ボクシング速報 | BOXING情報ナビ!

元プロボクサーの管理人が綴る、ボクシングの情報ナビ!ボクシングニュースを詳しくいち早く速報でお届け!

未分類

加納陸VS高山勝成 国内最年少世界チャンピオンなるか!?

更新日:



加納陸VS高山勝成 テレビは実況中継・テレビ大阪。国内最年少世界チャンピオンなるか!? ボクシング~最強のチャンピオン~
加納陸という名前のボクサーをご存知でしょうか。
2016年8月20日にあの世界主要4タイトルを獲得したボクシング界のレジェンド、高山勝成選手と王座決定戦を行う選手です。実はこの加納陸はまだ未成年の18歳!! しかしその若さにしてすでに実績は十分!2014年12月にWBAアジア・ミニマム級王座決定戦で勝利し、アジア王者にも輝いております。海外での加納陸選手の戦績は7戦5勝3KO 1敗1分。今回はそんな加納陸の戦績・グラビアアイドルの姉・白血病でなくなったライバルの服部海斗選手の話し、プロフィールをwiki的にご紹介していきます。

加納陸も井上尚弥選手や田中恒成選手のように幼少時代からボクシングをしており、キッズボクシングの出身です。

加納陸選手は兵庫県川西市出身で、身長は159cmでサウスポーのボクサーファイター型です。

スポンサーリンク



小学6年生の時に「U-15」(15歳以下)の全国大会37.5kg級に
出場し、準優勝を果たしています。

これをきっかけに ボクシングを本格的に始め、中学は「川西市立東谷中学校」に進学し2年生の時には「大成ジム」に通い始めます。

そして、日々の練習の成果を発揮し、中学3年生の時に「U-15」全国大会47.5kgで見事に優勝します。 小学6年生のとき、優勝できなかったリベンジを果たします。

中学卒業後、加納選手は引越し屋でアルバイトをしながらボクサーとしての道を歩むことになります。
そして、フィリピン、タイなどアジア各国でボクシングの武者修行にもでます。

亀田三兄弟辰吉丈一郎選手。そして辰吉寿以輝選手なども高校に行かずにボクシングの道に進んでますよね。

僕個人の意見としては、高校ボクシングは経験しておいたほうがいいと思うんですけどね。。
高校のボクシングは決してレベル低くはありません。 名門と呼ばれる高校の練習は激しく、全国大会トップレベルの選手はプロでもランカークラスの選手も少なくありません。

そしてプロよりもアマチュアは沢山試合をこなせます。
高校でもトップクラスは在学中に50戦以上のキャリアを積めます。

僕がもし子供にボクシングをやらせるならば高校ボクシングは経験させますけどね。。

っと、ちょっと脱線しましたので話を戻しますね。

日本でのプロテストの受験は17歳以上にならないと出来ません。
なので加納陸選手はタイでプロデビューを果たし、16歳の若さでプロのリングに立っています。

そして、2013年12月にタイのバンコクでプロデビューしています。

デビュー戦はいきなりの判定負けとなってしまいましたがこれは左手親指付け根の
骨折が影響してしまったそうです。

スポンサーリンク



加納陸・17才でWBAアジア・ミニマム級王座獲得

加納陸選手はデビュー戦では敗れますが、その後は連勝を重ね、2014年12月には「WBAアジア・ミニマム級王座決定戦」がタイの バンコクで行われ3-0のフルマークでの判定勝ちをします。

国内でのデビュー戦より前の17歳の若さにして「アジアチャンピオン」という
信じられない結果を残してみせました!

海外での戦績は7戦5勝3KO 1敗1分。という結果を残します。
つまり勝つのは難しいといわれる海外のリングで、敗北はデビュー戦での1戦のみということになります。

2015年に入ってからプロテストに合格し6月には国内デビュー戦を
抜群の左ストレートでKO勝ちを果たします。

加納陸のファイトマネー

加納陸のファイトマネーはすでに日本チャンピオン以上です。
ボクサーのファイトマネーは安いです。

4回戦デビューの場合6万円とよく漫画などでは書いてありますが、実際は手取りで3万円円ほどしかもらえてない事が多いと思います。

ちなみに僕がプロデビューしたときは27000円でしたね笑

ある地方のジムの友達は、負けたことを理由に1円ももらえませんでした。
勝ち負けは関係ないはずのに・・・。

これは所属するジムによっても大きく違います。

同じ仕事をしてももらえる金額は雲泥の差が出ます。
だから真剣にボクシングをやるならばジム選びって大事なんですよね。。

まぁ、基本的にボクサーのファイトマネーはその人気度や期待度も大きく
関わってきます。

加納陸選手の日本でビューのファイトマネーは500万円だったそうです。

ちなみに僕が所属していたジムでは日本チャンピオンになると1試合80万円ほどでした。

ボクシングだけで食べていける選手が少ないという事実もこの話しをすればわかってもらえるんじゃないでしょうか。
そして、この加納陸選手が日本でのデビュー戦で17歳にしてどれほどすさまじい額のファイトマネーをもらったかということも・・・。

それほどの実力があり将来性のある選手と判断されているんですね。

加納陸VS高山勝成 国内最年少世界チャンピオン

8月20日の高山勝成選手との試合にはある記録がかかっています。
それは「国内最年少世界王者記録更新」です。

現在の記録は現WBA世界フライ級チャンピオンの井岡一翔選手の叔父であり、現井岡ジムの会長『井岡弘樹』さんが1987年に達成した18歳9カ月10日です。

スポンサーリンク



今回の8月20日にタイトルを獲得すれば18歳9ヶ月4日でのタイトル獲得となりその記録を6日間更新することになります。

ただ、対戦相手の高山勝成選手はこれまでミニマム級で主要4団体すべてを制してきたボクシング界のレジェンドです。

若い加納陸選手の勢いと、ベテランボクサー高山勝成選手の意地のぶつかり合いとなります。

加納陸のライバル・服部海斗

加納陸選手にはライバルがいました。同い年の服部海斗選手。
加納陸選手が小学6年生で全国大会2位だったのに対し服部海斗選手は小学6年生で全国優勝を果たします。

加納陸選手と同じく高校には進学せず、同じジムで共に練習しておりました。
しかし、2014年1月、体に異変を感じ、告げられた病名は白血病でした。

父親の骨髄を移植し、抗がん剤治療を繰り返しますが病魔には勝てず17歳の若さで亡くなりました。

加納陸選手の姉・加納葉月さん

加納陸選手にはお姉さんがおり、実はそのお姉さんはグラビアアイドルの加納葉月さんです。

加納葉月

すごいかわいらしいルックスですね。
幼少時代から子役として活躍しており、現在は「ジェンコ・エージェンシー」に所属しており「桜丘ショコラ」の第二期メンバーとして活躍しているそうです。

姉はアイドル。弟はボクシングのチャンピオン。すごい姉弟ですね。

今日は期待の新星加納陸選手のご紹介でした。

加納陸選手は

サビーリョに勝って、やっと高山さんと試合ができるところまでこぎつけた。15歳のときにスパーリングに呼んでもらってグローブを合わせたことがあり、あこがれの相手でリスペクトしていますが、おれが勝って世代交代です

と力強いコメントを残しています。

高山勝成選手としても今回が日本人選手最多となる世界戦16試合目で、勝てば4度目の世界王者返り咲きとなります。

高山勝成選手にも記録更新がかかる一戦です。

昨年の大みそかの試合後は目の上の負傷の治療に専念してきた。しっかりコンディションを整えて試合に臨みます。アジアとワールドクラスの差を見せつけたいし、自分の新たな歴史を作っていきます

と余裕の表情でコメントを残しています。

若い加納陸選手とベテラン高山勝成選手の一戦が楽しみです。

井上尚弥VSローマンゴンザレス | ボクシング界史上最大のイベント!!


-未分類

Copyright© ボクシング速報 | BOXING情報ナビ! , 2017 AllRights Reserved.