ボクシング 小國以載VS岩佐亮佑 | 初防衛戦は苦手な岩佐!



ボクシング 小國以載VS岩佐亮佑 | 初防衛戦は苦手な岩佐!
小國以載の初防衛戦は2017年9月13日! 場所はエディオンアリーナ大阪!
小國以載 戦績21戦19勝(7KO)1敗1分
岩佐亮佑 戦績24戦22勝(14KO)2敗
テレビ情報 TBSにて9月13日 19:56 全国放送

大晦日に全KOの怪物チャンピオン、グスマンを攻略してチャンピオンに輝いた小國以載の初防衛戦が9月13日に行われます。

田中恒成の2度目の防衛戦 田中恒成VSパランポン・CPフレッシュマート も同日同会場で行われることが発表されました

スポンサーリンク



ボクシング 小國以載VS岩佐亮佑 | 概要

今回、試合がここまで遅れた経緯には、タイトル奪取の試合で、チャンピオングスマンを破りましたがその際に左親指靭帯を損傷してしまいました。

当初は3月に初防衛と言われていましたが、そのケガの完治を待っての開催ということになりました。

対戦相手の岩佐はこれまでのプロボクシング戦績は24戦22勝(14KO)2敗。

この24戦のキャリアで日本バンタム級チャンピオン・東洋太平洋チャンピオンなどに輝いています。

ボクシングの名門・習志野高校時代には選抜・インターハイ・国体と高校の主要タイトルを全て総なめにしてプロ転向した期待のホープです。

プロ入り後2敗していますがこの2敗は、現在世界タイトル12連続防衛中の山中慎介がまだ日本チャンピオンだった時に喫したものと、2015年に、当時の世界バンタム級暫定タイトルの座をリーハスキンスと、敵地イギリスで争い敗れたものです。

つまり2敗はしているものの、山中とハスキンスという世界レベルの選手のみということになります。

実はこの両者はアマチュア時代に対戦経験があります。

小國が高校1年生の時、岩佐が中学3年生の時に拳を交え、その時は18-8という大差で岩佐が勝っています。

試合中に

いつになったら試合が終わるんだろう  あと何発食らったら試合終わるんだろう

などと考えてしまうほど一方的にやられたとチャンピオンの小國は当時の事を振り返ります。

一方岩佐は

初めて出た全国大会の初戦が小國さんだった。
それまではすごく強い印象があったのですが、試合自体は簡単に勝った記憶があります(笑)

しかし前回のグスマン戦を見て、これまで知っていた小國選手ではないとも感じた。
僕に対しても色々な作戦をとってくると思うので、それに対応していきたい。

と語っています。

チャンピオンである小國はこの試合に対して、5:5か4:6で僕が不利と語ります。

「ドロドロのドロー防衛でもいい」と自信なさげ。。

会見中に繰り返し「苦手な相手」と岩佐を評するチャンピオン。

どのくらい苦手なのかという質問がでると、

小学校の頃から大嫌いだったピーマンみたいなものです。 噛むと苦くて。見たくもない

というユーモアも飛びます。

高校チャンピオンから鳴り物入りでプロ入りして、A級トーナメント・日本タイトル・東洋タイトルを獲得し、2度目のチャンスをつかんだ岩佐。

あのパーフェクト・レコードを誇ったグスマンを倒した大金星チャンピオン小國を倒してチャンピオンになることができるのか!?

それとも小國があの大晦日の勝利はまぐれではなく実力だということを証明し、苦手な相手を返り討ちにしてチャンピオンの力を見せつけるのか!!

スポンサーリンク




ボクシング 小國以載VS岩佐亮佑 | 岩佐・小國に勝ったらフェラーリ獲得!?

今回、IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチに挑む岩佐に最高のご褒美が約束されました。

タイトル奪取に成功した暁には、スポンサーから約3000万円のフェラーリ456スパイダーが贈られます。

屋根付きの駐車場がいる。 維持費は大変だけど、車はモチベーション

と岩佐。

岩佐は以前から車好きで、18歳でセルシオに乗り、日本タイトルを獲得した時には350万円で中古のベンツを買ったそう。。

岩佐は今回小國に勝ち、ベルトとフェラーリ獲得に執念を燃やします。

ボクシング 小國以載VS岩佐亮佑 | 予備検診

IBF世界スーパーバンタム級チャンピオンの小國以載とIBF同級3位の岩佐亮佑の両者と、今回同会場でセミファイナルで登場する田中恒成の対戦相手であるパランポン・CPフレッシュマートは試合を3日後に控えた11日に大阪市内で予備検診を行います。

田中恒成は名古屋市内で予備検診を行っています。

3者とも予備検診では問題なく、14日のタイトルマッチに向け順調に体調を作り上げてきたことを数字が示します。

この試合に向けチャンピオン小國は

いつも通りきましたね。 中畑清(絶好調)です(笑)。 とりあえずドローでもいいからベルトは守りたいと思っています。

と弱気なコメント。

これに対してもトレーナーの阿部弘幸氏は

こうした弱気なコメントもいつも通りです。
うまく調整もできました。 作戦もしっかり立てましたのでそれを当日遂行するだけです。

とチャンピオンに代わり自信のコメントをします。

また、今回で2度目の世界挑戦となる岩佐は

リラックスもできてるし、全く問題ないです。
小國さんは高校の時からあんな感じですし、ふざけているので気にならないですね。
今日のギャグは面白くなかったですけどね

と小國のギャグにもチクりと。。

また所属ジムのセレス小林会長は

今までの調整で一番のできじゃないかな。
自信は当然あるよ。

とこちらも自身のコメントを残しております。

検診結果

チャンピオン:小國以載
身長:171.5cm
頸周:34.5cm
胸囲:85.4cm
リーチ:175.7cm
血圧:136/58mm/Hg
脈拍:55/min
体温:36.6

挑戦者:岩佐亮佑
身長:171cm
頸周:36cm
胸囲:84cm
リーチ:180.3cm
血圧:121/82mm/Hg
脈拍:55/min
体温:36.6

チャンピオン:田中恒成
身長:164cm
頸周:35.0cm
胸囲:79.5cm
リーチ:161cm
血圧:120/84mm/Hg
脈拍:54/min
体温:36.5

挑戦者:パランポン・CPフレッシュマート
身長:161.7cm
頸周:33.2cm
胸囲:79.2cm
リーチ:162cm
血圧:139/89mm/Hg
脈拍:71/min
体温:36.2

スポンサーリンク



ボクシング 小國以載VS岩佐亮佑 | 調印式・前日計量

決戦を明日に控えた9月12日、IBF世界スーパーバンタム級チャンピオン、小國以載と今回の指名挑戦者である同級3位の岩佐亮佑は調印式と前日計量を行いました。

調印式では、今回が初防衛となる小國が

どんな形でもベルトは守る

とベルトを死守することを宣言します。

調印式後小國は

明日やなって感じですね。 昔から苦手なやりにくい相手ですが、阿部トレーナーとしっかりと作戦を煮詰めてきたので、それをやりたいと思っています。
チャンピオンは自分だと思っているので、チャンピオンらしい試合をして明日は勝ちたいと思っています。

とコメントを残します。

またグローブについては

高校時代も負けているのであえて挑戦者の気持ちで

と日本製8オンスの青色のグローブを選択。

続いて今回2回目のチャンスとなった岩佐亮佑は

思ったよりも早くチャンスが来たんですが、ラストチャンスだと思って戦います。
10年前、アマチュアの時は勝っていますが、今回も僕が勝つと信じて戦いたいと思います。
明日、リング上で、小國選手の作戦にひきずりこまれないようにしっかりと自分のボクシングをしたいと思います。
人生をかけてベルトとフェラーリをもらいます。

と力強くコメントを残し、グローブは黄色の日本製8オンスグローブを選択します。

前日計量は両者55.2kgの100gアンダーでパスし、両者ガッチリと握手を交わし検討を誓いあいます。

注目の日本人対決。
決戦は9月13日です。


ボクシング 小國以載VS岩佐亮佑 | 当日計量

注目の日本人対決、小國以載と岩佐亮佑の試合において、試合当日の13日早朝に当日計量を行いました。

IBFでは選手の健康管理の為、前日計量から試合当日までの増量は10ポンド(4.5kg)までの増量にするように呼び掛けています。

チャンピオン小國は前日より1.8kg増しの57kg。

前日計量の時からの体重の伸び幅は1.8kg。
無理な減量はせず、きちんと体重を落としきった証拠ですね!

そしていつもの弱気発言ではなく、試合当日には

今日はちょっと自信がありますね。しっかりと応援してくださる方に良い試合を見せたいと思います。

と強気な発言も口にします.

挑戦者の岩佐は58.2kgと前日より3kg増量で秤をおります。

全てが整った。 あとはやるだけです。

と気合が見て取れます!

お互い準備は万全、試合ではどちらの手が上がるのか楽しみですね。

この試合が始まりましたらまた追記してきます。


ボクシング 小國以載VS岩佐亮佑 | 試合内容

岩佐、強かったですね。 蓋を開けてみれば岩佐の完勝でした。

海外ではボクシング賭けの対象となっており、この試合は7-2で小國有利と出ていました。

アマチュア時代に岩佐が小國に勝っているとはいえ、それは10年以上前の話。
あのグスマンを下した今の小國にはかなわないかと思っていたのですが、、、。

それでは試合を振り返ります。

初回は小國はジャブの連打から右ストレートを顔面、ボディと打ち分けます。
対する岩佐は状態を揺らし、左ストレートを小國に打ち込みます。

1ラウンド後半、岩佐が放った左ストレートがチャンピオンの顔面をとらえ、小國はダウンを喫します。

小國は立ち上がり、そこまでダメージは深刻ではない様子。

続く2ラウンド目、小國はなかなか攻めあぐねている様子。
そんな小國に対し、岩佐が同じ左ストレートを小國の顔面に放ち、2度目のダウンを喫し、立ち上がりはしたものの、同じ左ストレートを三度顔面にクリーンヒットし3回目のダウンを奪われます。

4ラウンドには岩佐がパンチを放つ際、小國の頭を押さえつけたということでレフェリーから1点減点されます。
正直これは辛口な対応だったように感じました。

その後小國が前に出て攻めはじめ、岩佐をコーナーに詰め、連打を放つシーンもあり、チャンピオンが反撃を見せます。

6ラウンド、チャンピオンの口から大量の血が流れ始めます。
レフェリーのチェックが入り、ドクターに判断を委ね、その後試合を止めました。

結果
6ラウンド2分16秒で岩佐が見事王座を獲得しました!

岩佐選手、おめでとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




ボクシング 清水聡VSノ・サミュング | 4戦目での東洋太平洋タイトル挑戦!

ボクシング 田中恒成VSパランポン・CPフレッシュマート | 大阪で小國と共演!

関連記事

  1. ボクシング 階級 ライトフライ級 | ウェイト(体重)・身長・チ…

    ボクシング 階級 ライトフライ級 | ウェイト(体重)・身長・チャンピオンプロボクシングでの…

  2. ボクシング チャンピオン一覧(日本のジム所属)

    ボクシング 現役世界チャンピオン(日本のジム所属)日本ボクシングコミッション(JBC)が世界…

  3. 田中恒成 初防衛戦 | 最強の挑戦者・ビックサルダール!

    5戦目での世界タイトル奪取という日本最短のスピードでWBO世界ミニマム級タイトルの奪取に成功した…

  4. 田口良一VSミラン・メリンド | 年末・大晦日の世界タイトル統一…

    ボクシング 田口良一VSミラン・メリンド | 年末・大晦日の世界タイトル統一戦!2017年年…

  5. ボクシング 田中恒成VSアンヘル・アコスタ | 全勝全KOの最強…

    ボクシング 田中恒成VSアンヘル・アコスタ | 全勝全KOの最強の挑戦者 田中恒成 日本ボク…

  6. 田中恒成VS田口良一 | ライトフライ級王座統一戦~最強を決める…

    田中恒成VS田口良一 | ライトフライ級王座統一戦~最強を決める戦い~ボクシング・ライトフラ…

  7. ボクシング 田中恒成VSパランポン・CPフレッシュマート | 大…

    [st_af name="ボクシング 田中恒成VSパランポン・CPフレッシュマート | 大阪で小…

  8. 田中恒成 | 病気や兄・田中亮明さんについて

    田中恒成 | 病気や兄・田中亮明さんについて ボクシング~最強のチャンピオン~ボクシング界の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP