ボクシング 石田匠VSカリド・ヤファイ | 10月28日イギリスにて初の世界戦!



ボクシング 石田匠VSカリド・ヤファイ | 10月28日イギリスにて初の世界戦!
WBA世界スーパーフライ級1位の石田匠は2017年10月28日、同級チャンピオンのカリド・ヤファイへ挑戦決定!
石田匠 戦績:24戦24勝(13KO)
カリド・ヤファイ 戦績:22戦22勝(14KO)

10月28日。 WBA世界スーパーフライ級1位の石田匠が同級チャンピオンのカリド・ヤファイの持つタイトルに挑戦します。

開催地は敵地、イギリスのカーディフ。
実は日本人が欧州で世界タイトルマッチを行ったのは過去17回ありますが、17戦全敗という戦績を残しています。




今回タイトル獲得に成功すれば日本人として初の応酬でのタイトル獲得ということで、

石田は

ますますやる気が出てきた。しっかり勝って記録を塗り替えたい

と語ります。

国体優勝という豊富なアマチュア経験を持ち、プロ戦績22戦全勝という日本ボクシング界のホープは、17戦全敗という鬼門・欧州でのタイトル獲得に成功することができるのでしょうか。

目次


ボクシング 石田匠VSカリド・ヤファイ | チャンピオン カリド・ヤファイの実力

カリド・ヤファイはヨーロッパアマチュアボクシング選手権で銀メダルを獲得し、3度の世界選手権出場・北京オリンピックにも出場経験のあるアマチュアのトップ選手です。

その後、プロ転向を果たして22戦全勝(14KO)。
スーパーフライ級という軽量級にも関わらずKO率も高く、決して油断のできない相手です。

現在井上尚弥をはじめスーパーフライ級のトップ選手たちはアメリカに集結しスーパーフライ級のNO.1の称号を懸けて争っていますが、ヤファイは

ビッグマッチの事は頭にあるが、優先してやるべきことがある

と初めての指名試合である石田の撃退に全力を尽くしていたそうです。

プロ転向後獲得したタイトルは下記のとおりです。

コモンウェルスイギリス連邦スーパーフライ級王座
IBFインターコンチネンタルスーパーフライ級王座
BBBofC英国スーパーフライ級王座
WBAインターコンチネンタルスーパーフライ級
WBA世界スーパーフライ級王座(防衛1)

日本にはなじみのないタイトルが多いのでこちらの記事をご参照ください。

ボクシングのチャンピオンの種類 | 地域タイトル について

カリド・ヤファイは昨年の12月に日本の河野公平に勝って日本からタイトルを持ち去ったルイス・コンセプションに勝ってタイトルを獲得した選手です。

このカリド・ヤファイは実は初防衛戦は日本人の村中優とやっています
この時もチャンピオンの地元であるイギリスで防衛戦を行っており、そのときの試合内容は2ラウンドに村中から膝をつくダウンを奪い、その後も完全に試合を支配し、118-108が2人、119-107が1人という大差判定勝ちをおさめております。

村中は日本タイトルも獲得し防衛も果たした実力者。
その村中に完全勝利を収めているこのチャンピオンの力を侮ることはできないでしょう。

ボクシング 石田匠VSカリド・ヤファイ | 勝敗予想

やはり、石田にとって苦しい試合であるということは間違いないでしょう。
敵地でやるということもそうですが、このカリド・ヤファイというボクサーは非常に完成度の高いチャンピオンです。

オリンピックに出場するほど高いレベルの技術を下地に、プロ転向後も22戦という十分な実績と経験を積んできています。

やはり予想は8-2でチャンピオン優勢とは思いますが、、決して石田にもチャンスがない試合ではないと思います。

最近では木村翔が100%無理と言われた、オリンピック連覇した中国の英雄、ゾウシミンからタイトルを奪取した試合や楽勝と思われていたのに蓋を開けてみたら大苦戦した田中恒成の2度目の防衛戦等、予想外な試合が多く続いています。

石田には是非タイトルを獲得して、17戦全敗という日本の連敗記録に終止符を打ってほしいと思います。

チャンピオン カリド・ヤファイ | ビッグマッチよりも石田を撃退!

北京オリンピックにも出場経験のあるトップアマからプロに転向。 
プロ戦績も22戦全勝(14KO)という最強のチャンピオンに挑む石田匠。

今回の試合のオッズは12-1という大差でチャンピオンのカリド・ヤファイが有利とでています。

ヤファイ自身も有利なのは自覚しており、

序盤で自分自身の距離を掴み、強みであるスピードと技術を生かし、できればKOで勝利する。

とコメントを残しています。

間違いなく強敵。 アマチュアで結果を残してもプロのルールになじめずに大成できない選手もいますが、この選手はプロ転向後もすでに22戦というキャリアを全勝で勝ち続けています。

石田はこの強豪チャンピオンを相手にタイトルを奪取することができるのでしょうか。

ボクシング 石田匠VSカリド・ヤファイ | 前日計量

2017年10月28日に行われるWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ。
石田匠VSカリド・ヤファイの前日計量がお粉れました。

さきに挑戦者石田が秤に乗り51.8kgの300gアンダーで計量をパス。
続いてチャンピオンカリド・ヤファイも52.1kgのリミット一杯で計量を一発パスし、決戦の準備は整いました。

石田は日本人初めての応酬での世界タイトル奪取を懸けて準備は整いました。

カリド・ヤファイとしてもランキング1位の指名挑戦者である石田を倒して、現在盛り上がりを見せているスーパーフライ級のトップ争いに加わりたいところでしょう。

明日、10月28日の試合が楽しみです。

この試合について新しい情報が入りましたらこちらに追記していきたいと思います。








今永虎雅・荒本一成史上初の高校8冠達成!? | 高校アマチュアボクシング史上初の快挙!

藤中周作VS小原佳太 | ボクシング WBOアジア太平洋タイトルマッチ

関連記事

  1. 加納陸VS高山勝成 国内最年少世界チャンピオンなるか!?

    加納陸VS高山勝成 テレビは実況中継・テレビ大阪。国内最年少世界チャンピオンなるか!? ボクシン…

  2. 成松大介 勝利!初戦突破!!ボクシング,リオデジャネイロオリンピ…

    成松大介初戦突破!!ボクシング,リオデジャネイロオリンピックライト級代表!! ボクシング~最強の…

  3. ボクシング 小原佳太VSエドゥアルド・トロヤノフスキー | 息を…

    ボクシング 小原佳太VSエドゥアルド・トロヤノフスキー | 息をのむ衝撃の結末!2016…

  4. ボクシングの減量 | ボクサーの意地と心構え

    ボクシングの減量 | ボクサーの意地と心構えボクシングというスポーツと減量は必ずセットのよう…

  5. 井上尚弥 拳を痛める ナルバエス戦の時の古傷か 全治 までの期間…

    ハードパンチャーの宿命 賭けのオッズは 井上尚弥 選手勝利に1.02倍スポンサーリンク …

  6. 女子ボクシング 黒木優子VS小関桃 | 女子軽量級最強決定戦!

    女子ボクシング 黒木優子VS小関桃 | 女子軽量級最強決定戦!ボクシング 女子WBCミニフラ…

  7. ボクシング ゲンナジー・ゴロフキンVSサウル・アルバレス | 中…

    ボクシング ゲンナジー・ゴロフキンVSサウル・アルバレス | 中重量級頂上決戦!パウンドフォ…

  8. しくじり先生 亀田大毅 | ボクシングの才能がなく苦しかったボク…

    しくじり先生 亀田大毅 | ボクシングの才能がなく苦しかったボクシング人生2016年3月14…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP