田口良一VSカルロス・カニサレス | 大晦日に最強の挑戦者を迎える5度目の防衛戦



田口良一VSカルロス・カニサレス | 大晦日に最強の挑戦者を迎える5度目の防衛戦
ボクシングWBA世界ライトフライ級チャンピオン田口良一は16戦全勝(13KO)の最強の挑戦者を迎えます。

試合結果を更新しました。

12月31日。内山高志の復帰戦のセミファイナルのリングで田口良一が5度目の防衛戦に臨みます。

対戦相手はカルロス・カニサレス。
現在WBA世界ランキング3位というランキングで、昨年10月には現在1位のロベルト・バレーラを破った実績もあります。

そして精力的に試合をこなすタイプで、2016年だけでも6戦を消化しており、田口戦が7戦目となります。

プロボクサーは基本、年に3~4試合ほどこなします。

そのことからこの7戦目ということがどれだけハイペースなのかがわかると思います。

スポンサーリンク



しかし、対戦相手がかませっぽい戦績の選手ですね。そのことからネット上で色々意見が飛び交っているのをみます。

確かにボクシングは戦績ではありません。 弱い相手とやれば戦績は作ることができます。

それは、現在九州のリングで海外から弱い選手ばかりを呼び、記録づくりに精を出す別府優樹をみてもわかると思います。

しかし、16戦全勝(13KO)の相手であることと、現在の1位の選手に勝っているという実績で現段階の最強の挑戦者ということには間違いないでしょう。

田口の身長が168cm,リーチが172cm。
カニサレスの身長が153cm,リーチが157cmと、体重こそあわせて試合に臨むものの、身長,リーチともに15cm田口が優っています。

動画をチェックすると、背が低く、積極的に前進してくるタイプですが、田口はガチガチの打ち合いというより、中間距離でのボクシングでのテクニックで勝負するタイプなので、勝負は距離の取り合いとなるでしょう。

お互いに「自分が得意な距離」が違うので、自分の距離で戦えたほうが有利になります。

この相手を選んだのは田口本人。

勝つか負けるかわからない試合こそがボクシングの醍醐味

と田口はコメントしています。 その通りですね!

田口は過去4度の防衛戦、いずれも危なげなく防衛を果たしており、実力は本物だと思います。 

あの井上尚弥と対戦した時もKOされずに判定まで持ち込まれています。

是非田口には力の差を見せつけて防衛を果たしてもらいたいと思います。

日本人ライトフライ級の世界チャンピオン

スポンサーリンク




現在、日本が世界チャンピオンと認める団体は4つあります。
WBA,WBC,IBF,WBO。つまり、世界チャンピオンは同時に4人存在することになります。

ライトフライ級はそのうち、WBAを田口良一、IBFを八重樫東と、2人が日本人です。

しかも、12月31日、この田口の防衛戦と同じ日に、名古屋で田中恒成がWBOのライトフライ級のタイトルに挑戦します。

もしこの試合に勝利し、WBOのタイトルを獲得すると、日本にライトフライ級の世界チャンピオンが3人いるという状態になります。

田中は田口・八重樫と試合をしたがっています。

田口・八重樫に挑戦状を出し、ミニマム級からライトフライ級に階級を変えた際の第一戦では

八重樫さん、田口さんの日本人王者とやりたい。聞いているか分からないけど、田口選手、挑戦を受けてください

とリング上から挑戦の申し入れをしています。

田口は今回の防衛戦に勝てば5度の防衛に成功という安定チャンピオンです。

八重樫も肩の負傷も治り、大晦日に保持するIBFライトフライ級の2度目の防衛戦に臨みます。

もしこのライトフライ級の3人が全員勝利でこの年末を乗り切ったら、ライトフライ級最強決定戦というのが実現すれば面白いですね。

もちろん全員にリスクがあります。
それぞれが今、最高に油がのっている時期だからです。

負ければ虎の子の世界タイトルを失います。

しかし、、もしこの試合に勝ち残った場合、3団体統一チャンピオンが日本から誕生します。

田中は元々八重樫・田口と対戦したいと言っている以上この試合の実現に不満はないでしょう。

日本で一番応援されるボクサーになりたい

というのが田中が以前から語っていた夢の一つですから。

ビックマッチ・注目される試合をこなし、勝ち抜くことがそのために必要なのは田中自身が一番理解していると思います。

八重樫自身と大橋会長もイケイケの性格ですからね。

やっと獲得した世界タイトルのベルトの初防衛戦Bに、あの向かうところ敵なしの頃の井岡一翔と統一戦をやり、さらにパウンドフォーパウンド最強ボクサーであるローマンゴンザレスとも試合をする強気のマッチメイク・ビックマッチをこなした実績もあります。

残る田口も、今回強い相手とやりたいと口にしていたそうです。

田口も世界チャンピオンになる前から前評判が高い井上尚弥との対戦を実現させた実績があります。

スポンサーリンク




もしかしたら・・・このライトフライ級最強決定戦が行われるというのは僕の頭の中だけでなく、実現する可能性もあるかもしれませんね。。

そのためには3人ともそれぞれの試合で勝利することが条件です。

田口選手!頑張ってください!!

田口良一VSカルロス・カニサレス | ドローで王座防衛

2016年大晦日に行われた、WBA世界ライトフライ級タイトルマッチはチャンピオン田口良一がドローでタイトル防衛という結果になりました。

この試合を振り返っていきたいと思います。

16戦全勝というパーフェクトレコードを誇るカルロス・カニサレスは初回ガードを高く上げ前進する。

長身の田口に勝つには懐に入り込む以外にはありません。

積極的に手を出し、ラウンド終盤にはフックをチャンピオにヒットさせます。

2ラウンド目 田口は前進するカニサレスに対し左右に動きながら迎え撃つ体制をとりますが、カニサレスの前進に手をこまねいている様子。

ラウンド終盤には今度は田口が左フックをあてるが、後に続かず短髪に終わります。

3ラウンド目 田口は明らかに作戦を変え、逆に田口が前進し、圧力をかける展開となります。

そして今度はカニサレスが左右に回り込むという1・2ラウンドとは逆の展開に。。

カニサレスは左右に動きながら手数を出すが、チャンピオンはしっかりとそれをブロックしクリーンヒットは許しません。

しかし、田口は前進はするもののなかなか詰めることはできず、手数はでません。

会場からは「田口手を出せ!!」という声が上がるほどでした。

とにかく左右に動き、手数も出す挑戦者カニサレスと、前進しながら圧力はかけるものの手数が出ないチャンピオン。。

これを採点するのは3人のジャッジであり、好みにわかれるような対照的な両者。

8ラウンドには「田口コール」に調子づいてのか、田口は一気に前に出て左フックを主体に挑戦者に襲い掛かります。

一方カニサレスは一気にペースダウンをし、手数も減りチャンピオンに流れが傾きます。

9ラウンド終盤にはロープ際で放った左ジャブでカニサレスの顎が跳ね上がり続く右カウンターではカニサレスは明らかに効いた様子を見せます。

田口は10ラウンドにもその流れを切らさず、左フックを好打し会場を沸かせます。
11・12ラウンドは田口は前に出てパンチをあてるも、そのたびに足とクリンチを巧みに使い攻撃を避けます。

このような挑戦者の態度にブーイングも上がりますが、ここで試合終了。

116-112,114-114,112-116と三者三様の判定でドローとなります。

田口はなんとか所持しているWBAライトフライタイトルの防衛に成功します!!

スポンサーリンク



https://bokubokusaaa.rev1028.red/2016/11/19/%e3%83%9c%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0-2016%e5%b9%b4-%e5%b9%b4%e6%9c%ab%e3%83%bb%e5%a4%a7%e6%99%a6%e6%97%a5%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%83/


内山高志の戦積と評価 | ボクシング界最強のパンチ力

黒木優子VS安藤麻里 | 年末に前チャンピオンのリベンジマッチ

関連記事

  1. ボクシング 2017年 12月30日・大晦日の世界タイトルマッチ…

    ボクシング 2017年 12月30日・大晦日の世界タイトルマッチ情報 | 井上尚弥・田口良一・拳…

  2. 井上尚弥VS河野公平 ~年末の4度目の防衛戦は日本人対決に決定!…

    井上尚弥VS河野公平 井上尚弥の次戦、年末の4度目の防衛戦は日本人対決に決定!!年末に行われ…

  3. 八重樫東VSサマートレックゴーキャットジム | メリンドは対戦辞…

    八重樫東VSサマートレックゴーキャットジム | メリンドは対戦辞退八重樫東の対戦相手候補であ…

  4. 原隆二VS山本浩也 | 世界挑戦と世界ランク奪取を懸けた一戦!

    原隆二VS山本浩也 | 世界挑戦と世界ランク奪取を懸けた一戦!原隆二という選手をご存知ですか…

  5. 内山高志の戦積と評価 | ボクシング界最強のパンチ力

    内山高志の戦積と評価・wiki的プロフィール | ボクシング界最強のパンチ力ボクシング界にお…

  6. ボクシング 八重樫東の復帰戦は指名試合 | ファーラン・サックリ…

    井上尚弥の4度目の防衛戦と同日に、八重樫東は肩の負傷での休養を終え、7か月ぶりの試合を行います。…

  7. 小国以載VSジョナタン・グスマン | 年末・大晦日に最強のチャン…

    小国以載VSジョナタン・グスマン | 年末・大晦日に最強のチャンピオン相手に怪物退治!ボクシ…

  8. 田中恒成VSモイセス・フエンテス | 大晦日にライトフライ級王座…

    田中恒成VSモイセス・フエンテス | 大晦日にライトフライ級王座決定戦 テレビ情報あり田中恒…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP