別府優樹が挑戦状 | タイトル奪取を目指す九州のタイソン!



別府優樹が挑戦状 | タイトル奪取を目指す九州のタイソン! 日本ウェルター級チャンピオン,有川稔男!!

別府優樹(久留米櫛間)は日本ウェルター級チャンピオン有川稔男に対し挑戦状を出しました。

別府優樹は2012年10月にプロデビューして以来13連続KO中で、1985年・約30年前に後のスーパーライト級世界チャンピオンである浜田剛史さんが打ち立てて、いまだ破られていない日本ボクシング界の記録、「15連続KO」にあと2つにまで迫っていました。

「KO記録の更新」が目標と何度も口にしており、外国人ボクサー相手に更新すると公言していた別府優樹選手がついに日本チャンピオンに挑戦状を出しました。
別府優樹選手は2012年にデビューして現在まで13戦13勝(13ko)というパーフェクトレコードを誇り、浜田剛史さんが打ち立てた15連続KO記録に迫っている九州のホープです。 

8戦目に全日本新人王も獲得してそれ以降1年半で5戦5勝(5KO)という素晴らしい戦績を残しているのになぜかランキングは上がらずいまだウェルター級日本ランキング7位です。

その理由としては、この5戦は全て外国人ボクサー相手の試合だったのです。
外国人が相手では実力は測れないということで評価されなかったんでしょう。

プロボクシングの世界で日本人がタイトルマッチ以外で外国人を倒しても評価はされません。

スポンサーリンク



そのことに関しては以前の別府優樹選手についての記事に書いていますのでこちらをご参照ください。

別府優樹 13連続KO勝利! KO記録更新!? | ボクシング界の闇

https://bokubokusaaa.rev1028.red/2016/04/19/%e4%ba%80%e7%94%b0%e8%88%88%e6%af%85%e3%81%af%e5%bc%b1%e3%81%84-%e5%af%be%e6%88%a6%e7%9b%b8%e6%89%8b%e3%81%af%e3%82%bf%e3%82%a4%e4%ba%ba%e3%83%9c%e3%82%af%e3%82%b5%e3%83%bc%ef%bc%81/

別府優樹の所属ジム、久留米櫛間ジムの櫛間昭会長は最新の6月末の試合のあと、

あくまで日本タイトルが目標だが記録更新の16まではタイトル挑戦前にいきます!

と記録更新を優先すると、そして相手は外国人相手を宣言していました。

さらに、

14度目は地元久留米で10月に、15は来年1月で東京。16の新記録は久留米で来年!

と具体的なプランまで明かしていました。
それなのに今回は急な方向転換はなぜでしょうか。。

やはり、浜田剛史さんが成し遂げた記録の更新が近づくにつれて周りが騒ぎ出したからじゃないでしょうか。

僕以外にも有名なボクシングブロガーさんが非難しているのみたことあるし(笑)

やはりこの記録は外国人選手相手の八百長試合みたいなもので破っていい記録ではないですからね。。

今回のこの挑戦状は外国人選手相手にKO記録を作っても意味がないので誰にも文句を言われない形で記録を更新したいという意思表示だと思います

そういえば近年この浜田剛史さんの15連続KO記録に挑んだ金井晶聡と牛若丸あきべぇもずっとタイ人との対戦でKO記録を伸ばしていても、記録のかかった試合ではタイトルマッチを行っています。

金井晶聡選手は当時の日本フェザー級チャンピオン榎洋之に挑み7ラウンドTKOで、牛若丸あきべぇは日本タイトル5階級制覇をするチャンピオン、湯場忠志(都城レオS)への挑戦に失敗しています。

長いボクシングファンの方ならご存知だと思いますけど、榎洋之も湯場忠志も世界には届かなかったものの日本チャンピオンとしては間違いなく一流のチャンピオンですよね。

これは、この相手を倒してKO記録を更新したんだ!!文句は言わせない!!というプライドの表れだと思います。

久留米櫛間ジムの会長が宣言していた、外国人相手に記録を作るなんてそれはボクシングを冒涜しているとしか言えません。

追記:結局14戦目はタイ人と試合をして1ラウンドKOで試合はおわりました

次戦はいよいよ15戦目。
日本人と試合をしてもらいたいものです。

有川稔男 | 日本ウェルター級チャンピオンで別府優樹のターゲット!

さて、別府優樹選手がターゲットとしている日本チャンピオン、有川稔男とはどういうチャンピオンでしょうか。

スポンサーリンク




まだ2016年4月28日にチャンピオンになったばかりで、川島ジムで初めてのチャンピオンになった選手です! 戦績は17戦13勝(11KO)4敗とKO率80%を超えるハードパンチャーです!

1985年1月4日生まれの30歳。
チャンピオンにまでなる人間としてはかなり珍しいデビュー戦でいきなり1ラウンドKO敗けを喫し、5戦目にも金子ジムの藤中周作に1ラウンドKO敗けをしています。

勝利も、敗北の挫折も味わいながらチャンピオンにまで上り詰めた選手ですね。

獲得タイトルとしては現座保持している日本ウェルター級チャンピオンの他に、2015年度の最強後楽園ウェルター級優勝の実績もあります。

さきほど連続KO記録の話で出てきた渡辺あきのり選手を、6ラウンドTKOでくだしての優勝を果たし、MVPも獲得しています。

所属ジムである川島ジムの川島会長は有川を「変わり者」といいます。

最終学歴はなんと東大を中退しています。

1浪して東大文科3類に入学したが「ここに自分の場所はない」と2年で中退したそうです。趣味は読書だとか・・・。ボクサーにはなかなか珍しいタイプですね。

次に選んだのは陸上自衛隊レンジャー部隊で、これにも合格したそうです。

しかし、入隊前に体を鍛えようとボクシングジムに入門すると「これだ」と方向転換したそうです。

それからみるみる頭角をあらわし、今では川島ジム初の日本チャンピオンになっています。ボクシングに経歴は関係ないけれど、異色には違いないですよね。

13勝(11ko)という戦績が示す通りのハードパンチャーで、4度も右手を骨折し、今回も2度の手術もしているそうです。

タイトルマッチ後

勝って王者になるのは当たり前。KOと骨折しない2つが目標だった

と語っていたそうです。が、中盤でまた折ってしまった。右の鼓膜も破れ、8回には右手をついたがスリップダウンの判断にも救われています。

まさに死闘を制してのタイトル獲得を果たしています、

有川稔男VS別府優樹 | いつやるのか!?

ボクシングの試合はたとえ両選手がやりたいといったからと言ってすぐに試合を行うことはできません。お互いのジムとジムの話し合いが必要だからです。

どちらのジムが主催する試合にするのか、会場やファイトマネーなど、様々な取り決めごとがあります。 それではこの有川稔男VS別府優樹の試合はいつ行われることになるでしょうか!

別府優樹選手が対戦を希望したからといってチャンピオンが受けなければいけない義務はありません。

スポンサーリンク



チャンピオンにもスケジュールがあるし、挑戦したい選手は沢山います。

っというか、日本ランカーはおろか、日本人のA級ボクサーともまともに試合をしたことがない別府が挑戦状をだしても相手にされないでしょう。

別府は戦績はパーフェクトですが、ランキングが低いです。

それは、外国人としか試合をしていないため、実力が計りにくいので、ランキングに反映されないためです。

つまり、、チャンピオンの立場で考えると、ランキングは低く、得るものがないにもかかわらず、戦績は14戦14勝(14ko)というパーフェクトレコード。

「勝ってもメリットがないのに100%のKO率の危険な相手」

ということになります。  まぁ、やりたくないですよね(笑)

チャンピオンになると歴史に名前が残るし、知名度も違います。

試合報酬のファイトマネーも全く違うでしょう。

相場として、日本ランカーでは15~30万円程度だったものが、日本タイトルを獲ると100万近くまで跳ね上がります。

もちろんこれはジムによって全く違ってくるんでしょうけど、でもどこのジムであってもランカーとははっきりと違いがあるのは間違いないでしょう。

別府優樹選手としては15戦目もしくは記録の塗り替えが行われる16戦目で挑むのがベストでしょう。

しかし、チャンピオンの有川選手にも予定があります。

所属ジムの川島会長は

次は大川康弘君との再戦、その後がカーニバルです。有川のためにも負けている相手に勝つのが先決と思い試合を決めてきました。 (別府の)記録のことは考える余裕もなかった。1位になり、指名挑戦者だったら嫌でも対戦します。

とコメントしているそうです。
ちょっと、乗り気の発言とは取りづらいですよね。。

乗り気ではない以上別府優樹選手に残された道はランキングを1位まであげて指名挑戦者として対戦するしかないのではないでしょうか。

そのためにはもう外国人との試合はやめて、日本人のランカーと対戦してほしいですね。

それに有川はウェルター級のチャンピオンになったばかりの選手です。

普通に考えて、たとえ対戦相手が外国人相手ばかりとはいえ、日本のKO記録を塗り替えようとしている選手とやりたがるとは思えません。

久留米櫛間の別府陣営はそれをみこしての挑戦状の可能性もありますね。。

別府選手の対戦相手が外国人ばかりで評価のできない試合しかしていないということは、僕だけでなく他のブロガーさんも書いてるし、ボクシングビートというボクシングの専門誌にも堂々と書かれています。

別府の日本ランキングは7位と以外にも低い。これは噛ませのタイを筆頭とした来日外国人をあっけなく倒したところで、かえって実力が測りにくいとランキングに反映されないからである

ボクシング専門誌 ボクシングビート92ページ参照

こういった声をおさえるための挑戦状の可能性もありますね。。

もう外国人はやめて日本人と試合をするべきです。

次の試合は14戦目。デビューから14連続KOは姫路木下ジムの金井晶聡と並ぶ日本タイ記録です。

ここから先は、外国人選手相手にKOして、「作った記録」で踏み込んでいい場所ではありません。

10月に地元で試合をするらしいですけど、この試合では日本ランカーと試合をして、この記事のような面白くない野次を見返す別府優樹選手の姿を期待します。

15戦目は現役日本ランカーのチャールズ・ベラミーとの対戦に決まりました。

別府優樹VSチャールズ・ベラミー | 連続KO記録前の勝負の一戦!

別府優樹選手の今後に注目したいと思います。

別府優樹 13連続KO勝利! KO記録更新!? | ボクシング界の闇

https://bokubokusaaa.rev1028.red/2016/04/19/%e4%ba%80%e7%94%b0%e8%88%88%e6%af%85%e3%81%af%e5%bc%b1%e3%81%84-%e5%af%be%e6%88%a6%e7%9b%b8%e6%89%8b%e3%81%af%e3%82%bf%e3%82%a4%e4%ba%ba%e3%83%9c%e3%82%af%e3%82%b5%e3%83%bc%ef%bc%81/

スポンサーリンク





アムナット・ルエンロン | ボクシングで恩赦を受けた男

田口良一 | イケメンチャンピオンの戦績や試合情報!

関連記事

  1. 別府優樹 13連続KO勝利! KO記録更新!? | ボクシング界…

    別府優樹 13連続KO勝利! 連続KO記録更新か!? | 日本ボクシング界の闇の部分別府優樹…

  2. ボクシング 別府優樹デビューから連続KOタイ記録樹立!! | 次…

    ボクシング 「九州のタイソン」別府優樹デビューから連続KOタイ記録樹立!! | 次戦もタイ人か!…

  3. ボクシング 階級 ウェルター級 | 日本人未到の階級

    ボクシング 階級 ウェルター級 | 日本人未到の階級ウェルター級のウェイト(体重)は140-…

  4. 別府優樹デビューから14連続KOで記録確定!? | 日本タイ記録…

    別府優樹デビューから14連続KOで記録確定!? | 日本タイ記録となり歴史に名を残す。ボクシ…

  5. 別府優樹VSチャールズ・ベラミー | 連続KO記録前の勝負の一戦…

    ボクシング・別府優樹VSチャールズ・ベラミー | 連続KO記録前の勝負の一戦!九州のタイソン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP