村田諒太VSブルーノ・サンドバル | 3ラウンド衝撃KO勝利!



村田諒太VSブルーノ・サンドバル | 3ラウンド衝撃KO勝利!
12月30日、世界前哨戦と銘打たれた村田諒太の12戦目。
対戦相手はブルーノ・サンドバル。 戦績は21戦19勝(15ko)1敗1分という強敵です。

プロデビューから3年半という時間を経て、ついに世界挑戦への扉を開けます。

これまでの戦績は11戦全勝(8KO)です。

注目の一戦を振り返ります。

入場から村田の様子は違います。
いつも笑顔でリラックスしながら入場してくる村田ですが、その表情に緊張が走ります。

1ラウンド目。

前に出ながらプレッシャーをかけ続ける村田。
サンドバルも時折細かいパンチを返しますが前に出る村田の勢いは止まりません。

自分が前に出て、下がらなかった相手はいない

というプレッシャーが対戦相手を襲います。

2ラウンド目

強引に前に出て、コーナーに詰める場面も見られますが、連打には至りません。

やはりミドル級という重量級の試合は迫力があり、パンチが入るとその破壊力に会場がわきます。

村田は前に出て攻めることから攻撃力に目が行きますが、ガードも固く、クリーンヒットをもらいません。

一方サンドバルも状態が柔らかくパンチをかわします。

3ラウンド目
ロープ際に詰める場面もありますがどうしても連打に詰めることはできない。

このラウンドはリング中央でサンドバルの細かい連打が光ります。

細かく早い連打ですが、やはりこの階級のパンチは迫力がある。

右のパンチがまともに当たり、よろめくサンドバル。

その直後、わずかにタイムラグがあり、直後に倒れます。

スリップダウンかと思われましたが、サンドバルが立ち上がれない。

なかなか立ち上がらないサンドバルに対し、カウントを始めるレフェリー。

何度も立ち上がろうと試みるが、立ち上がれないサンドバル。

ついに10カウントを数えられ、カウントアウトによりKO勝ちがコールされます。

その後もサンドバルは立ち上がれず、しばらく倒れたまま天井を見上げていました。

事前には4ラウンド目に仕留めていきたいと語っていましたが、3ラウンド2分51秒KO勝ちで予告時刻よりも早くにKO勝ちとなりました。

インタビュー 
(KOパンチは)しっかりと手ごたえがあった。

子供にはやらせたくないスポーツと改めて思いました。

今最高の環境とサポートで試合をさせてもらっている。
最短距離を走っている。

例え次の試合が世界戦ではなかったとしてもそれは最善の試合だと思います。

とコメントした直後、、

やっぱり世界チャンピオンになりたいです!!

と言っていました。

村田諒太の強さが光った最高の一戦でした。


ボクシング チャンピオン一覧(日本のジム所属)

井上尚弥VS河野公平 | 年末の4度目の防衛戦は日本人対決に決定!!

関連記事

  1. パウンドフォーパウンド 2018・最新ランキング | 井上尚弥が…

    パウンドフォーパウンド 2018・最新ランキング | 井上尚弥がPFP8位にランクアップ!…

  2. ボクシング 村田諒太VSアッサン・エンダム(ハッサン・ヌダム・ヌ…

    ボクシング 村田諒太VSアッサン・エンダム(ハッサン・ヌダム・ヌジカム) | 金メダリストの世界…

  3. ボクシングの階級 ミドル級 | 村田諒太と竹原慎二 意味・平均身…

    ボクシングの階級 ミドル級 | 村田諒太と竹原慎二 意味・平均身長・歴代チャンピオン等プロボ…

  4. 内山高志判定負け | ジェスレル・コラレスの牙城攻略できず

  5. ボクシング 10月22日 三大世界タイトルマッチ | 村田諒太・…

    ボクシング 10月22日 三大世界タイトルマッチ | 村田諒太・比嘉大吾・拳四郎2017年1…

  6. 大森将平の世界戦中止 | チャンピオンが練習中に負傷!

    大森将平の世界戦中止 | チャンピオン・リーハスキンスが練習中に負傷!年末・大晦日に予定され…

  7. 内山高志の戦積と評価 | ボクシング界最強のパンチ力

    内山高志の戦積と評価・wiki的プロフィール | ボクシング界最強のパンチ力ボクシング界にお…

  8. 村田諒太選手2戦目!!

    プロデビュー戦に快勝した村田諒太選手の2戦目は、、約3ヶ月後の12月6日に両国国技館でデイブ・ピータ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP