ボクシング 村田諒太VSゲンナジーゴロフキン | 2018年東京ドームで最強のチャンピオンと激突か!?


ボクシング 村田諒太VSゲンナジーゴロフキン | 2018年東京ドームで最強のチャンピオンと激突か!?

WBAミドル級チャンピオン村田諒太ボクシング界最強王者・ゲンナジーゴロフキンとの対戦を希望!
ゴロフキン陣営も乗り気で日本での開催を希望。
村田と契約する世界的プロモーターのボブアラム氏は2018年に東京ドームでゴロフキンとの対戦の可能性を示す。
村田諒太 戦績:14戦13勝(10KO)1敗
ゴロフキン 戦績:38戦37勝(33KO)1分

2017年10月22日、因縁のアッサン・エンダムを7ラウンドTKOで破り、WBAミドル級の新チャンピオンに輝いた村田諒太。

ロンドンオリンピックで金メダルを獲得し、プロの世界でも世界のベルトを獲得しました。

アマチュアでオリンピックの金メダルを獲得し、さらにプロの世界のベルトを手に入れたのは日本人史上初の快挙!

村田の世界挑戦はゴールデンタイムに生中継され、平均視聴率は20%を越え、世間の注目度の高さを証明しました。

加えて村田自身の人格・ルックス等も追い風となり、現在最も有名なボクサーといえるでしょう。

スポンサーリンク



村田は世界タイトルに勝利した時のインタビューで、

ボクシング通の人は僕より強いミドル級のチャンピオンがいることを知っていると思います。

と言っていました。

村田は現在WBAミドル級チャンピオン。世界チャンピオンという肩書ですが、村田よりも上位のチャンピオンが存在します。

そのチャンピオンが、ゲンナジーゴロフキン

現WBA世界ミドル級スーパーチャンピオンです。

スーパーチャンピオンに関してはこちらをご参照ください。

ボクシングのチャンピオンの種類 | 暫定チャンピオンとスーパーチャンピオン

リンクに飛ぶのが面倒な方へ(笑)

ボクシング界では世界チャンピオンという称号を作れる認定団体は沢山あります。

有名なところではWBA・WBCですね。

他にも沢山あって、同じ階級に世界チャンピオンなんてかなりの人数がいます。

もちろんその中には強い選手・弱い選手がいるわけで、、その中で一番弱い選手を倒せば「世界チャンピオン」になれるなんて、これはもうチャンピオンとは呼べませんよね。。

なので日本ボクシングコミッションでは「主要4団体のチャンピオンのみ世界チャンピオンと認める」としています。

その主要4団体とは

WBA・WBC・IBF・WBO

となります。

これらのタイトルは世界タイトルとして権威があります。権威があるということはみんなが目指すので必然的に強いチャンピオンが君臨しております。

そしてもちろん、これを1人のボクサーが独占することも可能です。

近年では日本人対決でミニマム級時代のWBCチャンピオンの井岡一翔VSWBAチャンピオンの八重樫東戦が話題に上がりましたね。

スポンサーリンク



話は戻りますが、チャンピオンには義務があります。

指名試合

聞いたことありますか?

チャンピオンになって、弱い相手とばっかり戦って防衛を重ねていったんじゃファンは面白くないですよね?

なので、各団体は指名試合という制度を設けてそれができなくしています。

WBAは9カ月に1回。 WBCの場合は1年に1回、その時のランキングの最上位の選手と戦わなければなりません。

そうなると、、

沢山タイトルを保持していると、指名試合が沢山ありすぎて大変になっちゃいますよね??

そこでできたのがスーパーチャンピオン。

WBAはスーパーチャンピオンという制度を設けて、指名試合という義務を放棄させました。

スーパーチャンピオンと別に正規チャンピオンという地位を設けて、その正規チャンピオンに指名試合の義務を負わせることにしました。

ただし、スーパーチャンピオンにももちろん義務があり、4団体統一のスーパーチャンピオンは18カ月に1回。3団体統一チャンピオンの場合は16カ月に1回。2団体統一チャンピオンの場合は12カ月に1回正規チャンピオンとの統一戦を行うという義務があります。

しかし、、こういった取り決めはあってもお互いの交渉事であり、お金も絡むのがプロボクシングの世界。
正直このきまり通りに動いていないのが現状です。。

それでは、ミドルの現在の主要4団体のチャンピオンをご紹介します。

WBAスーパーチャンピオン ゲンナジー・ゴロフキン

WBA正規チャンピオン   村田諒太

WBCチャンピオン     ゲンナジー・ゴロフキン

IBFチャンピオン     ゲンナジー・ゴロフキン

WBOチャンピオン     ビリー・ジョー・ソーンダース

となっております。

このゲンナジー・ゴロフキンという選手の独壇場となっております。

このゴロフキンこそが村田が試合をやりたいと熱望している相手となるのですが、メチャクチャ強いです。

WBAのスーパー王座の防衛回数なんと18回!!

しかも最近の試合こそ強敵とやって引き分け防衛となったものの、17回はすべてKO勝ちという離れ業を見せております。

17連続KO防衛です!

スポンサーリンク



まず、日本のボクシング史上で最もタイトル防衛に成功したのが37年前、1980年に樹立した具志堅用高さんです。
回数は13回!!

それより多いです。

そして日本ボクシング史上の連続KO記録は1985年に達成した浜田剛史さんの15回です。

このKO連続KO記録には世界タイトルマッチは含まれておりません。
つまり、ゴロフキンの連続KO記録よりも対戦相手の質という意味でははるかに劣るといっていいでしょう。

その浜田剛史の記録よりゴロフキンの連続KOは多いです。

つまり30年以上破られていない伝説的な記録を持つ具志堅の防衛記録をも上回り、同じく30年以上破られていない浜田剛史のKO記録を世界タイトルマッチという大舞台だけで達成してしまった怪物チャンピオンです。

パウンドフォーパウンドというランキングを聞いたことありますか7?

アメリカのリング誌という最も権威のあるボクシング誌が出している空想上のランキングですが、プロボクシング17階級で階級の壁を取り除いたら誰が一番強いのか、という空想上のランキングですが、現在パウンドフォーパウンドの1位はそのゲンナジー・ゴロフキンです。

井上尚弥ですら8位のランキングでそのトップに君臨する特別なチャンピオンです。

このチャンピオンは対戦を熱望しております。

村田諒太VSゲンナジー・ゴロフキン | 勝敗予想

もしこのスーパーマッチが実現したら村田諒太には勝ち目があるのでしょうか。

現在の村田ではゴロフキンに勝つことは極めて難しいと思います。
しかし、ゴロフキンはピークは過ぎている感じはあります。

連続KO記録も前回、サウル・アルバレスとの18回目の防衛戦で途切れてしまいました。

アルバレス自体パウンドフォーパウンドランキングにも顔を出す、特別な選手ではあるのですが、まさかの引き分け。。

無敵を誇っていた最強のチャンピオンが敗れる時って予兆みたいなのがあるんですよね。。

近年ではアマチュア87戦全勝、プロに転向してからも40戦以上全勝を誇っており、当時パウンドフォーパウンドランキングで1位に君臨していたローマンゴンザレスが敗れたときも、前回の試合のカルロス・クアドラス戦ではクアドラスが勝っていたという声が上がるほど大苦戦をしましたよね。。

翌試合でシーサケットに判定で敗れ、リベンジを誓って再戦をしたものの今度はKOで敗れ、完敗を喫しました。

村田自身もコメントしてましたけど、ゴロフキンもピークが過ぎた感じはあります。

でもまだ厳しいんじゃないでしょうか。。

けどあと数戦、ミドル級のタイトル防衛戦を重ね、ミドル級の世界トップレベルの相手と対戦を重ね、経験を積んでゴロフキンと戦うことができたならば。。

村田諒太ならばもしかしたら最強王者のゴロフキンをも倒してしまうかもしれませんね。

村田は日本人には絶対に不可能と言われたミドル級のオリンピック制覇を成し遂げた人間ですからね。

不可能と言われてることを可能に。。

この村田諒太VSゴロフキンについて新しい情報が入ったらまた追記していきたいと思います。

https://bokubokusaaa.rev1028.red/2017/10/24/%e3%83%9c%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0-%e6%9d%91%e7%94%b0%e8%ab%92%e5%a4%aa%e3%81%ae%e6%ac%a1%e6%88%a6%e3%83%bb%e6%9c%80%e6%96%b0%e6%83%85%e5%a0%b1-%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a9/

村田諒太の次戦についての記事です。 

スポンサーリンク



スポンサーリンク




ボクシング シーサケットVSエストラーダ | 2018年2月24日に対戦決定!

井岡一翔 引退!? | タイトル返上の本当の理由

関連記事

  1. 村田諒太VSブルーノ・サンドバル | 年末・井上尚弥と同じ12月…

    村田諒太VSブルーノ・サンドバル | 年末・井上尚弥と同じ12月30日の興行に!!村田諒太の…

  2. ボクシング 村田諒太 アマチュア実績 | オリンピック金メダリス…

    ボクシング 村田諒太 アマチュア実績 | オリンピック金メダリスト48年ぶりの奇跡!村田諒太…

  3. 村田諒太VS柴田昭雄 | デビュー戦で東洋太平洋チャンピオンとの…

    ボクシング 村田諒太VS柴田昭雄 | デビュー戦で東洋太平洋チャンピオンとの衝撃的なマッチメイク…

  4. 村田諒太 10戦目も完勝 アメリカでの試合も決定か!?

    村田諒太 試合 またもや完勝!!7月にはラスベガスへスポンサーリンク …

  5. ボクシング WBOミドル級暫定チャンピオンが王座はく奪!? | …

    ボクシング WBOミドル級暫定チャンピオンが王座はく奪!? | 村田諒太の今後村田諒太の属す…

  6. ボクシング ゲンナジー・ゴロフキンVSサウル・アルバレス | 中…

    ボクシング ゲンナジー・ゴロフキンVSサウル・アルバレス | 中重量級頂上決戦!パウンドフォ…

  7. 村田諒太 ロンドンオリンピック金メダリスト | ボクシング プロ…

    村田諒太 ロンドンオリンピック金メダリスト | ボクシング プロとアマの違い村田諒太がロンドンオ…

  8. ボクシング 村田諒太 | オリンピック48年ぶりの奇跡の金メダリ…

    ボクシング 村田諒太 | オリンピック48年ぶりの奇跡の金メダリスト!ロンドンオリンピックで…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. avatar

    いつもブログ拝見しています。

    以前、有川選手と坂本選手の試合予想をしていただいた金尾です。ありがとうございました。

    お伝えした通り、ドキュメンタリー動画を撮影していましたが、完成しましたのでお伝えします。

    今日のタイトルマッチに向けた内容となっております。

    よろしくお願いします。

    https://m.youtube.com/watch?v=xN3jRZd2P7o

スポンサーリンク

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP