別府優樹 13連続KO勝利! KO記録更新!? | ボクシング界の闇


別府優樹 13連続KO勝利! 連続KO記録更新か!? | 日本ボクシング界の闇の部分


別府優樹連続KO記録を13に伸ばし、記録更新にまであとわずか!!
現在デビューからの連続KO記録は金井晶聡が2004年4月に打ち立てた14回!
連続KOの日本記録は1985年に浜田剛史が打ち立てた15連続KOが日本記録!
別府優樹 次戦・最新情報

別府優樹16戦目 | 地元久留米でまたしてもタイ

目次


別府優樹が宣言した15連続KO記録について

現在日本のボクシング界の記録として残っている者は、デビューからの連続KO記録として金井晶聡が2004年4月に打ち立てた14回!
そして「デビューから」という括りを除けば1985年に浜田剛史が打ち立てた15連続KOが日本記録として残っております。

2007年9月には日本ウェルター級1位の牛若丸あきべぇ(協栄)が浜田剛史と並ぶ15連続KO勝利を達成しましたが、16戦目に記録更新は阻まれ、22年ぶりに浜田剛史の記録に並びましが記録の更新には至りませんでした。

別府は現在13連続まで記録を伸ばしていますが、このまま30年間破られなかった記録を別府優樹が破り、歴史に名を残すことに僕は疑問に感じます。 

スポンサーリンク



別府優樹 13連続KO勝利! KO記録更新!? | 日本人ボクサーとタイ人ボクサー

別府優樹が13連続KOに記録を更新した今回のKOタイムは1ラウンド2分56秒。すでに1ラウンドKO勝利は7回目です。

別府優樹は

試合前は不安もあるが、リングにあがると吹っ切れる。最初から豪快に攻めていけるのが売りなので

と話しています。

確かに、このリングに上がって、後先考えずにガンガン行けるのはボクサーとして大切な資質だと思います。

リングの上で「安全」を考えてしまうと、攻めなければならないときに攻めることができなくなってしまいますからね。。

今回の勝利で「デビューからの連続KO日本記録」の14回のタイ記録には王手になりました。

そして、あと2回で30年前の浜田剛史さんと渡部あきのりがマークした15連続KO勝利に並びます。

所属ジムの久留米櫛間ジムの櫛間会長はその記録の更新に意欲的で

16までは外国人相手でも新記録を狙わせる

と試合後改めて宣言しています。

外国人宣言しちゃいましたね(笑)(笑)

以前僕が日本のプロボクシングの世界において、タイトルマッチ以外で外国人と試合を行うことの意味を書いた記事があるのでリンクを載せておきます。
亀田興毅は弱い | 対戦相手はタイ人ボクサー!

亀田興毅が安全な試合ばかりして日本人とやらないことから、仲が悪かった内藤大助がこのようなポスターを出したことがありました。

ギター侍ボクシング 最強のチャンピオン 内藤大助

タイトルマッチ以外の試合で外国人とやるっていうのはこういうことなんです。

上記の記事にある通り、ある年のタイ人選手と日本人選手とのボクシングの試合は280戦ありました。
そのうち日本人選手の266勝9敗5分という成績が残っています。

280戦266勝9敗5分です。

勝利がほぼ約束されています。

辰吉丈一郎さんの言葉を借りると、「外国人選手はアルバイト」できてるんです。
ジムの会長たちは外国人を高いお金を払って日本に来てもらって選手に自信をつけさせます。

僕は日本人同士の試合に八百長は絶対にないと信じています。

そして外国人選手でも、タイトルマッチで来た選手は自分の人生をかけて、生活をかけて試合をします。
しかしそれ以外の外国人選手は・・・。

以前はフィリピン人が呼ばれていました。

でもフィリピン人ボクサーがあまりにもあからさまな試合をするので招聘禁止になりました。
僕も何回か空気パンチ(当たってもいないパンチ)で倒れるようなひどい試合をみたことがあります。

30年前に記録を打ち立てた浜田剛史さんは15連続KOの記録を打ち立て、16戦目は東洋太平洋タイトルマッチを行い、そこで連続KO記録にストップが掛かってしまいます。

そして、渡部あきのりも15回の防衛記録に並んだとき、日本タイトルを3階級制覇している湯場忠志と日本タイトルマッチを行い、KO敗けを喫して16回の記録更新を阻まれています。

渡部はそれまでは外国人選手との試合が続いていました。

しかし外国人と試合をして、30年間破られていなかった記録を更新しても叩かれるのがわかってるので文句が出ないようにあえてタイトルマッチを16戦目に組んだんでしょうね。。

そのとき対戦した湯場は有名なチャンピオンです。
確かにその湯場選手に勝っての記録更新ならば誰も文句を言う人はいないでしょう。

結果はわずか1ラウンド1分30秒でのKO敗けでしたが、渡部はこの短い時間の中で湯場からダウンも奪っています。

つまり倒し・倒されの、紙一重の試合でした。

スポンサーリンク



別府は10月に地元久留米、来年1月に東京、そして、6月に地元で新記録達成を予定しているそうです。
外国人との試合を・・・。
こうやって外国人相手に記録を更新していくんでしょうね。。

プロボクシングは興行です。 興行主(興行を受け持つジム)は対戦相手を探し、自分のジムの選手と試合をさせます。
そしてチケット等の収入を得る代わりに選手のファイトマネー・相手選手の宿泊費用やファイトマネーなどを支払わなければなりません。

つまりマッチメイク・試合の組み合わせの権力は興行主にあります。

お互いのジムの会長どおしが話し合って試合の交渉をしますが、どうしても興行主となるジムの会長の意見が強くなりますよね。。
ジムの力なんて本人と関係ないところでそういった有利・不利が出てくるのは悲しいことですよね。。

追記:別府過去の戦績をみました。

デビュー戦の相手。。弱いものいじめのような胸糞悪くなるようなマッチメイクですね・・・。

 

別府優樹は宮崎の高校でインターハイ3位の実績を積み、大学のアマチュアも経験しています。

これほどのアマチュア戦績があるにも関わらず、相手はプロデビュー戦の選手。。
一度も試合をしたことがない選手です。
たったの93秒で終わってるけど当たり前ですね。

ボクシングでプロになるときはどこのジムでデビューをするかを真剣に考えなければなりません。
ジム選びはとても重要です! 

とはいえ、別府は全日本新人王もとり、その中でMVPもとっているとても実力のある選手です。
全日本新人王を獲るまでは全て日本人相手です。

なのでなおさら・・・ボクサーとしての誇りを失わないでほしいですね。

外国人相手なんかで30年間破られていない日本ボクシング界の記録に名前を連ねて欲しくないです。。。

僕もプロで試合をしていた人間なので、別府の気持ちはわかるつもりです。

選手はただ一生懸命、全力で・命懸けで決められた目の前の試合をこなしているだけなんですよね・・・。
選手は悪くないとは思います。 一番の諸悪の根源は・・・。

しかし、ここまで来たらさすがに決められた試合をこなすだけのロボットになったらダメですよね。

プライドのあるボクサーならば、たとえ会長が外国人相手に記録を更新しようと考えていても、それを拒むと思います。

これで記録更新し、歴史に名前を残すことが「おいしい」と考えているならば、今はインターネットがこれだけ普及していますので、事実がネット上に公表され、恥をかくことになるでしょう。

スポンサーリンク



記録更新は日本人とやってほしいです。

外国人選手との試合で記録に名前を連ねるのは、栄光ではなく汚点だと思います。

別府優樹 13連続KO勝利! KO記録更新!? | 別府の15戦目は元チャンピオン

追記:別府優樹の15戦目が決まりました。
対戦相手は現役日本ランカーのチャールズ・ベラミー
元日本・東洋チャンピオンであるチャールズ・ベラミーも35歳になり、現在スーパーウェルター級8位にランクされています。

別府優樹は引き分けました。
前半はペースを握ったものの後半スタミナ切れを起こしチャーリーにポイントを取り返され、三者三様のドローでした。

別府優樹VSチャールズ・ベラミー 結果


別府優樹16戦目 | 地元久留米でまたしてもタイ人

別府優樹が前回のベラミーとの試合の復帰戦として6月18日に地元久留米で復帰戦を行います。
対戦相手はテーントーン・シットサイトーン。。

またしてもタイ人です。

2015年年末に斎藤司に2ラウンドKO敗けを喫し、昨年2016年11月16日には藤中周作に3ラウンドKO敗けを喫していますね。

KO記録は途切れてもやっぱりこの路線で行くんですね。。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




山中慎介・長谷川穂積 ダブル世界タイトルマッチ | 11度目の防衛と三階級制覇! テレビ情報あり!

ボクシングの階級 ミドル級 | 村田諒太と竹原慎二 意味・平均身長・歴代チャンピオン等

関連記事

  1. 別府優樹が挑戦状 | タイトル奪取を目指す九州のタイソン!

    別府優樹が挑戦状 | タイトル奪取を目指す九州のタイソン! 日本ウェルター級チャンピオン,有川稔…

  2. ボクシング 階級 ウェルター級 | 日本人未到の階級

    ボクシング 階級 ウェルター級 | 日本人未到の階級ウェルター級のウェイト(体重)は140-…

  3. 別府優樹デビューから14連続KOで記録確定!? | 日本タイ記録…

    別府優樹デビューから14連続KOで記録確定!? | 日本タイ記録となり歴史に名を残す。ボクシ…

  4. ボクシング 別府優樹デビューから連続KOタイ記録樹立!! | 次…

    ボクシング 「九州のタイソン」別府優樹デビューから連続KOタイ記録樹立!! | 次戦もタイ人か!…

  5. 別府優樹VSチャールズ・ベラミー | 連続KO記録前の勝負の一戦…

    ボクシング・別府優樹VSチャールズ・ベラミー | 連続KO記録前の勝負の一戦!九州のタイソン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 7月 09日
  2. 2016年 7月 13日
  3. 2016年 7月 18日
  4. 2016年 7月 19日
  5. 2016年 7月 19日
  6. 2016年 7月 20日
  7. 2016年 7月 21日
  8. 2016年 7月 22日
  9. 2016年 7月 27日
  10. 2016年 7月 30日

スポンサーリンク

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP