田口良一VS宮崎亮 試合後両者のコメント



田口良一VS宮崎亮 試合後両者のコメント
ボクシングダブル世界タイトルマッチ,田口良一VS宮崎亮 河野公平VSルイスコンセプションが2016年8月31日に行われました。
チャンピオン田口が3-0に判定勝ちという形で死闘の幕を閉じました。

試合を終え両者がどのようなコメントを残していたをご紹介します。
2016年8月31日、東京大田区総合体育館にてWBA世界ライトフライ級チャンピオン田口良一は挑戦者同級1位の宮崎亮を迎えて4度目の防衛戦を行います。
これまで行った3回すべての防衛戦をKO勝利している田口がそのKO記録を更新して防衛を果たすのか、それとも宮崎がミニマム級に引き続き2階級制覇を成し遂げるのか注目が集まりました。

スポンサーリンク



試合は田口の繰り出す左が序盤から冴えわたり、宮崎の攻撃をしっかり遮断します。終盤まで結局そのまま主導権を渡さず3人のジャッジが全員田口にポイントをつけるユナニマスデシジョンで、田口は最大10ポイント離す完全勝利で死闘の幕は閉じました。

田口良一はチャンピオンになってこれまで3度の防衛を全てKO防衛を果たし、この試合も結果ワンサイドの完全勝利。

本当に強いチャンピオンだと思います。

チャンピオン・田口良一のコメント。

ジャブが効果的に当てられた。そこに相手がカウンターを合わせてきたが、フェイントを織り交ぜたらうまくいった。インターバル中のアドバイスを毎回聞いて、そのとおりに戦ったら結果がついてきた。河野さんが負けた時に危機感は覚えたが、リングに上がったところで”自分は自分”と開き直った。挑発をされても自分は気持ちで負けていないと思っていたので不安はなかった。ジムにチャンピオンは自分ひとりになったとは思っていない。内山さんが帰ってくると信じているんで

挑戦者・宮崎亮のコメント

この結果は相手がどうこうじゃなく、単に実力を出せなかった自分のせい。攻めきれなかった自分にムカついてます。大阪から応援に来てくれた方に申し訳ない。これから反省して今後のことを考えます

前WBA世界ミニマム級王者であり、田口戦の実現を希望している田中恒成のコメント

田口選手はいつも通りの攻撃に加えてバックステップや足で外す強さと上手さを兼ね備えていた。最初からペースを掴んでどんどんリズムに乗ったのに対し、宮崎選手は思ったより攻めていけなかったのではないか。宮崎選手の速いジャブによく反応してバックステップで外していた。もし、自分が戦うとしたら噛み合うと思う

スポンサーリンク



宮崎亮戦も終え、チャンピオンの義務も一つ果たした田口、現在負傷中で療養している八重樫東。そしてミニマム級から新たなライトフライ級という戦場に来た田中恒成。

これからもライトフライ級に注目していきたいと思います。


内山高志現役続行 | 負けたまま終われない

井上尚弥 3度目の防衛戦調印式 | 内容を問われる一戦

関連記事

  1. 田口良一王座防衛 | 難敵宮崎亮を破り4度目の防衛に成功!!

    田口良一王座防衛 | 難敵宮崎亮を破り4度目の防衛に成功!! 8月31日ダブル世界タイトルマッチ…

  2. 田口良一VSミラン・メリンド | 年末・大晦日の世界タイトル統一…

    ボクシング 田口良一VSミラン・メリンド | 年末・大晦日の世界タイトル統一戦!2017年年…

  3. 田中恒成VS田口良一 | ライトフライ級王座統一戦~最強を決める…

    田中恒成VS田口良一 | ライトフライ級王座統一戦~最強を決める戦い~ボクシング・ライトフラ…

  4. 田口良一 | イケメンチャンピオンの戦績や試合情報!

    だ29田口良一 | イケメンチャンピオンの戦績や試合情報! 田口良一VS宮崎亮ボクシングWB…

  5. ボクシング 階級 ライトフライ級 | ウェイト(体重)・身長・チ…

    ボクシング 階級 ライトフライ級 | ウェイト(体重)・身長・チャンピオンプロボクシングでの…

  6. 田口良一VSカルロス・カニサレス | 大晦日に最強の挑戦者を迎え…

    田口良一VSカルロス・カニサレス | 大晦日に最強の挑戦者を迎える5度目の防衛戦ボクシングW…

  7. ボクシング速報! 田口良一VSヘッキーブドラー | 史上初の統一…

    ボクシング速報! 田口良一VSヘッキーブドラー | 史上初の統一王座防衛戦!2018年5月2…

  8. ボクシング チャンピオン一覧(日本のジム所属)

    ボクシング 現役世界チャンピオン(日本のジム所属)日本ボクシングコミッション(JBC)が世界…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP