ボクシング速報 | BOXING情報ナビ!

元プロボクサーの管理人が綴る、ボクシングの情報ナビ!ボクシングニュースを詳しくいち早く速報でお届け!

田中恒成 田口良一 八重樫東 ボクシングの階級

ボクシング 階級 ライトフライ級 | ウェイト(体重)・身長・チャンピオン

更新日:


ボクシング 階級 ライトフライ級 | ウェイト(体重)・身長・チャンピオン

プロボクシングでのライトフライ級のウェイトは、105から108ポンド (47.627 - 48.988kg) !平均身長は158cm~160cm。 「ライトフライ」の意味は「軽い蠅」という意味で、昔はジュニアフライ級と呼ばれてました。具志堅用高もこの階級!
現在田口良一(WBA)・拳四郎(WBC)・田中恒成(WBO)が世界王座を保持!

ライトフライ級はミニマム級フライ級の間の階級であり、全17階級中2番目に軽い階級となります。 


アマチュアボクシングのライトフライ級は15歳~16歳のアマチュア選手の事を「ジュニア」と呼び、ジュニアのライトフライ級は46kg~48kg。
ユース(17~18歳)及びエリート(19歳以上)は49kg以下、女子のライトフライ級は48kg以下となっております。

現在WBAライトフライ級チャンピオンに田口良一・WBCライトフライ級チャンピオンに拳四郎。IBFライトフライ級チャンピオンにミラン・メリンド(フィリピン)WBOライトフライ級チャンピオンに田中恒成と主要4団体のうち3団体までも日本人が世界チャンピオンとして君臨しています。

この試合は2017年5月20日・21日の6大世界タイトルマッチに組み込まれていて、田中恒成の初防衛戦・翌日には八重樫東の3度目の防衛戦も予定されており、この3試合が全て勝利で終われば、世界主要4団体全て日本人がチャンピオンという異例な事態となります。

田中恒成ばランキング1位、16戦全勝全KOのパーフェクトレコードを持つアンヘル・アコスタを攻略しました。

ボクシング 田中恒成VSアンヘル・アコスタ | 全勝全KOの最強の挑戦者

八重樫東は暫定チャンピオンであるミラン・メリンドに敗れ、タイトルを失いました。

ボクシング 八重樫東VSミラン・メリンド | 暫定チャンピオンとの王座統一戦

スポンサーリンク



ライトフライ級の歴史は1975年からスタートし、約40年間の歴史があります。
世界タイトル3階級制覇の亀田興毅もこの階級からのスタートしました。

また、井上尚弥も初めて世界チャンピオンになったときはこの階級でした。

この階級も日本人にとてもなじみのある階級で、過去に具志堅用高さん・渡嘉敷勝男さん・友利正さん・井岡弘樹さん・山口圭司さん・亀田興毅さん・井岡一翔八重樫東井上尚弥・木村悠と10人もの世界チャンピオンを輩出しています。

初代ライトフライ級チャンピオンは、WBCはイタリアのフランコ・ウデラ、WBAはパナマのハイメ・リオスとなります。

日本では具志堅用高さん(協栄)が初めてライトフライ級の世界王座を獲得し、その後なんと13度の世界最多防衛記録(当時)に成功します。(1976年10月10日 - 1981年3月8日)

この13度の世界タイトル防衛記録というのは35年経った今でも日本記録としては未だ更新されていない偉大な記録となります。

現在のライトフライ級世界最多防衛記録は韓国の柳明佑で17回という記録が残っています。

ちなみに1991年12月17日、18度目の防衛に黒星を付けたのは日本の井岡弘樹さんです。

前述の通り沢山の日本人がこの階級のチャンピオンになります。
あの世紀の疑惑と言われた亀田興毅とランダエダの試合もこの階級で行われています。

そして現在のライトフライ級の日本チャンピオンには2017年4月21日から久田哲也(ハラダ)が就いており、現在1度の防衛に成功しております。

東洋太平洋ライトフライ級のチャンピオンにはフィリピンのエドワード・ペノが2017年9月10日からついております。

現在3人もライトフライ級に日本人世界チャンピオンがいることから、統一戦が期待されております。

WBOチャンピオンである田中恒成がWBAチャンピオンの田口にずっと対戦を申し込んでいました。

ボクシング 田中恒成VSパランポン・CPフレッシュマート | 大阪で小國と共演!

田口の防衛も無事終わり、田中が初防衛に成功すれば2017年の年末にほぼ決まりというところまで来ていたのですが、田中が初防衛戦で大苦戦してしまい、両目とも眼窩低骨折という大怪我をしてしまい、試合に勝ちはしたものの統一戦はいったん中止になってしまいました。

ボクシング 田中恒成VSパランポン・CPフレッシュマート | 大阪で小國と共演!

しかし、完全に流れてしまったわけではなく、田中の目が治ったら統一戦が行われるということなので、田中のケガの回復が待たれます。

現在のライトフライ級に注目があつまります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-田中恒成, 田口良一, 八重樫東, ボクシングの階級

Copyright© ボクシング速報 | BOXING情報ナビ! , 2017 AllRights Reserved.