界ミドル級19位にランクされました。

もちろんデビュー戦が終わったばかりの選手としては異例のことです。

ちなみに現役チャンピオンに最高の形で勝ったけどチャンピオンではありません。

なぜならこの試合はタイトルマッチではなく”ノンタイトルマッチ”という形でやっているかです。

村手は東洋太平洋のランキングにも入っていませんでしたし、挑戦資格がありません。

なので、柴田は村田にこの試合では負けましたが、チャンピオンの座にはかわりありません。

いきなり1万人以上収容できる会場でのメイン、ゴールデンタイムでの中継、対戦相手は東洋太平洋チャンピオンと、全てにおいて”ありえない”扱いで、さらに最高の勝ち方だったんですけど、現実は厳しかったんです。

お客さんは主催者発表で4500人と、会場のキャパの半分にも満たなかったそうです。

スポンサーリンク



しかもこの試合はあの”モンスター” 井上尚弥の日本ライトフライ級タイトルマッチ。 後のWBA世界ライトフライ級チャンピオンの 田口良一VS井上尚弥とともに、フジテレビ系列で、「ダイヤモンドグローブスペシャル」として2時間枠で放送されたんですけど、その視聴率はわずか6.6%と低調でした。

そうなんですよね。これが日本のボクシング界の現状なんです。
以前亀田興毅の試合が視聴率40%を越えたという話をしましたが、当時の亀田興毅個人の人気であって、ボクシングの人気じゃないんですよね。。

でもこれからです。

現在日本ボクシング界はこの村田諒太や井上尚弥を中心に過去最強の時だと思います。

言動やパフォーマンスの場合は人気は一気に最高潮まできますけど、実力の場合はじわじわ来ます!

これからのボクシング界に注目です!

スポンサーリンク



スポンサーリンク




ボクシング 村田諒太のプロ入り | プロボクシングの興業(試合)について ジム選びの重要さについて

村田諒太選手2戦目!!

関連記事

  1. ボクシング 村田諒太のプロ入り | プロボクシングの興業(試合)…

    村田諒太のプロ転向 | プロボクシングの興業(試合)について ジム選びの重要さについて 村田…

  2. 村田諒太 次戦・11戦目はジョージタドニッパー。フジテレビ放送で…

    村田諒太 次戦・11戦目はジョージタドニッパー。フジテレビ放送で!!ボクシングの聖地ラスベガ…

  3. ボクシング 村田諒太VSアッサン・エンダム再戦の可能性 | 疑惑…

    ボクシング 村田諒太VSアッサン・エンダム | 疑惑の判定・ミドル級の世界戦の相場村田諒太V…

  4. 村田諒太11戦目1RTKO勝ち | ジョージタドーアニッパーを圧…

    村田諒太11戦目1RTKO勝ち | ジョージタドーアニッパーを圧倒!ボクシングのWBC世界ミ…

  5. 村田諒太 試合 テレビ放送 10戦目

    村田諒太プロ10戦目スポンサーリンク 今日、村田諒太の試合のがあります…

  6. ボクシング ゲンナジー・ゴロフキンVSサウル・アルバレス | 中…

    ボクシング ゲンナジー・ゴロフキンVSサウル・アルバレス | 中重量級頂上決戦!パウンドフォ…

  7. 村田諒太選手3戦目!!VSカルロスナシメント!!

    村田諒太選手3戦目!スポンサーリンク 村田諒太選手の3戦目は元WBCラ…

  8. 村田諒太VSブルーノ・サンドバル | 年末・井上尚弥と同じ12月…

    村田諒太VSブルーノ・サンドバル | 年末・井上尚弥と同じ12月30日の興行に!!村田諒太の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP