ボクシング速報 | BOXING情報ナビ!

元プロボクサーの管理人が綴る、ボクシングの情報ナビ!ボクシングニュースを詳しくいち早く速報でお届け!

井上浩樹 井上尚弥 | ボクシング界最強のチャンピオン

井上浩樹 2RTKO勝ち | プロ戦績11倍のキャリアの相手も寄せ付けず

更新日:



井上浩樹 2RTKO勝ち | プロ戦績11倍のキャリアの相手も寄せ付けず 
ボクシングフェス・井上尚弥V3戦 のアンダーカードで井上尚弥の従弟・井上浩樹が出場。
アマチュア5冠からプロ入り5戦目のこのリングで、プロ戦績46戦(22勝22敗2分)を誇る ヘリ アンドリヤント(インドネシア)相手に2ラウンド1分20秒でTKO勝ちを果たしました。

井上浩樹はプロとしてはまだ5戦目とはいえ、アマチュア戦績130戦112勝(60KO・RSC)18敗という戦績に加え、アマチュアタイトルを5回も獲得し、アマチュア5冠という実績があります。
46戦を誇る大ベテランとはいえ、勝ち負けが半分半分の選手には荷が重かったようですね。

スポンサーリンク



1ラウンド目、井上浩樹はサウスポースタイルから右ジャブをつき、ボディと顔面へ打ち分けてペースをつかみます。

2ラウンド目には右アッパーから左さらに右フックでダウンを奪います。
ヘリ アンドリヤントは立ち上がるものの目を押さえ続行ができない様子。 そのまま井上浩樹のTKO勝ちという結果に終わりました。

インタビューでは

中盤で狙っていこうと思っていたがこういう結果になってしまった。

と物足りない様子で応えました。

やはり50戦近いキャリアはありましたけど、勝ち負けが変わらない程度の選手ではアマチュア5冠のホープの相手としては物足りなかったようですね。

前回は韓国人と敵地での対戦などハードな試合をこなした直後だったので、このような調整試合はちょうどよかったのではないでしょうか。

それではついにこの後、井上拓真・清水聡・メインの井上尚弥の登場です!!

井上浩樹 | ボクシング界最強遺伝子”井上”の最終兵器

井上拓真vsフローイラン・サルダール | ボクシング・井上拓真 勝負の時!

清水聡プロテスト合格! デビュー戦は韓国チャンピオン!!

https://bokubokusaaa.rev1028.red/2016/07/18/%e4%ba%95%e4%b8%8a%e5%b0%9a%e5%bc%a5-%e6%ac%a1%e6%88%a6%e3%83%bb%e6%9c%80%e6%96%b0%e6%83%85%e5%a0%b1-%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b4/

スポンサーリンク




-井上浩樹, 井上尚弥 | ボクシング界最強のチャンピオン

Copyright© ボクシング速報 | BOXING情報ナビ! , 2017 AllRights Reserved.