田口良一VSミラン・メリンド | 年末・大晦日の世界タイトル統一戦!


ボクシング 田口良一VSミラン・メリンド | 年末・大晦日の世界タイトル統一戦!

2017年年末、12月31日の大晦日のボクシングのオオトリは田口良一!
5月に八重樫東を破ったIBFライトフライ級チャンピオンのミラン・メリンドとのWBA・IBFの世界タイトル統一戦!
田中恒成との統一戦は流れたが、日本ボクシング史上2度目の世界チャンピオン同士の統一戦!
田口良一はメリンドを破り、田中恒成との3団体統一戦を実現を目指す!
田口良一 戦績:30戦26勝(12KO)2敗2分
ミラン・メリンド 戦績:38戦36勝(13KO)2敗

日本ボクシング界において最も熱い階級がライトフライ級でしょう。

なぜなら現在日本ボクシング界ではWBA・WBC・IBF・WBOという主要4団体のチャンピオンが世界チャンピオンと認定されますが、そのうちの3団体のチャンピオンが日本人という状況だからです。

WBAチャンピオンの田口良一・WBCチャンピオンの拳四郎・そしてWBOチャンピオンの田中恒成です。

今年の年末、田口良一と田中恒成が統一戦を行う予定でしたが、田中恒成が9月の防衛戦で、何とか防衛は果たしたものの両目眼窩低骨折という大怪我をし、統一戦はできなくなりました。

そこで急遽決まったのがこの試合、IBF世界ライトフライ級チャンピオンのミラン・メリンドとの王座統一戦です。

内山高志が引退し、井岡一翔が試合を見送り、井上尚弥の統一戦も流れた2017年の年末ボクシングの世界戦の中で、ボクシングファンが最も注目するのはこの田口良一の統一戦となるでしょう。

スポンサーリンク



目次

田口良一VSミラン・メリンド | ミラン・メリンドの戦歴・実力

ミランメリンドの戦績はミラン・メリンド 戦績:38戦36勝(13KO)2敗。

決してKOの多い選手ではありません。

しかしどうしても前回の八重樫東との試合で八重樫を1ラウンドKOしたイメージがついてまわるのではないでしょうか。

ボクシング 八重樫東VSミラン・メリンド | 暫定チャンピオンとの王座統一戦

まず、前回の試合をご覧になってない方のために、簡単に試合内容をご紹介します。

序盤は静かな立ち上がり。 お互い距離をとってのジャブの付き合いから始まります。

1分30秒を過ぎるころ、八重樫がボディを放ったところに左フックのカウンターを浴びダウンをとられます。

30秒後にはさらにダウンを追加され、あきらかに効いている雰囲気を見せる八重樫に、再開後ミラン・メリンドが再度襲い掛かりダウンを追加し、そこで試合はストップされます。

正直僕は1度目のダウンはタイミングで倒れただけかと思ってしまったんですけど、あきらかに効いていたようですね。。

この試合は完敗でしたね。。

僕はこの試合の負けた要因は、以下の2つのうちのどちらかではないか思いました。

スポンサーリンク



八重樫の敗因1 | 調整失敗

八重樫が負けた理由として考えられるのが、1つ目は調整失敗でしょう。

スポーツやってる方ならばわかると思いますが、わずかな失敗でもリング上でのパフォーマンスに大きく関わってきます。

例えば、試合前に風邪を引いてしまった。

前日緊張で眠れなかった。

減量に失敗。

などなど。

スポーツ選手の体調って本当にデリケートですからね。。

簡単なことで当日のパフォーマンスというのはかなり落ちます。

そして風邪を引いたというと本人の不注意と思われますが、ボクシングに限ってはどうしても避けられないこともあるんですよね。。

というのは、ボクシングは頭部を殴りあうスポーツです。

練習中に殴られすぎて、高熱を出してしまうということもあります。

実は僕も、スパーリングで殴られて、明らかに熱が出そうで、、でも試合前だから絶対に体調を崩したらいけないので、前日の夜中に夜間外来で病院に行って点滴を打ってもらって薬をもらって、減量中でも沢山食事をとって暖かくして眠っても、高熱を出してしまって1週間以上寝込んでしまった経験があります。

これが僕のプロ入りして初の負けでした。

こんなの口に出しても言い訳といわれるだけでしょう。 でも、あの時はどうもできなかったんですよね。。

不調というのは自分自身でコントロールできない場合もあります。

スポンサーリンク



八重樫が負けた理由2 | 見えていないパンチ

八重樫が負けた理由の2つ目は、完全に見えていないパンチをもらってしまったということではないでしょうか。

ボクシング漫画などで、、

凄い手ごたえだった・・・。

とか言いながら拳の感触を感じているボクサーが描かれていますけど、僕は本当に効くパンチというのは感触がないものだと思っています。

僕の周りでもこれを実感した経験のある人は沢山いたので、僕だけが感じていることではありません。

本当に効くパンチというのは

空振りしたかのようなパンチです。

パンチを振りぬいて、空振りしたのかと思ったら相手が倒れているんです。

感触がなかったから、立ち上がってくるものだと思ったら、相手はなぜか効いていて、そのまま試合が終わってしまうんです。

僕も2回だけ経験しました。

なんでこのようなことが起こるのか考えてみると以下のような理由が考えられます。

1つ目に、相手が全く反応できておらず、無防備であること。

2つ目に、そのパンチは選手が全力で振るったパンチであること。

その2つが重なったとき、このようなことが起こるのではないでしょうか。

簡単に解説します。

ボクシング ダメージを受けるパンチ | 反応ができていないパンチ

ボディに例えるとわかりやすいのではないでしょうか。

おなかにグッと力を入れている状態で殴られてもある程度耐えられますよね?

けど、全く無防備な時に殴られると軽く打たれても効くと思います。

それは頭でも同じです。

よけられなかったとしてもパンチを打ってくるということがしっかり認識できて、顎を引いて歯を食いしばればある程度耐えられます。

しかし、全く無防備な状態でもらってしまうと、どうしても効いてしまうんですよね。。

この差は歴然です。

あのダウンは八重樫がボディブローを打っている最中にカウンターでもらったパンチです。

ボディを打つことに集中してしまい、その時にもらってしまったので、無防備な状態だったのではないでしょうか。。

そしてもう1つの全力で振るったパンチであることという条件。

これは、簡単に例えると、ゆっくりと目の前にある紙切れを殴ったとします。

ゆっくりゆっくり殴れば紙が当たった感触もしっかりと実感できますよね?

けど目の前にある紙切れを渾身の力で殴ったとしてもあまり感触を感じないのではないでしょうか。

紙に与えた衝撃は全く違いますよね。

ゆっくり振るったパンチでは紙には全く衝撃が伝わっていなくてもしっかりと感触が残り、渾身の力で殴った場合には紙に大きな衝撃を伝えているのに、もしかしたら感触はハッキリとはわからないのではないでしょうか。。

この2つが重なったときに「空振りしたかのように感じるけどダメージが最大」という最高のパンチが出来上がると思います。

八重樫が反応していない時に、ミラン・メリンドの渾身のパンチをもらってしまった。

そして思わぬダメージをもらい、倒されてしまったのではないでしょうか。

スポンサーリンク



田口良一VSミラン・メリンド | 勝敗予想

つまり何が言いたいのかというと、八重樫を1ラウンドでKOしたという結果だけではミラン・メリンドの実力ははかれないということです。

もう一度試合すれば結果が違うものになる可能性は低くないと思います。

そうなると、、やはり田口良一が圧倒的有利という予想になるのではないでしょうか。

ミラン・メリンドの戦績は立派です。
38戦36勝(13KO)2敗

しかし、戦績は中身が一番重要です。

日本人でも噛ませ犬の外国人選手とばかり試合をしていたら勝ち星はいくらでも作れるでしょう。

田口は2014年の大晦日にタイトルを獲得して以来、6試合すべて世界戦です。

世界タイトルを獲得するという強いモチベーションを持った世界ランカー達を相手に7戦6勝(4KO)1分という素晴らしい戦績を上げております。

田口が見事タイトル統一を果たし、田中恒成との統一戦が実現されることを楽しみにしています。

2017年 年末・大晦日の王座統一戦! 試合内容

1ラウンド
両者軽量級の選手らしく素早い動き。

お互い離れた距離から素早いジャブを打ち合います。

やはりメリンドパンチがある。

かなり危険なパンチを放ちます。

ラウンド終盤田口の顔をとらえ、顎が上がるシーンもありましたが、ゴングが鳴り2ラウンド目に持ち越されます。

2ラウンド
メリンドが距離を詰めてきます。
メリンドの左のボディが光ります。

このラウンドチャンピオンの田口がプレッシャーをかけて前に出ていきます。

2分が過ぎたころ田口は右のストレートをクリーンヒットさせる場面もありました。

3ラウンド

スポンサーリンク




パンチドランカー | はじめの一歩の最終回は!?

ボクシング 田中恒成 タイトル返上! | 田口良一との統一戦は完全消滅!

関連記事

  1. ボクシング 2017年 12月30日・大晦日の世界タイトルマッチ…

    ボクシング 2017年 12月30日・大晦日の世界タイトルマッチ情報 | 井上尚弥・田口良一・拳…

  2. 田口良一 | イケメンチャンピオンの戦績や試合情報!

    だ29田口良一 | イケメンチャンピオンの戦績や試合情報! 田口良一VS宮崎亮ボクシングWB…

  3. ボクシング 木村翔VS五十嵐俊幸 | 2017年 年末・大晦日の…

    ボクシング 木村翔VS五十嵐俊幸 | 年末・大晦日の日本人対決!オリンピックを連覇した中…

  4. ボクシング 階級 ライトフライ級 | ウェイト(体重)・身長・チ…

    ボクシング 階級 ライトフライ級 | ウェイト(体重)・身長・チャンピオンプロボクシングでの…

  5. ボクシング 田中恒成VSアンヘル・アコスタ | 全勝全KOの最強…

    ボクシング 田中恒成VSアンヘル・アコスタ | 全勝全KOの最強の挑戦者 田中恒成 日本ボク…

  6. 田中恒成VS田口良一 | ライトフライ級王座統一戦~最強を決める…

    田中恒成VS田口良一 | ライトフライ級王座統一戦~最強を決める戦い~ボクシング・ライトフラ…

  7. 八重樫東 | 最強チャンピオン・ローマンゴンザレスにも挑んだ激闘…

    八重樫東 | 最強チャンピオン・ローマンゴンザレスにも挑んだ激闘王! 世界タイトル3階級制覇…

  8. ボクシング 10月22日 三大世界タイトルマッチ | 村田諒太・…

    ボクシング 10月22日 三大世界タイトルマッチ | 村田諒太・比嘉大吾・拳四郎2017年1…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

アクセスカウンター

アクセスカウンター
PAGE TOP