アンドレ・ウォードがセルゲイ・コバレフを下し新チャンピオンに!! | WBAスーパー・IBF・WBOライトヘビー級タイトルマッチ!



アンドレ・ウォードがセルゲイ・コバレフを下し新チャンピオンに!! | WBAスーパー・IBF・WBOライトヘビー級タイトルマッチ!
ボクシング パウンドフォーパウンド最強決定戦! アンドレウォードVSセルゲイ・コバレフの一戦!!
最新版パウンド・フォー・パウンド(PFP)ではコバレフが2位で、ウォードが4位です。
ボクシング界最強の男が誕生します!

現在両者の戦績はチャンピオンのセルゲイ・コバレフは31戦30勝(26KO)1分。
アンドレ・ウォードは30戦30勝(15KO)と両者これまで負け知らず。

スポンサーリンク



パウンドフォーパウンドとはプロボクシングは体重別に現在17の階級に分かれてチャンピオンを決めていますが、もしこの体重差というものがなかったら、誰が一番強いのか、ボクサーとしてのクオリティが高いのかを示すランキングで、リング誌というアメリカの最も権威のあるボクシング雑誌が発表しているランキングです。

その中でこのセルゲイ・コバレフは2位。アンドレウォード4位という高順位をつけています。

この試合はボクシング界の頂上決戦と言っても過言ではないでしょう。

両者のこれまでの戦歴はこちらをご覧ください。

セルゲイ・コバレフVSアンドレ・ウォード | 実力伯仲のビックマッチ!

セルゲイコバレフVSアンドレウォード | 試合経過

両者スピードのある・そして重量級の重いジャブの差し合いからはじまります。

2ラウンド目に右のカウンターでアンドレウォードがダウンを奪われます。

アテネオリンピックの金メダリストでもあり、スーパーミドル級の統一チャンピオンでもあり、これまで負け知らずのウォードのここまでのピンチの場面は最近ではなかったのではないでしょうか。

さすがセルゲイ・コバレフはパンチがあります。

3ラウンド目になってもウォードはダメージが抜け切れていない様子。

右の大きなパンチをもらう場面もありましたが、防戦一方にはなりません。
ロープに詰まらず、きちんとパンチを返します。

スポンサーリンク



4ラウンド目もセルゲイ・コバレフのペースです。
アンドレ・ウォードはカウンターを恐れてパンチが出せない様子。

この試合はセルゲイ・コバレフがこのまま押し切るものかと思われました。

5ラウンド目になるとウォードの手数が増えてきます。

ダメージからも回復したのか、前進するコバレフにしっかりパンチを当て、至近距離での強打での打ち合いも迫力があります。

お互い一発まともに当てれば試合の流れを一気に持っていくだけのパンチ力はあります!

6.7ラウンド目から序盤のダウンから立ち直ったウォードが次第にペースをつかみ始めます。

体も温まりパンチもしっかり見えてる様子。

8ラウンド目になると完全にウォードのペースとなってきます。
左ジャブを顔だけでなくボディにもいれ、上下に丁寧に攻めていきます。

コバレフ、少し疲れが出てきたのか、ウォードのパンチをまともにもらうシーンがでてきました。

9ラウンド目になると、序盤苦労したコバレフのパンチも読めてきたようで、どんどんウォードが前進します。

完全に形勢逆転した様子。 前半の失点もあるので、ウォードとしてはもうポイントを落とせない。。

10ラウンド目、やはりウォードのパンチが当たります。
コバレフがパンチをもらい始めました。 これは疲れから来ているようです。

スタミナが落ちてくるとボクサーは反応しているパンチでももらうようになってきます。  コバレフとしては苦しい展開。

11ラウンド、コバレフ明らかにつらそうな様子。
ウォードのジャブをもらいます。 完全にウォードのペース。

12ラウンド、採点上ではどちらが勝っているかほぼわからない状態。

ウォードは前半の失点を取り戻し、勝利をつかみたく前進してポイントを獲りに行きます。

接近してから強打の打ち合い。 コバレフに有効なボディブローも決まりました。

判定は3-0(3者とも114-113)
つまり最終ラウンドをコバレフがとっていれば逆の結果となっていたわけで、本当に接戦でした。

でも僅差とはいえ、勝ちと負けは天国と地獄。

そして勝負強い選手はこの僅差をしっかりつかむんですよね。。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




大森将平vsリーハスキンス | 大晦日に世界初挑戦!

海老原博幸 | ボクシング界最強のチャンピオン達~チャンピオン名鑑~

関連記事

  1. ボクシング シーサケットVSエストラーダ | 2018年2月24…

    ボクシング シーサケットVSエストラーダ | 2018年2月24日に対戦決定!ボクシング界最…

  2. パウンドフォーパウンド 2017・最新ランキング | 井上尚弥が…

    パウンドフォーパウンド 2017・最新ランキング | 井上尚弥がPFP8位にランクアップ!…

  3. セルゲイ・コバレフVSアンドレ・ウォード | 実力伯仲のビックマ…

    セルゲイ・コバレフVSアンドレ・ウォード | 実力伯仲のビックマッチ!ボクシング界待望のビッ…

  4. ワシル・ロマンチェコ | 精密機械の異名を持つボクシング界最高傑…

    ワシル・ロマンチェコ | 精密機械の異名を持つボクシング界最高傑作ウクライナの生んだボクシン…

  5. フロイドメイウェザーvsコナーマクレガー | ボクシングルールで…

    フロイドメイウェザーvsコナーマクレガー | ボクシングルールでラスベガスで激突!プロボクシ…

  6. ボクシング ゲンナジー・ゴロフキンVSダニエル・ジェイコブス |…

    らボクシング ゲンナディ・ゴロフキンVSダニエル・ジェイコブス | 単独1位の18連続KO防衛狙…

  7. ボクシング ゲンナジー・ゴロフキンVSサウル・アルバレス | 中…

    ボクシング ゲンナジー・ゴロフキンVSサウル・アルバレス | 中重量級頂上決戦!パウンドフォ…

  8. ボクシング リゴンドーVSロマンチェコ | 究極の技巧派対決!

    ボクシング ギジェルモ・リゴンドーVSワシル・ロマンチェコ! | 究極の技巧派対決!オリンピ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP