井岡一翔VSスタンプ | 大晦日は暫定チャンプとの統一戦


フライ級正規チャンピオンである井岡一翔の年末・大晦日の対戦相手は、同級暫定チャンピオンであるスタンプ・キャットニワットとの王座統一戦がとなります。

スタンプ・キャット二ワットはまだ若干18歳。

戦績は15戦15勝(6KO)。

現在の暫定タイトルを獲得したのは2015年7月、17歳6ヵ月22日での戴冠でした。 

井岡一翔VSスタンプ | 試合内容

井岡一翔の恒例となった年末・大晦日は難敵を迎えます。

スポンサーリンク



対戦相手は暫定チャンピオン、スタンプ・キャットワットです。

若干17歳6ヵ月22日での世界王座獲得は、プエルトリコのウィルフレド・ベニテスが樹立した17歳5ヵ月23日に次ぐ歴代2位の年少記録となります。

すでにその暫定王座も1度防衛に成功し、今回の正規王者井岡との統一戦に臨みます。

元々WBAは井岡一翔の指名試合の相手としてスーパーチャンピオンである、エストラーダとの統一戦を予定していましたが、エストラーダがスーパーフライ級へと階級を移し、対戦できなくなったため、指名戦の相手が今回の暫定チャンピオンであるスタンプとなったという経緯があります。

井岡一翔の相手・スタンプ・キャットニワットとは

対戦相手のスタンプは1998年1月7日生まれの若干18歳の選手です。

2013年4月18日にプロデビュー。
プロデビュー戦はジャオクンポン・ガオランレックジムとのデビュー戦を6ラウンド判定勝ちをしています。

2014年9月23日にはPABAフライ級暫定タイトルを獲得し、2015年4月24日には正規チャンピオンの王座返上により正規チャンピオンに昇格しています。

そして2015年7月29日にグレゴリオ・レプロンとWBA世界フライ級暫定王座決定戦を行い2-0(113-113,116-112,117-109)の判定勝ちで若干17歳の若さでタイトルを獲得しています。

しかし、この試合の判定に対戦相手のグレゴリオ・レプロンが不服を申し立て、7ヵ月後に再戦をし、再び2-0(115-113,114-113,114-114)の判定勝ちで初防衛にも成功しています。

そして今回WBA正規チャンピオンである井岡一翔との指名試合のチャンスを迎え、暫定から正規チャンピオンへの昇格を目指しています。

井岡一翔VSスタンプ 勝敗予想

スポンサーリンク



井岡一翔は普通のチャンピオンではありません。
エストラーダやロマゴンのような特別な相手以外ならば井岡一翔の勝ちは動かないのではないでしょうか。

確かに最年少記録に迫る年齢での王座戴冠は素晴らしい記録だと思いますが、現時点での実力は世界チャンピオンとしては平凡かと・・・。

それならば井岡一翔が敗ける要素はないのではないでしょうか。

現在は王座乱立し、チャンピオンの中でも本物を求められる時代。

井岡一翔が常に口にしている「唯一無二の選手」になるためにはビックマッチが不可欠です。

そういう意味ではこのスタンプではちょっと物足りないのではないでしょうか。

ライトフライ級チャンピオンの田口も口にしていた言葉ですが、勝つか負けるかわからない試合がボクシングの醍醐味ですからね。

今の井岡ならば元ミニマム級・ライトフライ級のチャンピオンで、フライ級に階級を上げてきたドニー・ニエテスとの対戦。

もしくはアテネ・北京・ロンドンと3大会のオリンピックでメダルを獲得した中国最大のスーパースターのゾウ・シミン。

この2選手に勝つことが井岡が常々口にしている唯一無二の存在に最も近づく近道ではないでしょうか。

さすがに、スーパーフライ級に上げてロマゴンやエストラーダ・井上尚弥を相手に戦うのはちょっと厳しいでしょう。

それか、諦めて強敵を避けまくって防衛回数を増やしていくか。。

父親の問題谷村奈南との結婚など、最近井岡一翔はプライベートで世間を騒がせていますが、年末の防衛戦を良い形で防衛してボクシングで名前を広めてもらいたいと思います。

井岡の対戦相手 スタンプキャット二ワット来日

改めて、同級暫定王者のスタンプ・キャットニワット(18=タイ)が26日、関西空港着の航空機で来日しました。

やはりまだ18歳なだけあってまだ顔に幼さが残ります。

スタンプの戦績は15勝(6KO)無敗。

無敗でさらに18歳という若さでこの暫定チャンピオンの座に就きました。

スタンプはこれが初来日となります。

日本の冬の寒さについては「まったく問題ない」と話し「調子は最高」と調整は順調に進んだことをアピール。

試合については。

最初の1,2回はじっくりと見ていきたい

と、コメント。様子見のあとはしっかりと「KOを狙う」とKO宣言が飛び出します。


井岡一翔VSスタンプ | 試合内容

井岡は初回から右ストレートや右ボディなど好打を放ちます。

しかしきちんと打ち終わりを狙いスタンプも右ストレートで応戦するためペースを完全に掌握するには至りません。

2ラウンドめにはスタンプが全弾フルスイングのパワフルなパンチを振るいます。

その中で井岡がボディを打つと、その打ち終わりに右フックを合わせられてなんと井岡がダウンし会場からどよめきがわきます。

井岡は立ち上がり、冷静に追撃をカバーします。

3ラウンド目には前に出てポイントを取り返そうと奮闘します。

スタンプはこういった前に出てくる井岡を少し嫌がっている様子。。

4ラウンド目には井岡はさらにペースをあげます。

そして左フックでスタンプをぐらつかせると、そこから連打でたたみかけます。

連打の時もきちんと上下左右に打ち分け、空いてるところを探しながら打ちます。

5ラウンドも完全に井岡優勢なラウンドとなり、序盤のダウンのポイントは取り返します。

6ラウンドはスタンプも前に出て近距離での打ち合いになるが、やはり井岡のほうが優勢か。。

7ラウンド目、左ボディでダメージを与えると、さらにボディ攻撃を繰り返し、とどめに右ボディを打ち込むと、スタンプは崩れ落ち、そのまま10カウントとなり井岡は防衛に成功します。

https://bokubokusaaa.rev1028.red/2016/11/19/%e3%83%9c%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0-2016%e5%b9%b4-%e5%b9%b4%e6%9c%ab%e3%83%bb%e5%a4%a7%e6%99%a6%e6%97%a5%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%83/

スポンサーリンク




大沢宏晋VSオスカル・バルデス | 世界初挑戦 舞台はラスベガス!!

ボクシング競技36人のレフェリー・ジャッジ全員の資格を停止 | リオデジャネイロオリンピック

関連記事

  1. 松本亮 | 病気も手術し完治のイケメンボクサー

    松本亮 | 病気も手術し完治のイケメンボクサー井上尚弥が世界タイトル4度目の防衛する年末・1…

  2. 大森将平vsリーハスキンス | 大晦日に世界初挑戦!

    大森将平vsリーハスキンス | 大晦日に世界初挑戦!ボクシングの元日本バンタム級チャンピオン…

  3. 井岡一翔 引退!? | タイトル返上の本当の理由

    ボクシング 井岡一翔 引退!? | タイトル返上の本当の理由前WBA世界フライ級チャンピオン…

  4. ボクシング 井岡一翔の父・井岡一法、次は療養費詐欺疑惑 | マル…

    井岡一翔の父・井岡一法、次は療養費詐欺疑惑 | マルサだけでなく警察までボクシングWBA世界…

  5. 井岡一翔VSエストラーダ | 大晦日に行われる最大のボクシングイ…

    井岡一翔VSエストラーダ | 大晦日に行われる最大のボクシングイベントの行方WBAフライ級…

  6. ボクシング 八重樫東の復帰戦は指名試合 | ファーラン・サックリ…

    井上尚弥の4度目の防衛戦と同日に、八重樫東は肩の負傷での休養を終え、7か月ぶりの試合を行います。…

  7. 小國以載快挙 | ジョナタン・グスマンを判定で制し新チャンピオン…

    小國以載快挙 | ジョナタン・グスマンを判定で制し新チャンピオンに!!大晦日・京都のリングで…

  8. 大森将平VSロッキー・フェンテス | チャンピオンの代理で来日す…

    大森将平VSロッキー・フェンテス | チャンピオンの代理で来日する最強の刺客大晦日に予定され…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP