ボクシング速報 | BOXING情報ナビ!

元プロボクサーの管理人が綴る、ボクシングの情報ナビ!ボクシングニュースを詳しくいち早く速報でお届け!

リオデジャネイロオリンピック 清水聡 | ロンドンオリンピック銅メダリスト

清水聡 | ロンドンオリンピックの銅メダリスト プロ転向!!

更新日:


清水聡 | ロンドンオリンピックの銅メダリスト プロ転向!! 大橋ジムが有力か!?


ボクシング・ロンドンオリンピックバンタム級銅メダリスト・清水聡選手がプロ転向をするとのこと。その際の所属ジムに関しては大橋ジムが有力とのこと。 清水聡選手といえば、46年ぶりに日本アマチュアボクシング界にオリンピックのメダルをもたらしたという快挙の他、6度のダウンを奪い、内容的には圧勝だったにも関わらず、判定敗けになり、抗議後判定が覆るという珍事、しかもその奇跡のオリンピックの銅メダルを紛失してしまうというハプニングで一躍有名になりました。

清水聡選手が大橋ジムからプロデビューすることが濃厚であるとのニュースが入りました。

アマチュアボクシング連盟の山根会長にプロ入りするという報告をしたようなので、もう確定的だと思います。山根会長は「非常に寂しいし、ショック。この子には別の愛情を持っている」と涙を流し「1、2年であかんかったら引退」とゲキを飛ばしたそうです

さすがはオリンピック銅メダリストとまでなった清水聡選手、ジム選びの重要性も熟知していて、最高のジムを選んだと思います。 日本のプロボクシングの世界で試合をするならば、このジム選びを間違うととんでもないことになりますからね・・・。

2016年7月5日追記
清水聡選手が大橋ジムからプロデビューすることが正式に発表されました。

今月、2016年7月29日にB級プロテストを受験し、9月の6回戦デビューを予定しているそうです。

今回のプロ転向をきっかけに所属していたミキハウスは4日に退社したそうです。

大橋会長は「長身(アマ時代はバンタム~ライトで試合をしていた)で左ストレートが強く、アマチュアからプロへのルールの違いは練習で慣れれば問題ない」と話します。

そして、今後の目標としては2年後には世界王者と語っています。

同じサウスポーの松本(好二)トレーナーをつけて、3人で力を合わせて世界チャンピオンにするの見通しを語りました。

デビュー戦の内容次第で2月にも世界ランカーとプロ2戦目を行う計画だそうです。

清水選手は大橋ジムを選んだ理由について、「とてもジムに勢いがあり、現役世界チャンピオンも2人いる。アマの頃から付き合いがあった(WBO世界スーパーフライ級王者)井上尚弥がいることも大きい」と説明したそうです。

当面はフェザー級で試合をする予定だそうで、

目標?それはやっぱり世界王者。世界王者にならないと、やっている意味がない。これまでお世話になったアマの方々やミキハウスへ恩返しするためにも世界王者になりたいと

と抱負を語っています。

やはり大橋ジムを選びましたね!
プロボクシングはアマチュアボクシングと違い、お金が動きます。悲しい事実だけど、実力だけではのし上がることはできません。

スポンサーリンク



その点、大橋ジムは、井上尚弥選手・八重樫東選手をはじめ、国内で最も勢いのあるジムだと思います。

大橋秀行会長と現在の大橋ジムの環境ならば、清水聡選手の実力を存分に発揮させることが出来ると思います。

以前ボクシング界でのプロ転向にあたってジム選びがいかに重要なのかを書いた記事があります。
https://bokubokusaaa.rev1028.red/2016/03/19/%e6%9d%91%e7%94%b0%e8%ab%92%e5%a4%aa%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%83%97%e3%83%ad%e8%bb%a2%e5%90%91%ef%bc%81%ef%bc%81-2/

清水聡メダル紛失 事件


ボクシング・ロンドンオリンピック銅メダリスト・清水智選手が栄光のオリンピックの銅メダルを紛失し、「盗難に遭った可能性がある」とし、警察に被害届けを提出した。
清水聡選手は2013年3月、東京・渋谷区の東京体育館で行われたイベントで、会場に銅メダルを持参。 その4日後、紛失に気づいたそうです。
 

東京体育館の運営者・関係者はパニックになったそうです。
当時清水聡選手が使った控え室は警備員にIDを見せて入室するシステムをとっていたそうです。

そういった事情から警察から「盗まれたのならば内部の犯行」と言われ関係者はギスギスした雰囲気になってしまったそうです。

しかし結局は盗難事件ではなく、メダルを持ち運ぶ際、傷を付けないように衣服に来るんで持ち運びをしていたそうです。
衣装ケースの中からくるんだ衣服と一緒に見つかったそうです。

とりあえず、みつかってよかったですね。

それでは今回はそんな清水聡選手のこれまでについて簡単に振り返ってみたいと思います。

清水聡 選手のプロフィール 戦績

清水聡選手は1986年3月13日生まれ、バンタム級フェザー級で試合をするのに身長が179cmもある長身の選手です。
リーチも181cmもあり、持って生まれた身体的な資質もある選手だと言えるでしょう。

中学3年生の時、倉敷守安ボクシングジムでボクシングをはじめます。
その後、関西高校から駒沢大学へと進み、2004年の国体制覇!2007年は国体・全日本と両大会を制覇し、世界選手権にも出場します。 北京オリンピックアジア予選を2位まで勝ち進み、フェザー級で北京オリンピックに出場します。

北京オリンピックでは、前年度世界選手権3位の強豪・ヤクブ・キリクに判定負けを喫します。

高校卒業時からプロの世界に何度もスカウトされるけど、オリンピックのメダルを獲得することにこだわりをもち、ここまでアマチュアボクシングにこだわってきました。

北京オリンピック後もアマチュアボクシングを続けてオリンピックでメダルをとることに挑戦し続けます。

大学卒業後は自衛隊体育学校に入ります。
これはアマチュア全国2位以上の実績がないと入れない、オリンピックでメダルをとることを任務としたアマチュアスポーツ界のトップアスリートが集まる集団です。
競技はアマチュアとして出るものの、自衛隊員としての給料が出ることから、「アマチュアのプロ」などと呼ばれる最強の集団です。

スポンサーリンク



2009年5月にはハバロスク開催のコンスタンチン記念大会ではフェザー級で銅メダルを獲得・珠海開催のアジア選手権でも銅メダルを獲得と、国際大会でも活躍し当確を表します。

2009年の新潟の国体ではライト級で出場しますが、見事優勝。
2004年にはバンタム級・2007年にはフェザー級で優勝していることから、これで国体で3階級制覇を達成したことになります。

その年には全日本選手権をフェザー級で制し、国内のアマチュアボクシング界には敵なしということを証明します。

2010年には繰り返し脱臼していた右肩を手術し弱点補強、同年の国体ではライト級で出場し、全試合RSC(レフェリー・ストップコンテスト勝ち、プロのTKOのこと)を達成します。

しかしここで清水聡選手にとってトラブルが起こります。
オリンピックで女子のボクシング競技が加わるということで、最も力が発揮できるフェザー級が廃止となります。

2012年4月12日、カザフスタンで行われたアジア選手権では、清水聡選手はバンタム級で出場し、2009年の大会でのフェザー級銅メダルに続き、2大会連続で銅メダルを獲得します。

この結果、同じく自衛隊体育学校のの須佐勝明選手と共に、ロンドンオリンピックの出場が決定します。

五輪ボクシング競技において2大会連続で日本代表となったのは日本人選手としてはわずか6人目です(過去に石丸利人、黒岩守、東悟、三浦国宏、辻本和正)

ロンドンオリンピック 銅メダルの獲得

2012年のロンドンオリンピックでは2012年7月28日の1回戦から出場します。

ガーナのアイザック・ドグボエを判定で下し、勝利した。
この勝利は、オリンピックの男子ボクシング界ではシドニーオリンピックの辻本和正選手以来の白星です。

8月1日の2回戦では、疑惑の判定問題のアゼルバイジャンのマゴメド・アブドゥルハミドフと対戦します。

その試合では、アブドゥルハミドフはなんと6度も倒れるが、レフェリーは一度もカウントを取らないという奇妙な内容。

明らかに不自然な内容であり、しかもそれだけ圧倒的な内容の試合であったにも関わらず、判定は清水聡選手の判定敗け・・・。

あまりの内容に、この判定を不服として抗議します。

この抗議はAIBAに認められ、判定を覆して清水はRSCでの勝利となります

スポンサーリンク



この勝利により、清水は日本代表として24年ぶりにベスト8に進出を果たします。
レフェリーはトルクメニスタン人であり、技術委員会で処分が検討され、検討の結果、国際アマチュアボクシング協会は、このレフェリーを直ちに追放する処分することを決定します。

イギリスBBCは2011年、国際アマチュアボクシング協会が、アゼルバイジャンに金メダル2個を保証する見返りに1000万ドル(約7億8000万円)の貸し付けを受けたとの買収疑惑を報じています。

もちろんこれに対して国際アマチュアボクシング協会は事実無根としています。

8月5日の準々決勝では、アルジェリアのモハメドアミン・ウアダヒとの対戦です。

清水聡選手は17-15の判定でウアダヒを破り、準決勝への進出を決めます。

なお、オリンピックのボクシング競技では3位決定戦を行わないず・ベスト4に入った選手は準決勝で敗れた場合には2人が銅メダルを獲得できるので、この時点で銅メダル以上を獲得できることが確定します。

オリンピックでのメダル獲得は、メキシコシティオリンピックの森岡栄治選手以来44年ぶりの快挙です。

8月10日の準決勝ではイギリスのルーク・キャンベルに11-20で敗れ、銅メダルが確定してしまいます。

ちなみにこの対戦相手であるキャンベルはこの大会で金メダルを獲得します。

このメダル獲得により総社市初の市民栄誉賞などを受けることになり、、同年9月14日には同市で祝賀パレードを行います。

清水聡選手・・・。よく全日本選手権や国体で優勝した選手のことを「トップアマ」と表現し、プロ転向の際にとりだたされますが、今回のこの清水智選手は本物のアマチュアトップの選手です。

それだけに、その日本アマチュアボクシング界の宝でもあるこの清水聡選手がプロデビューする、大橋ジムの大橋会長は責任重大であるともいえます。

この清水聡選手も30歳になります。 この選手がこれからどのようなプロボクサーとして活躍していくのか注目していきたいと思います。

https://bokubokusaaa.rev1028.red/2016/03/16/%e6%9d%91%e7%94%b0%e8%ab%92%e5%a4%aa-%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%83%e3%82%af%e9%87%91%e3%83%a1%e3%83%80%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88-%e3%83%9c%e3%82%af/


-リオデジャネイロオリンピック, 清水聡 | ロンドンオリンピック銅メダリスト

Copyright© ボクシング速報 | BOXING情報ナビ! , 2017 AllRights Reserved.