井上浩樹 | ボクシング界最強遺伝子”井上”の最終兵器


1
井上浩樹 | ボクシング界最強遺伝子”井上”の最終兵器 井上浩樹のwiki的プロフィール
最強のチャンピオン井上尚弥と井上拓真の従弟にして、アマチュア5冠という驚異のアマチュアキャリアを誇る井上浩樹。
2015年12月29日にプロデビューを果たし、すでに4戦4勝(3KO)という戦績を上げています。9月4日の井上尚弥の防衛戦には前座として出場する、井上浩樹をご紹介します。

井上浩樹が大橋ジムからデビューする。。
いまやボクシングファンの方ならば「井上」と「大橋ジム」が結び付けばあの井上尚弥井上拓真の兄弟が思いつくのではないでしょうか。

この井上浩樹はあの最強の井上兄弟の従弟に当たります。

スポンサーリンク



ちなみに井上尚弥・拓真兄弟の父の真吾(しんご)さんのお兄さんである雄一(ゆういち)さんの息子だそうです。

そしてこの井上浩樹は、あの井上兄弟にも決して劣らないアマチュア実績を積み重ねてきています。

井上浩樹のアマチュア実績

井上浩樹は高校時代に高校3冠を達成し、2015年秋に開催された和歌山国体もライトウェルター級で制覇しています。アマチュア最終戦績 130戦112勝(60KO・RSC)18敗。
素晴らしい戦績です。

井上尚弥の75勝6敗 井上拓真の52勝5敗 という井上兄弟のアマ戦績と比べても、後半大学アマチュアでの試合も経験している分決して劣ってはいないのではないでしょうか。

井上浩樹 wiki的プロフィール

名前:井上浩樹
出身地:神奈川県座間市
生年月日:1992年5月14日
身長:178cm
出身高校:神奈川県立相模原青陵高校
大学:拓殖大学中退
階級:スーパーライト級

井上浩樹のボクシングスタイル

井上尚弥・拓真の兄弟と浩樹の最も大きな違いとなるのは、浩樹がサウスポーであるということです。

そして大きな体でガッシリとした体格ですが、井上兄弟のような攻撃的なボクシングスタイルというより、リーチの長さとボクシングのテクニックを重視したアウトボクシングを得意としています。

井上浩樹のプロデビュー後

井上浩樹は井上尚弥・拓真兄弟を追いかけるように2015年12月29日にプロデビューを果たしています。

スポンサーリンク



相手はインドネシア人ですね。

アマチュアエリートである井上浩樹のデビュー戦ということで注目が集まりますが、その中でも序盤から積極的に仕掛けていきます。

顔面からのボディへの連携がきれいにはいり早々から圧倒し、わずか164秒で試合を終わらせます。
その間2度のダウンを奪い、最終的には座り込んだままのカウントダウンです。

試合後、

しっかり倒せたので良かった。世界の頂点を目指してやっていく

とコメントを残しています。

スポンサーリンク



2戦目もタイ人相手にわずか55秒でKOで飾り2連続1ラウンドKO勝ち。

3戦目も井上尚弥の試合の前座でタイ人相手に179秒でKOし、3連続1ラウンドKOと圧倒的な力を見せつけます。

ここまでは楽な試合だったかもしれません。
しかし4戦目ついに試練が訪れます。

2016年6月26日、韓国ソウルでの試合を行います。
プロ入り初の海外遠征です。

基本日本のプロボクサーは海外では試合を行いません。
海外に行くと日本と違い判定で不利になるということも少なくないからです。

最近だと同じスーパーライト級の第一人者である小原佳太が海外の洗礼を浴びて勝ってる試合を引き分けにされましたね。。

こういうアマチュアのホープは大切に育てるのが普通なんですが、こういった試練を課す厳しいマッチメイクが大橋ジムの現在の強さを作り上げた力の源なんでしょうか。

そういった試練にも井上浩樹は生き残ります。

この試合はKOとはいきませんでしたけど、3-0の明確な判定勝ちで勝利をおさめています。

そしてプロ5戦目が2016年9月4日。井上尚弥の前座で行われます。

この試合は井上尚弥の世界タイトル防衛はもちろん、井上拓真の世界前哨戦・ロンドンオリンピック銅メダリストの清水聡のデビュー戦・そしてこの井上浩樹の5戦目と前座が前座ではない、見ごたえのある試合になっています。

いよいよ明日に迫ったこの試合を楽しみにしたいと思います。

井上浩樹 5戦目は2RTKO勝ち | プロ戦績11倍のキャリアの相手も寄せ付けず

 
ボクシングフェス・井上尚弥V3戦 のアンダーカードで井上尚弥の従弟・井上浩樹が出場。

アマチュア5冠からプロ入り5戦目のこのリングで、プロ戦績46戦(22勝22敗2分)を誇る ヘリ アンドリヤント(インドネシア)相手に2ラウンド1分20秒でTKO勝ちを果たしました。

井上浩樹はプロとしてはまだ5戦目とはいえ、アマチュア戦績130戦112勝(60KO・RSC)18敗という戦績に加え、アマチュアタイトルを5回も獲得し、アマチュア5冠という実績があります。

46戦を誇る大ベテランとはいえ、勝ち負けが半分半分の選手には荷が重かったようですね。

スポンサーリンク



1ラウンド目、井上浩樹はサウスポースタイルから右ジャブをつき、ボディと顔面へ打ち分けてペースをつかみます。

2ラウンド目には右アッパーから左さらに右フックでダウンを奪います。
ヘリ アンドリヤントは立ち上がるものの目を押さえ続行ができない様子。 そのまま井上浩樹のTKO勝ちという結果に終わりました。

インタビューでは

中盤で狙っていこうと思っていたがこういう結果になってしまった。

と物足りない様子で応えました。

やはり50戦近いキャリアはありましたけど、勝ち負けが変わらない程度の選手ではアマチュア5冠のホープの相手としては物足りなかったようですね。

前回は韓国人と敵地での対戦などハードな試合をこなした直後だったので、このような調整試合はちょうどよかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク





井上尚弥の才能 | ボクシングの才能について

ボクシングフェス9・4~井上尚弥 世界タイトルV3戦~

関連記事

  1. 井上尚弥の拳は弱い | ハードパンチャーの宿命 写真 画像あり。…

    井上尚弥の拳は弱い | ハードパンチャーの宿命 写真 画像あり。井上尚弥vsデビットカルモナ…

  2. 井上尚弥の強さ | ボクシング界最強のチャンピオンになる男

    井上尚弥 強い・強すぎる!! | ボクシング界最強のチャンピオンになる男ボクシング界最強の…

  3. 井上尚弥 河野を6ラウンドでKO! | 圧倒的なパンチ力!

    ボクシング井上尚弥 河野を6ラウンドでKO! | 圧倒的なパンチ力!WBO世界スーパーフライ…

  4. ボクシング 井上尚弥・亀田興毅・井岡一翔 | 能力比較

    井上尚弥・亀田興毅・井岡一翔 | 能力比較ボクシング界の様々な記録を更新してきた井上尚弥・亀田興…

  5. エストラーダ完全復帰! | スーパーフライ級に宣戦布告!!

    エストラーダ完全復帰! | スーパーフライ級に宣戦布告!! 井上尚弥・ローマンゴンザレス・コンセ…

  6. 井上尚弥 ボクシングの本場アメリカデビュー決定 | 最強ボクサー…

    井上尚弥 ボクシングの本場アメリカデビュー決定 | 最強ボクサー井上伝説の始まり井上尚弥のア…

  7. マニーパッキャオ、東京にジム設立 | パッキャオジム・トーキョー…

    マニーパッキャオ、東京にジム設立 | パッキャオジム・トーキョージャパンボクシング界の生ける…

  8. 井上尚弥VS河野公平 ~年末の4度目の防衛戦は日本人対決に決定!…

    井上尚弥VS河野公平 井上尚弥の次戦、年末の4度目の防衛戦は日本人対決に決定!!年末に行われ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP