ボクシング 井上尚弥VSジェイミー・マクドネル | 井上 次戦を速報で紹介!



井上尚弥 年末・12月30日の速報 | V7戦の挑戦者はヨアン・ボワイヨ!

井上尚弥の次戦は年末・12月30日の7度目の防衛戦! 挑戦者はWBOスーパーフライ級7位のヨアン・ボワイヨ。
会場は横浜文化体育館!
テレビ情報:フジテレビ系列で全国中継!
井上尚弥 戦績:14戦14勝(12KO)
ヨアン・ボワイヨ 戦績:46戦41勝(26KO)4敗1無効試合
結果や最新情報を速報でご紹介!

井上尚弥のv7戦が決定しました!

対戦相手はヨアン・ボワイヨ。 
WBOスーパーフライ級7位にランクされる選手で、戦績は46戦41勝(26KO)4敗1無効試合です。

今回の挑戦者であるヨワン・ボワイヨは現在全階級通して最強を示す、パウンドフォーパウンドのランキングにも顔を出し、日本ボクシング史上最強との呼び声が高い、井上尚弥の驚異となるだけの力があるのでしょうか。

パウンドフォーパウンドランキング | 階級を越えた世界最強のボクサー

井上尚弥 年末・12月30日の防衛戦

目次

スポンサーリンク



12月30日・年末の挑戦者・ヨワンボワイヨの戦歴

ヨワン・ボワイヨ。フランス出身の29歳。

戦績が46戦41勝(26KO)4敗1無効試合。

この4敗1無効試合はキャリア前半についたもので、現在31連勝中という勢いに乗っている選手です。

元フランスバンタム級チャンピオンに就いていた実績もあり、タイプは右のボクサータイプ。

ボクサータイプとは距離をとり、アウトボクシングを得意とするタイプです。

現在WBOスーパーフライ級7位というランキングでこのタイトル挑戦のチャンスをつかみました。

戦績は46戦41勝(26KO)4敗1無効試合。
プロで46戦もしているということは井上尚弥の3倍以上のキャリアがあります。

しかし、ボクシングの試合は戦績ではわかりません。

実際このヨワン・ボワイヨですが、最近の5戦は6回戦を行っており、キャリアを見渡しても有力な選手との対戦経験はなく、数字だけが先行しているようです。

世界的に注目されている井上尚弥の対戦相手として正直物足りない相手であることは間違いなく、世界タイトルの防衛戦とはいえ、井上尚弥にとっては毎年恒例の年末だから行う試合・来年2018年2月24日に行われるSuperfly2の興行に出場するための調整試合のような印象ではないでしょうか。

Superfly2では
IBFスーパーフライ級チャンピオンのジェルウィン(ヘルウィン)アンカハスとの王座統一戦の交渉が行われているようです。

追記:アンカハスとの試合は完全に消滅。 統一戦を行う可能性がなくなり、井上は次のバンタム級転向することを表明しました。


年末・12月30日の試合前インタビュー | 井上尚弥らしい試合を!

2017年の年末・12月30日に7度目の防衛戦を控える井上尚弥。
30連勝中のヨワン・ボワイヨを相手に「井上尚弥らしい試合をする」と語ります。

前回2017年に行ったアメリカでの試合では挑戦者であるアントニオ・ニエベスから序盤から完全にペースを握り終始圧倒しました。

日本のモンスター井上を相手に挑戦者は敗北を認めて6ラウンド終了後にギブアップを宣告し完全勝利!

すでに12月30日の試合後には2月24日のsuperfy2も控えている井上の今後の展望についてインタビューが行われました。

年末の試合のあと2月24日の試合が控えていることについて

怪我無く終えたら両方出ます。
ボクシングの試合はケガを負うリスクがつきまとうので、12月30日の試合次第です。

アメリカでの次戦が決まっているとモチベーションが保てます。

アメリカのリングに上がるのは1年に1度くらいといっていましたがその後の気持ちの変化は?

減量もあり、アメリカの試合では試合ごとにメディカルチェックがあるので年に3回試合を行うのは厳しいです。
もちろんオファーがあれば出たいと思いますが、特に年に一度というこだわりはありません。

年末・12月30日に戦うヨワン・ボワイヨの印象は?

映像を見た限りではタイミングが難しそうな感じ。
なかなかないタイミングで踏み込んできたりということはありますが、パンチが大きくなったりという隙もあるのでそういった弱点を突いていきたいです。

いつも通り早いラウンドでのKOを狙いますか?

2月の試合もあるので怪我無く試合を終わらせるためにも早いラウンドでのKOは課題に挙げています。

これからどういう対戦相手との試合をしてみたいですか?

これまでスピードのある選手と試合をしたことがないのでスピードのある選手と試合をしてみたいです。

毎年恒例となった12月30日と大晦日の年末の試合。
井岡一翔選手・内山高志選手も今年は出ないなか、連続出場となったのは井上尚弥選手と田口良一選手だけになりましたがどのような試合をみせたいですか?

年末の次戦はとにかく一方的に勝ちます。


公開練習・バンタム級への転向!

2017年年末の12月30日に7度目の防衛戦を行う井上尚弥が所属ジムの大橋ジムで公開練習を行います。

この日のスパーリングの課題は打ちっぱなしにすると打ち返されるので「攻守の切り替えの間の使い方」。

そのために井上は「足で避ける」ことを理想としてあげます。

つまり、ボクシングで危険な瞬間というのがいくつかあり、その一つに「自分が攻撃を終えた直後」というのがあります。

その時、相手の攻撃に対し、ブロックで対応するとどうしても体勢が崩れてしまいます。

それを足で避けることで自分の体勢を崩すことなく次の攻撃に移ることができるということでしょう。

井上親子はディフェンスの進化に自信を見せます。

2月24日に行われる「superfly2」ではIBFチャンピオンのアンカハスとの統一戦を予定していましたが、相手陣営からの断りがあり
統一戦が流れたため、以前から口にしていたバンタム級への転向を明言。

井上尚弥は「バンタムのチャンピオン達はシーサケットよりも強い」と語ります。

トレーナーの父・慎吾氏は息子の成長に対し、「自分の思った通りのボクシングをしてくれるようになった」と語ります。

大橋会長は
まずはバンタム級を制覇し3階級制覇。 フェザーまでは間違いなく大丈夫

と語ります。

ボクシング階級一覧

そして年末の次戦については来年の5月・6月頃になるとバンタム級での初戦についてコメントしました。

井上の挑戦者・ヨワン・ボワイヨ来日

12月23日、年末.12月30日にWBO世界スーパーフライ級チャンピオンの井上尚弥に挑戦するヨワン・ボワイヨが来日します。

ボクシング世界ランカー ヨワン・ボワイヨ

夫人とともに来日し、横浜市内のホテルに滞在し、最終調整を行います。

12月25日には公開練習を行う予定。

世界的に実力を認められ、今や世界チャンピオンの中でも特別な存在となっている井上尚弥。

オッズでは100:1という大差で井上有利と言われていますが、ヨワンボワイヨには井上を脅かすだけの力があるのでしょうか。

ヨワン・ボワイヨの公開練習

12月30日、横浜文化体育館で井上尚弥の持つWBO世界スーパーフライ級タイトルに挑戦する、ヨワン・ボワイヨが公開練習を行いました。

しかしビザの関係で同行するはずだったトレーナーやマネージャーはまだ日本に到着できておらず、ボワイヨは10分程度の軽いシャドーをしたあと、サンドバック打ちのみの公開練習となってしまいました。

練習後のインタビューで自身のほどを聞かれましたが、ボワイヨは

完璧な自信があるとは言えないが、ボクシングはやってみないとわからない。 チャンスは必ずある。

と語ります。

大橋会長は今回も井上の相手探しには難航の色を見せていました。

当初予定していたIBFチャンピオンとの統一戦も直前で断れ、上位ランカーに声をかけてもことごとく断れ、、そんなときに快く応じてくれたのがこのボワイヨだったそうです。

井上はこの試合を最後にバンタム級への階級変更を表明しています。

スーパーフライ級でのラストファイトはどのような試合展開になるのでしょうか。


井上尚弥 年末の試合前の予備検診 | バンタム級転向への予行練習!

12月30日の7度目の防衛戦を3日後に控えた井上尚弥は挑戦者・WBO世界スーパーフライ級6位のヨアン・ボワイヨと予備検診を行います。

ボクシング 井上尚弥年末の予備検診

今回の挑戦者は長身で井上とは身長7cm・リーチで5cm井上を上回りますが、井上は「バンタム級にあげたら175cmくらいの選手はいるのでこれは良い予行練習になる」と、すでに井上は年末の試合を飛び越えて来年の3階級制覇へと向いています。

対するボワイヨはこの日の予備検診にも美人妻と姿を現し、メディカルチェックを受けます。

井上の印象は「特にない。パンチがあると聞いていたが、特にそのようにも感じなかった」とコメント。

小さなころからの近視だというボワイヨは、左0.4・右0.2と視力は悪い。

この件に関しても、特に問題はないと笑顔で返し、夫人とともにホテルを後にします。

この試合は世界タイトルマッチです。
対戦相手は世界ランカー。

通常でしたら、次戦以降のバンタム級での予行練習などという発言は世界ランカーを相手にあまりにも甘く見すぎだし、「先ばかりを見て足元すくわれるなよ!」と思うところですが、、井上に限ってはこの発言はむしろしっくりきますね。

年末の試合、井上が負ける可能性というのは限りなくゼロに近いのではないでしょうか。

ある程度ボクシングを知っている人ならばこの試合の興味はすでに勝敗ではなく何ラウンドに倒すかとう勝ち方のみだと思います。

勝って当然の試合。 そして次戦へのはずみにする試合。

スーパーフライ級に集う強豪達と直接対戦はできませんでしたけど、事実上のスーパーフライ級最強となった井上のバンタム級での活躍が楽しみですね。

井上尚弥の圧倒的な強さを期待したいと思います。

スポンサーリンク





井上尚弥VSヨアン・ボワイヨ戦 調印式

年末・12月30日に行われる井上尚弥VSヨアン・ボワイヨ戦の調印式が都内のホテルで行われました。

前回の試合はアメリカで行い、5月以来となる今回の試合は前売り券はすべて完売という集客の面でも好調です。

調印式ではWBO本部から来日した立会人により

現在のスーパーフライ級において最強と名高く、世界中のボクシングファンが「モンスター」と認識する井上尚弥のスーパーフライ級のラストファイトを楽しみにしている

とコメント。

グローブチェックでは井上は黒のグローブ。 ボワイヨは青のグローブを選択します。

井上は

体調はいつも通りです。
スーパーフライ級はこれが最後の試合。 この試合は必ずKOで勝って来年の3階級制覇につなげます。

といつも通りKO宣言。

対するボワイヨも

準備は万全の状態。 井上対策も万全だ。 12月30日に会場に来てくれたファンはサプライズを目撃することになる。

とコメントします。

井上に関しては今回の試合の結果より、次戦のバンタム級転向の際のターゲットについて注目されています。

大橋会長はWBOバンタム級チャンピオンのゾラニ・テテへの挑戦が有力であると話します。

ゾラニテテは先月11月18日に同級3位の選手を相手に試合開始後わずか11秒でKOし、世界タイトルマッチの最短KO記録を作り上げた話題の選手です。

さらに山中慎介は復帰し、ルイスネリーとの再戦が濃厚なだけに井上尚弥VS山中慎介という夢のカードが実現する可能性も出てきますね。

いずれにしても今回の年末・12月30日にボワイヨに勝つことが最低条件となります。

井上尚弥らしい最高のKOシーンを楽しみにしています。


井上尚弥 年末・12月30日 結果速報

1ラウンド
お互い様子見。 井上もガードを高く上げ、相手の出方を待ちます。 
そして井上のいきなりの左フック! その威力に会場がどよめきます。

ここから井上が前に出てボワイヨにじりじりとプレッシャーをかけはじめ、ボワイヨは蛇ににらまれたカエル状態。

1ラウンド終了間際には相手のパンチをかわしながら打った左フックでボワイヨからダウンを奪う。

かなり深刻なダウンに見えたけど、挑戦者はなんとか立ち上がり、そこで1ラウンド目は終了します。

2ラウンド
完全に逃げのスタイルに入ってしまったボワイヨ。
パンチを上下に散らし逃げるボワイヨを追い詰めます。

一発一発が凄まじいパンチ力で空振りだけで会場がどよめきます。

井上のパンチ力を前になすすべのない挑戦者。

3ラウンド目
このラウンドもプレッシャーをかけるチャンピオン井上。

3ラウンド開始後30秒ほどの打った左のボディブロー。

持ちこたえたかに思えましたが数秒後苦悶の表情をうかべ挑戦者が膝をつきます。

立ち上がり、深呼吸をするボワイヨ。

試合は再開され、井上は近づきざまにもう一度左のボディを入れます。

そしてロープに詰め右・左とボディブローを叩き込むとボワイヨはたまらずダウン。

しかし執念で立ち上がるボワイヨに会場からは拍手が上がります。

まだインターバルまで1分40秒ほどあります。

完全に戦意を喪失したボワイヨは完全に逃げの体制。
ロープ際を右に左に足を使って逃げ回ります。

追い詰められ右のオーバーハンドを打った直後に井上が左右のボディを連打しそこでボワイヨは倒れ試合が終了となりました。

インタビュー

ボワイヨはとても気持ちの強い選手でした。

対戦相手がなかなか決まらない中対戦を受けてくれたことに感謝していますが、自分自身としてはこのスーパーフライ級では物足りなさを感じていますので、階級を上げバンタム級に行きます。

具体的な話はありませんが、いろいろな選手がいて様々な選択肢があります。 
そんな強い選手がいるバンタム級に自分が入っていくのは楽しみです。

子供が大きくなってそれがわかるくらいになっても強い父親でいたいです。

これからもボクシング界を盛り上げていきたい 応援よろしくお願いします

スポンサーリンク




ページ:
1

2

3 4 5 6

白井義男 | ボクシング界最強のチャンピオン達~チャンピオン名鑑~

ボクシング 辰吉寿以輝がA級昇格を懸けた一戦 | プロボクシングライセンスについて

関連記事

  1. ボクシング 2017年 12月30日・大晦日の世…

    ボクシング 2017年 12月30日・大晦日の世界タイトルマッチ情報 |…

  2. パウンドフォーパウンド 2018・最新ランキング…

    パウンドフォーパウンド 2018・最新ランキング | 井上尚弥がPFP8…

  3. ボクシング 井上尚弥・亀田興毅・井岡一翔 | 能…

    井上尚弥・亀田興毅・井岡一翔 | 能力比較ボクシング界の様々な記録を更新…

  4. 井上尚弥 ボクシングの本場アメリカデビュー決定 …

    井上尚弥 ボクシングの本場アメリカデビュー決定 | 最強ボクサー井上伝説…

  5. ボクシング 井上尚弥VSリカルド・ロドリゲス |…

    ボクシング 井上尚弥VSリカルド・ロドリゲス | アメリカ進出前の5度目…

  6. 井上拓真 | 井上尚弥も認めるボクシングセンス

    井上拓真 wiki| 井上尚弥も認めるボクシングセンス井上尚弥の弟が…

  7. マニーパッキャオ、東京にジム設立 | パッキャオ…

    マニーパッキャオ、東京にジム設立 | パッキャオジム・トーキョージャパン…

  8. ボクシングの階級 スーパーフライ級 | 井上尚弥…

    ボクシングの階級 スーパーフライ級 | 井上尚弥の階級スーパーフライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ商品

おすすめ商品

おすすめ商品

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP