ボクシング速報 | BOXING情報ナビ!

元プロボクサーの管理人が綴る、ボクシングの情報ナビ!ボクシングニュースを詳しくいち早く速報でお届け!

ワシル・ロマンチェコ | 精密機械の異名を持つボクシング界最高傑作 内山高志 ボクシングの階級

ボクシングの階級 スーパーフェザー級 | 強豪ひしめく中軽量級!

更新日:



ボクシングの階級 スーパーフェザー級 | 強豪ひしめく中軽量級!
プロボクシングの階級・スーパーフェザー級のウェイト(体重)は126~130ポンド (57/.153~58.967kg)。昔の呼び名はジュニアライト級! 
フェザーとは「羽毛」を意味します。平均身長は169cm~171cm程度。
スーパーフェザー級初代世界チャンピオンはアメリカのジョニーダンディーで、日本選手の最多防衛記録は内山高志の11回! 

この階級は、フェザー級ライト級の間の階級となり、軽い階級から数えて、全17階級中8番目に軽い階級となります

ボクシング漫画のはじめの一歩では木村タツヤがこの階級となります。

スーパーフェザー級は、バルセロナオリンピック金メダリストからプロに転向し、世界6階級制覇を果たした,ゴールデンボーイ・オスカーデラホーヤが最初に世界を制した階級でもあります。

この階級の日本の歴代世界チャンピオンには、沼田義明・小林弘・柴田国明・上原康恒・畑山隆則・粟生隆寛・内山高志・三浦隆司がおります。

現在のスーパーフェザー級の世界チャンピオンは、

WBAスーパーチャンピオンにアルベルト・マチャド。
日本の内山高志を破ったジェスレル・コラレスを8ラウンド2分18秒で逆転KOで破りスーパーチャンピオンの座に就きました。

ジェスレル・コラレスは内山戦の時と同じくウェイトコントロールを失敗し、前日の計量に引っ掛かり王座を剥奪されてしまいます。

そのため、アルフレド・マチャドが勝った時のみ王座獲得。 コラレスが勝っても王座は空位という変則ルールでの試合となりました。

5ラウンドにはダウンも奪い試合を優位に進めたコラレスでしたが、8ラウンドにマチャドの左ストレートでコラレスはダウンし、そのまま10カウント聞きKO負けとなってしまいました。

WBCがメキシコのミゲール・ベルチェット。

IBFが空位となっており、。

WBOがウクライナのワシル・ロマンチェコ
です。




現在の日本スーパーフェザー級チャンピオンは帝拳ジムの末吉大で2017年10月17日に王座を獲得しております。

また、東洋太平洋スーパーフェザー級チャンピオンにはフィリピンのチャーロ・マガレが就いております。

この階級で日本人最多防衛数を誇る内山高志が、2016年大晦日に、自らのタイトルを奪ったパナマのジェルレル・コラレスと再戦しましたが、残念ながら判定で敗れてしまいました。

その去就に内山自身口を閉ざしておりましたが、2017年7月29日についに会見を開き、引退を発表しました。

これまで沢山のボクサーが一度引退を発表した後にそれを覆し、現役復帰を果たしてきましたが、内山の場合は最後の試合から引退の発表まで長い時間を置き、真剣に考えた結果この考えに至ったようで、おそらくそれを覆すようなことはなさそうですね。

年齢も37歳とボクサーとしては峠を越えています。

自らをセンスのない凡人だと語ったボクサーは強靭な精神力と努力量を武器に日本歴代3位の防衛回数を誇るレジェンドチャンピオンとしてボクシングの歴史に名前を残しました。

内山ほどのブレない、心の強さを持っているならば第二の人生、どんな道を選ぼうとも成功できるのではないでしょうか。

高校1年から37歳まで22年間。本当にお疲れさまでした。








-ワシル・ロマンチェコ | 精密機械の異名を持つボクシング界最高傑作, 内山高志, ボクシングの階級

Copyright© ボクシング速報 | BOXING情報ナビ! , 2017 AllRights Reserved.